Page 1


お ち と あき あ き は さん ん じゃく ぼう

秋葉三尺坊ものがたり 三尺 三尺坊も 尺坊も ものがたり


わ どうがんねん

ねん

やっぱなんも

ほくりくだいいち

和銅元年︵七〇八年︶

秋穂のうそつき

あき ほ

ねーじゃん ざ おうどう

北陸第一の えち ご とち お いわ の

越後栃尾岩野蔵王堂が あった

そんなこと ないよお

おもしろ

くん

じーちゃんもばーちゃんも

面 白いこと こ こ

あるっつって

あき は ばら

ゲーセンも マックも ねーじゃん!

かわ

ゆう君   川で釣りとか たの 楽しみにしてたじゃん

で⋮でも、

栃尾にきたんだぜ?

おまえ秋葉原とか

行ったこと ないだろ?

ちょーすげーんだぜ?

ゲーセンとか めっちゃあんの

!!

3

ゆう(11歳) 秋穂(9歳)

!! !!

あき ほ


こんなとこ なんもね︱︱⋮

うわあ

おっ⋮⋮ おじさん なに

にい

呼べ

お兄さんと

に い

お兄さんだ

!?

!!

あれ見たら、

し ょ う ね

そんなこと ないぞ 少年 !!

!!

4


とち お

ひと

かみ さま

栃尾はなぁ

チョー

超パワースポット なんだぜ?

かみさま

神様に?

お? くいついたな

なれるわけ ねーよ

ひと

かみ

こんななんも ねーとこでさ、 人が神とか

ナマイキな

おし

ならば

あ き は さ ん じゃく ぼ う で ん せ つ

教えてやる

!!

秋葉三 尺 坊伝説を⋮

5

人 が神様 になった

ひと

人が?

!!

!!


ねんだい

へいあんまっ き

かね くに きし もと

せいれき

︱︱   西暦一一〇〇年代   平安末期   ︱︱

かねくに

周国︱︱

にい

兄ちゃーん

岸本 周国

おーい

どうしたの かあ 母さん

!!

むら

ひと

てんこう

村の人が あ し た

明日の天候

知りたいって

きしもと け

た い へ ん あたま

かねくに

岸本家に生まれた周国は

大変頭がよく

それなら

し ぜん

自然を読みとっては

てんこう

ひとびと

天候をあて

人々に知恵を貸していた

6


だ い じょう ぶ

⋮⋮大 丈 夫

あ し た

あめ

かみさま

しんぱい

にい

あいだ

兄ちゃんこの間 むら れんちゅう 村の連中に しんどう ﹁神童﹂って い 言われて ちょーしに のってんだぜ

やきはた

でも

だ い じょう ぶ

おれ

のこ

のうほう

り よう

焼畑

大 丈 夫?

て つだ

やっぱ俺も残って

手伝おうか?

 して利用する農法

のう ち

あと

はら

ざっそう

もり

さん や

かあ

だめだよ母さん そういうこと い 言っちゃ

かねのぶ

!?

明日は雨の心配なし かぜ

つよ

風もそんなに そら

あっ そーいうこと 言うか? 周信  

あら そうなの?

!!

強くないって

つた

空の神様が言ってる

みんな

皆に伝えておくわ かねくに

さすが周国ね

7

!!

※焼畑とは

やきはた

 山野や森で雑草などを

 焼き払って焼け跡を農地と


おれ

よう

なに言ってるの い

あんたが用を済ませに 行ってくれなきゃ こま

困るわ

にい

そーだぞ兄ちゃん 俺だってもう なな

七つだ

にい

て つだ

兄ちゃん ぐらい いなくても 手伝い できらぁ

うっわ きったねー顔

みんな

かねのぶ

むら

周信もこう言ってる ことだし しんぱい

村の皆でやるから 心配ないわ

いか

かみさま

でも火の神様は

なんで怒り出すか

わからないんだから

気をつけてね

わかったよ⋮

はいはい

!!

8


かねくに

やす

あーやっと き ここまで来たか

周国も ちょっとばかし 休もうや

そうだね

かあ

あ︱︱⋮ 母さんたち だ い じょう ぶ

ころ

大 丈 夫かなぁ

いま

今ごろ お

終えてる頃だと おも

思うけど⋮

おい? どうした

9


4

まさか   そんな⋮

ありえない 4

4

4

4

!!

おい !!

くも

ねっぷう

うご

くさ

雲の動きから 熱風とこげ臭さが ここまでくることは ありえない

村で⋮⋮

むら

もしここまでくるなら

!!

