Page 1

Shuichi Saiki Portfolio


東海大学 工学研究科 建築学専攻吉松研究室

佐 長 秀 一 S h u i c h i

S a i k i


shibuya


佐長 秀一/ shuichi saiki

Profile

1987  香川県高松市 栗林病院にて誕生。

Awards

2010  日本建築学会設計競技 関東支部入選

2003  横浜市立荏田南中学校

    青島理工大学建築学科ジョイントワークショップ

     生徒会長を務め卒業

2009  卒業設計

関東支部入選 学内 TOP10

2003 東海大学付属相模高等学校入学 2003- 清く正しく高校生活を過ごす 2006 東海大学工学部建築学科入学 2009 吉松秀樹研究室所属 2010 東海大学工学研究科建築学専攻

PC Skills

Vector Works, Google SketchUp, Rhinoceros,Adobe Illustrator, Photoshop, Indesign


sinjyuku

7

7

7

7

7

7

7


Diploma Project 2009>>>2010 Tokai Univ. Department of Architecture Yoshimatsu lab. 11th Shuichi Saiki

透 壁 空 間 体

- ア キ バ 的 透 明 性 を 用 い た 深 揺 空 間 -


永田町

築地

神田

上野

新宿

日本橋

渋谷

赤羽橋

東京 arakawa

おばあちゃんの原宿 ラーメン激戦区

東京

菓子問屋

乙女ロード

繊維街

toshima ドヤ街

ラブホパラダイス

bunkyou

Taito

文学の街

芸者の花街 合羽橋道具街

上野公園

ミャンマー街

はきもの問屋街

キムチ横町

震災危険地域

アメ横ディスカウント

東大エリア

おもちゃ問屋街

コリアンタウン

Sumida

芸者の街

shinjuku

キャラクターの集合

釣り堀エリア ゲイタウン

スノボーエリア

chiyoda

相撲部屋集合地帯

板前エリア 皇居

信濃町創価学会

せともの市

八重洲巨大地下 シネマ天国

shibuya

宝塚歌劇団 竹下通り

スポーツエリア ウラ原エリア

豪邸エリア

DJ タウン

アジアンタウン

ギャル生息地

meguro

chuo Koto

高級クラブ密集地 焼き鳥大激戦区 けむり横丁 イタリア街

骨董通り

インターナショナルエリア

政治エリア 新橋オヤジ街

ヘアサロン激戦区

minato

- 都市のキャラクター -

オタク生息地

楽器街 古書店街

シロガネーゼ生息地

築地市場

もんじゃストリート ゴミの島


秋葉原 商品の街路への展開

小さくて狭い空間

閉じられた立面

内部化された街路

看板

2D→3D Fragmentation 000

- 透き通ったような体験 -

現れる内部空間

秋葉原は内部化された街路 , 集積された空間を繋ぎ留める看板 , 電気街=秋葉原という断 片的認識 , これらによって都市の印象が作られ , 都市との関係性があるため , 透明と感じる .


示唆させる壁厚の変化 壁厚によって距離を把握する

厚い壁によって空間は切り離されている

隣室との間で空間は揺れる

Living room

Kids room1

壁厚に囚われない距離 表情は変化し続ける

A

B

Bath room

実際距離と認識距離に違いがでるため透明感が帯びる

認識上生まれる距離感のずれ Master bed room

Kids room2 Entrance 内部空間が溢れ出す

外部から見た場合でも空間は揺れる

= 不均一な壁体

study model plan

- 浮かび上がる隣室 -

実際の空間との距離とは関係なくその空間同士が前後に揺れ動き認識する。様相が 感じ取ることが出来、様々な機能が同時に存在させることが可能である。

れ出しているように


渋谷 内部化された街路

れ出すキャラクター

街区割が不完全

3D→2D

1km 750m

500m

250m 点在する公共施設

- 不完全な都市 _ 渋谷 -

適度な迷路性を持つ渋谷の街路空間 , 小さなビルが集積された街 , 目に映るもの , 耳に聞こえるもの , 人々がイベントに参 加したり , そのイベントに巻き込まれたり , 五感のすべてで感じるもの , ことによって街の環境や風景がつくられている .


