Page 1

4/4-5/11

ごパンの記 大泊研OB有志50名余が、私の古希を祝って、米粒からのパン焼き器 「Gopan」を贈ってくれた。食いしん坊の私に寄せられた彼らのご好意に 報いるために、使用体験記をまとめることにした。 「Gopan」は、写真1のように、幅と高さが40cmほどのコンパクト な造りで、奥行きは丁度1斤分のパンを焼く容器が収まる程度である。付属品 として、米粒および小麦粉パン用の容器各 1 個、撹拌機(ローター)2 種、計量 コップ、取説、があり、その他パン造りの必需品としてデジタル秤、各種ヘラ、 グルテン、ドライイースト、ショートニングなど、周辺に置くべきものが沢山 あるので、 「Gopan」を置く台を兼ねて、写真のような小引き出しを買った。

写真1 「Gopan」の雄姿。 下の台はネット通販で買った小 引き出し。各段にガイドレールが 付いた立派なもので、価格は妥当 であった。

第1回のパン焼きを2011年3月24日に試みた。1斤のパンを焼くのに 米粒220gを使う。これは米 1.5 合に相当する。研いだあと、必要な調味料 やショートニングと共に容器に収め、ドライイーストおよびグルテンを別のケ ースに入れて、6.5 時間後に焼き上がりの予約スイッチを入れた。 私達は、この日、就寝前に予約し、翌朝、図2のようなできあがりを楽しん だ。ここには見えていないが、米粒を砕くミルとドウ捏ね用のブレードを一体 化したローターは、このパンの中に一緒に焼き込まれているので、これをパン から引き出すときに、パンはかなり無惨に変形してしまう。ここがこの器械の 改良すべき点の一つのように思われる。


写真2 左:米粒用容器 右:できあがり

焼きたてのパンの味は上々で、市販の小麦パンよりむしろおいしいくらいだ。 ローターの周りに付いている円盤状のパン(殆ど皮)が、歯ごたえがあり、モ チモチしておいしいのも嬉しい発見であった。いわゆるパンの耳になる部分も 香ばしくておいしい。私達夫婦は、1食で1斤の3分の1くらいしか食べない ので、結局、 「二人分で半合」のお米で主食を賄っていることになる。太陽光発 電、雨水によるトイレの水洗と併せて、われわれはエコ夫婦だね、と悦に入っ ている。 取説で推奨しているショートニングは動物性の油脂を含むので、代わりにオ リーブ油を使ってみたところ、焼き上がり、味共に十分満足できるものであっ た。ドウだけを作ることもできるので、そのうち孫達と色々な調理パンを作っ てみようと考えている。 焼いたあとの器具の清掃はかなり手間がかかる。そこで、100 円ショップで掃 除機用の細いノズルを買い、 「Gopan」専用に使うことにした。これも小引 き出しに収まる。念のためにパン焼き専用というラベルを貼っておいた。それ を忘れた家内が普通の掃除に使わないように配慮して。 この器械の2つめの欠点は、おそらく米粒をミルで砕く時に、とてつもなく 大きな音が出ることである。この器械を持っている知人の話では、寝ている子 供が必ず目を覚まし、飼い猫はたまげて部屋中を駆け回るとか。毎回こんな大 きな音を立てていたのでは、そのうちに器械が空中分解してしまうのでは、と 心配になる。尤も私達の場合には、ほとんどは就寝前に予約するため、さすが


の騒音も2階の寝室にまでは届かず、あまり気にしてはいないのだが。

写真3 失敗作。容器 の底に米粉と油脂の 混合物が固まってい る。白い粉はグルテン。 見えている細い棒は、 ドウ撹拌用ローター の上部。

パン造りがいつもうまくいくとは限らず、これまでに1度失敗した。原因は 発酵不足で、まともなドウができなかったらしい。さらにその原因は、前回の 焼き上げ後の洗浄が不十分だったため、イースト菌が雑菌に負けたのだろう、 と分析したところ、これからは貴方がやって頂戴、と家内に言われたため、そ れ以上の原因追及はやめることにした。 私達は、朝食は概ねパン食なので、 「Gopan」を使うようになる前は、近 隣のパン屋さんで調理パンなどを買っていた。地元の漁港から揚がるシャコを 使ったシャコパンやオニオンサラダパンなど、ユニークでおいしい調理パンを 好んで食べていたが、いつもカロリーの高さが気になっていた。その点「ごパ ン」なら、ご飯半合分を二人で分けるのであるから、ショートニングや調味料 のカロリーを加えても圧倒的に低カロリーで健康的である。 「東日本大震災」で の買い占め騒ぎで、地元のスーパーの棚から食品や水が消えたが、今後関東で 同様の災害が仮に起こっても、 「Gopan」さえあれば、あとは米の備蓄を細々 と食いつなげるので、しばらく生き延びられるだろう、と安堵してもいる。大 騒音に時々驚いたり、そのうちに空中分解しないだろうかと心配しつつ、末永 く活用させていただこう、と考えている。 有志の皆さんに感謝しつつ 完 大泊

ごパンの記  

大泊先生のGOPAN顛末記です。

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you