そ ん な … !!

10


11


かんが

かんが

考えろ⋮考えろ かんが

ほうほう

⋮⋮ちゃ⋮ん⋮

何か⋮方法が⋮

なに

考えろ⋮ !! !!

周信︱︱︱︱

にい

兄⋮⋮⋮ちゃん

にい

兄⋮⋮⋮

12


か ね の ぶ

周信

はなせ かねのぶ

あそこに周信が いるんだ

かねのぶ

かねのぶ

周信

かねくに

やめろ周国

しゅうか ん

もう二 週 間か⋮⋮

13

!! 周信︱︱︱︱

!!

!!

!!


しんどう

かねくに

おとうと

はは

かねくに

周国のやつ もうずっとあそこに すわ

座り込んだままだろ

そりゃあ母も死んで み

弟があんなことになったのを 見ちまったらなぁ⋮

神童と言われた

おれ

周国もだめ⋮ 俺たちも どうすりゃぁ⋮

もし⋮ はなし なんの話かな?

わぁぁぁぁぁぁぁ⋮⋮

たす

助けてくれえ⋮

!!

にい

兄ちゃん⋮⋮

!!

14


しんどう

なにが神童だ⋮ み ごろ

なにもできずただ見殺しにした

おれ

俺はこのまま⋮⋮ なにもできないんじゃないのか?

それなら⋮いっそ

いのち

命を断とう というのか?

ヒョッヒョッヒョッ

15

なぁに やま か じ ここらで山火事が

あったと聞いてな、

かね め

なにか

おも

金目のものが あるんじゃないかと

思って来て みたんだが


し しゃ

なんじゃ? おも

死んだもんを 思う気持ちは あるんか

っ 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰

死者の地を 荒らそうというのか !?

!!

やつ

なにもできないから

いっそ⋮と

おも

し かく

あきらめる奴に

し しゃ

死者を思う資格は

ないわ

16


じゃあ どうしろっ つーんだよ

4

4

4

4

4

おも

なにもできないと

!!? 4

思うより⋮⋮

なにができるかを 4

4

4

4

おも

考えたほうが

かんが

4

4

よいと思うぞ?

か ぞく

おも

なか ま

家族や仲間を

思うのなら、な

17

4

4


なにが⋮

ヒョッヒョッ

できるか⋮?

18

ご かねくに

し ん しゅうい い づ な や ま

と がくし

ほうこういん ぐ ほうぼう

信 州 飯綱山や

し ゅ ぎょう

戸隠の宝光院求法坊で つづ

その後周国は

修行するが

じゅう に ぼ う

なか

い ち ば ん じょう い

し ゅ ぎょう

ひとりさまよい続け

さらなる修行をするため

しゅげんしゃ

修験者となる

さ ん じゃくぼ う

ざ お う ご ん げ ん え ち ご ど う じょう

十 二坊の中の一番 上 位である

げんざい

とち お

三 尺 坊・蔵王権現越後道場、

現在の栃尾にやってきた︱︱


おい!

なにをしている

また

こんなことをして⋮⋮

じ ぶん

ぜん ぶ

どくへび

全部

毒蛇じゃないか

なぜそこまで

自分を追い詰める

!?

19


⋮⋮わかりません

さん じゃくぼう

あるじ

おまえはもう りっ ぱ

しゅげんしゃ

三 尺 坊の主として 立派な修験者だ まよ

なにを迷う

い じょう

し ゅ ぎょう

きび

これ以上に厳しい し

修行をしていては 死んでしまう⋮

おとうと

⋮⋮弟が

夜な夜な わたし

私を 呼ぶのです

くる

おとうと

ゆめ

苦しいと泣く 弟の夢を見るたびに

ちから

力をつけても

む りょく

かん

じ しん

なにもできない自身に

無力を感じるのです

そんな⋮

まぼろし

幻にすぎん

!!

20


しょう ち

うえ

しかし このままでは いけないのも 承 知の上

わかりません

あ し た

し ゅ ぎょう

明日から

わかった⋮

あれから か げつ

はや一ヶ月

かねくに

周国は どうしたと いうのだ

さ ん じゃくぼ う

なか

三 尺 坊は

とな

中で飲まず食わず

に っ ちゅう や ね ん ぶ つ

護摩を焚き

われわれ

日 中 夜念仏を唱えて

こた

我々の問いかけにも

答えてくれんのです

あいつ

21

修行のため いん

院にこもらせて いただく

!!

!!

!?


かねくに

周国 もうよい

さ ん じゃくぼ う

三 尺 坊さま

!!