= アキバ的透明性

変わらない関係

揺れ動く

開口部で壁体の厚みを同時に認識させることで , 隣室との距離を知 り , 把握する , 認識と体感にズレがうまれる .

- 周辺環境を取り込む -

認識によって変化する


Shibuya_Master_MAP scale=1/400 東京山手教会

Digital Convenience Store

Basketcoat_park ♬

Studio

公園通り ♬

Office

Bakery

Support Center

Cafe

スペイン坂

Loft(Shop)

Amo s Style(Shop) ♪ ♪

Shibuya

Shibuya

Shibuya

Anap(Shop) Art Wall

♪♪

Shibuya

- ネットワークの核 センター街

Shibuya

Shibuya

形を う壁体は , 天候 , ネオン , 時間 , 人の行動 , 都市の行為 , 周辺の環境を受けて , 壁体は透明へと変質する . そこ は通り抜けの都市の結節点となり , 機能は周囲と関係しながら発生する . ニュアンスある場へ変換するものとなる .


- 場を補う壁体 壁の挿入

機能の発生

壁の形状により , 留まれるような空間が発生し , その場に結果的に機能が 補われ , 都市に対して開かれていく .

- 都市更新 住宅

公園

住宅+店舗

建築の「壁」を残しながら都市更新していくシステムを建築に与え ることで、建築が建たない期間でも都市の 間は保持される。

- 透き通る都市 -


多様な行為を許容する

不透明である壁体によって、建築や都市、人と人の関係を見直す場として存在する。この建築は都市を 整理するだけではなく、都市の多様な行為を許容する場となる。都市生活をより豊かにするものである .


透 壁 空 間 体

- ア キ バ 的 透 明 性 を 用 い た 深 揺 空 間 -


ginza


関東支部入選作品 (21/99) 2010 年度日本建築学会設計競技『大きな自然に呼応する建築』

都市の谷の見えない建築

- 渋谷区桜丘町抑揚空間の生成 -


AREA_1_ 集積エリア

環境ミュージアムの入り口となる

関東支部入選作品 (21/99) 2010 年度日本建築学会設計競技『大きな自然に呼応する建築』

都市の谷の見えない建築

- 渋谷区桜丘町抑揚空間の生成 -


00. 都市景観要素

建物のファサード

看板

建物ヴォリューム

樹木

人間

街路

隙間

都市の印象は多くの景観要素によって成り立っている。

変化に気づかない

変化に気づけない 2006

新陳代謝する都市

2008

私たちは、都市が変化しても、その変化に気づかないことが多い。ビルも道も、看板や人でめまぐるしく様相が変わる東京において、人々 の欲求や利便性を求め続けるあまり、五感を刺激する情報が過剰となってしまい、存在している都市の魅力に気がついてないのではないか。


01. 大自然の谷、都市の谷 谷地に向って音、風、光などが集まる。

情報を多く感じられる場所

=

土 音

光 緑

意図されないで生まれた空間

自然発生した凹凸 Roppongi-itchome

Omotesando

02. 抜け落ちた街•渋谷区桜丘町

before

Roppongi

Shibuya

Komaba-todaimae

都市の谷

Shinsen Azabujuban

渋谷駅

Akabanebashi

Hiro

Ikejiri-ohashi

Daikanyama Naka-meguro

Ebisu

地形的にも認識的にも抜け落ちた谷となっている。 Shirokane-takanawa

site 桜丘町

Sengakuji

Shirokanedai

Yutenji

代々木公園

鶯谷

Megro

Takanawadai

33m 渋谷駅

29m

22m

「自然=都市の谷」

代官山 31m

住居 商業 住商 事務所

公共 駐車場 空地

『都市の谷』では、視覚情報が制限されることで匂いや音、風の流れをよりよく感じ、陰の変化で時間を感じ、建築のテクスチャーか ら時の積み重なりを読み取るが出来る。しかしながら、都市の谷は存在意義 = 価値をもっていないのが現状である。


至池尻大橋

首都高速 3 号線 渋谷線

GL+11500

AREA_1_ 集積エリア

GL-1200

桜丘町に点在する文化施設と 都市の谷 のすべてを繋ぐ結節点。 渋谷での情報を整理することができる環境ミュージアムの入り口となる。

GL±0

渋谷駅

AREA_2_ 住居エリア

桜丘町に住む人々のワークショップスペース。 地域の老人が子供達に勉強を教え、歴史を伝えていく。

緑がきれいだな∼。

GL+7500

GL+3200 あっちに行ってみよう。

GL+2800

傾斜がきついぞ。 。

AREA_5_ 住商混在エリア

なにか聞こえてくるよ!?

空がきれいだな∼。

至代官山

渋谷って疲れるなぁ。

都市の音やにおいを感じるイベントスペース。

こんにちわ。

通り抜ける人やカフェにふらっと立ち寄った人に接点をもつ。

GL+6000

GL+4600

かなり古い壁だね。

AREA_4_ 事務所 + 商業エリア

GL+1200

小さなスキマに入り込むアートスポット。

今まで知らなかったけど…

接点のなかった事務所に勤める人とショップを営む人を繋ぎ合わせる。 次はあっちに行ってみよう!

あんなところに新しいショップが!

静かで落ち着くわ∼。

ん?ちょっと休憩♪

中はどうなっているんだろう。 お∼い!

南平台町

GL+12000

あんな所になにかあるよ!? どうでした?

GL±0 AREA_3_ 住居 + 事務所エリア

静かな住宅街だな∼。

GL+1500

文化施設のウラ庭はやがて都市を見つめるための場所となる。

鉢山町

20xx MASTER PLAN

AREA_6_ 事務所エリア 0m 10m 20m 30m 40m 50m

谷への道

ウラの建築

ミュージアムネットワーク

提案建築部

町境界

あれってどうなりました?

今まで分断していた住人との関係を繋ぎ合わせる憩いの場。

文化施設 GL+9000

そっちの案にしよう!

都市の谷の裏カフェ。

N

周辺環境によって休憩スペースから会議スペースへと場は変容し 新たなコミュニティが生まれる。

買い物するぞ∼!

一服してからにしますか!

GL+4600

鴬谷町

AREA_7_ 商業エリア

風と共に代官山へ抜けていく人々が留まるエリア。

え?そうなんだ!

最新の情報を交換するのに使われていく。

GL-800


03. 都市の谷の魅力

AREA_5_ 住商混在エリア

•閉鎖的で私的な空間や、開放的で公的な空間が壁で仕切られることなく同居している。

気づかなかった音、ニオイ、風を感じる

•視覚情報の制限され、都市の匂いや音や風の流れを感じることが出来る。 •ウラ側の表層からは時間の積み重なりを感じることが出来る。

sound

l

smel

d n i w

時の積み重なり

04. 門のシステム

都市の谷を補完する門の設置

面的な境界

カタチのない見えない建築

柱を連続して配置することで線的な境界を面 的に結界を作り出し、都市の谷を感じさせる。

柱密度

>>>

密度を操作し柱が立ち並ぶ空間の中にも様々 変化をつけ、アーティストの展示空間選択肢 を増やしていく。 機能 柱には位置情報や時間やプログラムの環境

ウラをウラのまま保持しアーティストに様々な

ミュージアムなどのアイコンなどを示していく。 展示空間を提供する。

関係の再構築

バックヤードなどの諸機能を既存/立て替えられ た建築の中に配置し見えない建築となる。

本計画は、都市の谷と人や建築との関係性を再構築し、都市のウラ部分に対する意識を改革していくことで都市のありのままの一面に 気がつかせ、都市体験に抑揚をもたらすことを目的とする。