にい

兄ちゃん⋮

あついよ

だれか⋮

ああ⋮⋮ まただ

また こえ

声がする⋮ たす

助けて⋮

みな

まえ

皆   目の前で こんなにも

泣いているのに

にい

兄ちゃん⋮

さびしいよぉ

おれ

俺は

なにができる

いっしょに

きてよぉ⋮

!?

22


かねのぶ

周信⋮

いん

たいへんだ ひ

!!

院から 火が出たぞぉ

消せ消せ

はや

早くしろぉ

!!

なに

かねくに

!!

何をしているんだ 周国⋮⋮

は や

早く

!!

出てこい

23

!!

!!?


くる

ほのお

なか

苦しい⋮⋮ 炎の中は くる

し ゅ ぎょう

くら

くる

修行の苦しさなど む りょく

比べものにならん なんと無力な⋮⋮

なか

おまえは た

この中を 耐えたのだな

かねのぶ

かあ

周信⋮ 母さん⋮

ヒョッヒョッヒョッ

!?

こんなにも 苦しいのか !?

おも

おまえは まだ なにもできないと

思ってるか?

なにも⋮⋮できない?

24


わからない⋮

!!

なにがしたいかは み

見つかった

どう

みょう

おう

不動明王よ

ち か ら

力をくれ

25

なにができるかは

ねが

お願いだ⋮

!!

まだわからない

しかし⋮⋮

!!


ぐ れん

ほのお

紅蓮の焔より ひとびと

ちから た の

頼む⋮

どう

とど

みょう

ねが

おう

不動明王

おまえの願い 聞き届けたり

!!

人々を まも

守れる力を !!

26


な⋮なんだ?

ほのお

あつ

おまえ⋮は

くに

わたし

いま

私は今

ふ ど う みょうお う

ひ ぶせ

ちから

不動 明 王より

火防の力を

さずかった

27

炎が 集まって⋮ かね

周⋮国⋮

!?


みな

なんと⋮

もの

皆の者 よく聞け !!

われ

しん

しず

火を鎮める ことができる

我を信ずれば

!?

うっ⋮

!!

三 尺 坊さま⋮

さ ん じゃくぼ う

三 尺 坊さま

さ ん じゃくぼ う

!! !!

!?

わたし

びゃっ こ

やま

せい

私は山の精の

白 狐にございます

ふ ど う みょうお う

不動 明 王より

まも

あなたさまを

お守りするよう

まい

参りました

28


そうか⋮

おとうと

みな

弟を⋮ すく

ふ ど う みょうお う

不動 明 王よ ありがとう

!!

皆を これで救える

さ ん じゃくぼ う

三 尺 坊さま

だ い じょう ぶ

大丈夫⋮

いま

わたし

つか

あんそく

よう す

今はお疲れのご様子⋮ つ

私が安息の地へ お連れいたします

うつく

なんと美しい⋮

かねくに

たの

周国を

頼みます⋮

29

!!


さ ん ちょう

びゃっ こ

はくじゃ

山頂では の

のちに びゃっ こ

白 狐に乗って飛び立った

う えん

白 狐に白蛇が からみついたことから

さ ん じゃくぼ う

え ん しゅう

三 尺 坊は あ き は さ ん さ ん ちょう

遠州の 秋葉山山頂に降り立つ

その地を有縁の地とさだめ

てら

あ き は さ ん じゃく ぼ う

寺を建てて の

﹃秋葉三 尺 坊﹄を名乗り

せんねん

あき は しゅげんどう

ふ きょう

秋葉修験道の 布教に専念した

とき

なが

時は流れ   江戸︱︱⋮

いや ︱︱︱ ん

30


やっぱり あぶら あ

さ ん

油揚げは と ち

栃尾産よね︱︱

うわ ︱︱っっっ

だれ

なにやってんの み

誰かに 見られるよ み み

耳ぃぃぃ

あ た

おも

思わなくて

食べられるとは

こんなところで

すみませーん

!?

!!!

つい⋮

あき は

それにしても つぎ

秋葉さま

次はどこを まわられますか?

いま

やす

ん︱︱⋮ すこ

今、 かんが

少し休もうかと

考えてる

31

!!


なん びゃくねん

もう ひ

しず

たび

何 百 年と旅をして

ひとびと

せいちょう

火を鎮めて まわったが

ほうほう

人々も成長した

ひ ぶせ

くふう

火防の方法も みな

わたし ちから

皆で工夫している 私の力は ひつよう

もう必要ないかな⋮ とね

そんなこと ありません

ひとびと

人々には あき は

ひつよう

そうだといいが⋮

秋葉さまが必要です

火事だぁぁぁ

か す が みょうじ ん

なんと⋮

みんな

皆   春日 明 神 ん とこにげろぉ

!!