AREA_4_ 事務所 + 商業エリア

AREA_3_ 住居 + 事務所エリア

スキマに点在するアート

知らなかった人との出会いの場となる

05. ミュージアムネットワーク化 桜丘町

AREA_1 20xx section scale=1/400

既存建築 ショップ

ギャラリー

スタジオ

カフェ

自然=都市の谷

入ってみよう! 傾斜がきついぞ。。

桜がきれいだな∼。 アーティスト

既存ギャラリーとの提携

なんかイベントやってるよ∼♪ 今日はいい天気だな∼。

住人

shop 店員

オフィス ワーカー

通行人

アーティスト作業スペース

都市生活者

都市の谷が桜丘町の隠れたポテンシャル引き出し繋ぎあわ せることで、都市を補強、構築していく建築となる。

感覚ミュージアム化

至渋谷

至代官山

表との境界に結界を設け、都市の谷を認識させる。谷の魅力を体感出来る滞在型ミュージアムを形成し、点在する都市の谷を補間して いく。ワークショップスペースや、イベントスペースと時間帯によって空間の質が変容し、様々な都市の内情をに気がつかせていく。


AREA_6_ 事務所エリア 裏カフェで一息

AREA_1 20xx plan scale=1/400 N

☆○■&Y%$

疲れた∼。一服中∼♪ 今日はいい天気だな∼。 傾斜がきついぞ。。

人々を誘い込むアート空間

屋上テラスでいつもと違う空気を体験 アーティスト作業スペース 休日に行われる屋外イベント

なにかあるのかな ?? ♬

・infomationcenter

degital convenience

暗闇を利用した映像アート

演奏会やってるよ!?

・office コミュニティースペース

柱でつくられるプライベート空間

桜がきれいだな∼。

倉庫+荷解き室

都市の谷は時間によって変化し、都市の姿を現すミュージアムとなる

見えない建築

都市の谷を建築化することで、ウラとオモテが意識しあう抑揚のある都市体験を作り出す。必要性に応じて、様々な人々が利用してい くことで、都市の谷は見えない建築として存在意義を示し、「人、建築、都市」との関係性をより豊かにすることが可能である。


AREA_2_ 住居エリア 歴史を伝える場となる

= 呼応する建築

都市の変化に気づけていなかった現代の人々たちのため、今までの都市体験からでは不可能であった鈍っていた感覚を呼び覚ますよう な共有空間を作り出すことで、人と街とが繋がり、抜け落ちていた都市に機能を与え、都市体験に抑揚を生むことができた。


harajyuku


2007.09.03 - 09.18 PORTUGAL - Lisbon , Coimbra , Porto SPAIN - Santiago de Compostela , Madrid , Cordoba , Granada ,

Barcelona , Mijas -

FRANCE - Nimes , Lyon , Avignon , Marseille UNITED KINGDOM - London -

Architecture Study Tour 20th


PORTUGAL - Swimming Pool in Leca da Palmeira Alvaro Siza

PORTUGAL - Oporto School of Architecture Alvaro Siza

PORTUGAL - Igreja de Santa Maria Marco de Canavezes Alvaro Siza

PORTUGAL - Pousada Santa Maria do Bouro Eduardo Souto de Moura

PORTUGAL - Casa da Musica OMA

PORTUGAL - Galician Centre for Comtemporary Art Alvaro Siza


SPAIN - Madrid Centro de Aretreina Sofia Jean Nouvel

SPAIN - Cordoba Cordoba

Mezquitezquita-Catedral de

SPAIN - Granada Palacio de la Alhambra

SPAIN - Madrid Madrid Airport Richard George Rogers

SPAIN - Barcelona Colonia Guell Antoni GaudĂ­

SPAIN - Mijas


FRANCE - Abbaye de Le Thoronet

FRANCE - Abbaye Notre Dame de Senanque

FRANCE - Firminy L,eglise Saint Pierre Le Corbusier

FRANCE - Couvent Sainte Marie de la Tourette Le Corbusier

UNITED KINGDOM - London Tate Gallery of Modern Art Herzog & de Meuron

UNITED KINGDOM - London London City Hall Norman Foster

saiki_shuichi_no_portfolio  

test shuichi saiki portfolio. test test

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you