あき は

秋葉さま⋮

32


いえ

いやぁぁぁ こ

!! !!

死んじまうよ

やめろ

まだあの家に子どもが 子どもがぁぁぁぁ

あき は

!?

あああああああああああ

あき は

秋葉さま おケガを

はや

子どもは無事だ

じんじゃ

神社へ早く

ひと

いのち

!!

!!

!!

秋葉さま

あき は

秋葉さまぁ⋮

!!

!!

まずは人の命だ いくぞ

!!

!!

33


みな

皆 無事か?  

まわ

はやすぎる⋮

火の回りが

34

もう終わりだぁ

ここもじきに⋮

ころ

皆を殺してしまう かもしれない

みな

制御できず

せいぎょ

もし失敗したら

しっぱい

防いだことがない

ふせ

これだけ大きな火を

おお

わからん⋮

どうにか ならないのですか?

あき

秋葉さまなら できます

!!


みな

しかし⋮

しっぱい

失敗すれば皆⋮

とな

ばあちゃん なに唱えてるの?

ひ ぶせ

かみさま

とな

しん

火防の神様の名だよ あき は

たす

あきは⋮ あきは⋮ あきは⋮

秋葉と唱えて信じれば 助けてくださる

ねが

おまえも

お願いしなさい

まよ

そうだ⋮

なにを迷っている

ねが

うん あきはさま

ちから

お願いします

ひ ぶせ

もの

私は火防の力を

わたし

!!

もつ者だ

35

!?

!!


ちから

いまつか

この力を

まも

めっ

この地を滅する ほのお

もん

きず

焔より守りし 門を築き

ぜ ん ほ う

全方位を に ょ ら い

れ い

如来に礼し たてまつ

奉る

!!

今使わずに つか

いつ使う !?

36


あ き は さ ん じゃくぼ う

おさ

ほのお

な⋮んだ   炎が⋮

おさまってゆく⋮

37

と も ひ と び と わたし

秋葉三 尺 坊の名において お ん みょう ご ぎょう ひ

陰 陽 五 行 火を収めん

オン   ヒラヒラ ケンヒラケンノウ ソワカ !!

――― 私は 人々と 共に !! ―――


いったい

あんた一体⋮

どこ いったんだーー

あき は

あれ?

ありがたや⋮

ありがたや

秋葉さまのおかげ⋮

!?

わす

すす

忘れていたよ と

時代が進んでも 時代とともに わたし

私もあるべきだな

じ だい

そうです

ひ ぶせ

かみ

いつの時代も

やす

火防の神は

まも

はじ

次へ行こう!

つぎ

悪かったよ

わる

休んではいけません

むら じゅう

この

たい か

村 中 を焼き尽くした

ひとびと

大火から守られた

かみ

人々をきっかけに

ひ ぶせ

ひろ

火防の神の名が

広まり始める

!!

38


ひ ぶせ

やく だ

かみ

あ き は さ ん じゃくぼ う

ぜんこく

とな

よかった

無事か?

え?

おまえら ひ なん ちょっと避難してろ

39

ひ ぶせ

それからもい ろいろあって ﹁あきは、あきは﹂と 大変 なぁ …… 火防の神の名を唱えれば だったんだけ ど江戸の火事 火防に役立つ う⋮ から全国に急 まだしゃべる に広まった秋 のか 葉信仰があま りにも大きす ぎてあわてた 今で 幕府 …… ﹁秋葉三 尺 坊﹂の名は いう政治家た 全国に知られることになった ちが広めてい こうとする人 々を取り締ま ひろ り、リーダー こうして広まった 的存在の数人 あき は おおもと 秋葉の大本は は磔刑にされ とち お ちゃったんだ ここ栃尾と これ以降、幕 されているんだ 府は新しく祭 礼をはじめる ことを禁止し こいつ たりしたんだ 長いなぁ この事件を﹁ 貞享の秋葉祭 り﹂といって ちなみに 皮肉なことに と う きょう あ き は ば ら お葉︱ さらに秋 の︱︱︱い 東京の秋葉原だって 名前が全国に もとは 広まっていっ ひ ぶせ な ごり たんだ人気が 火防の名残だぞ? 高まった秋葉 も一方でいろ

!!


そんな⋮

くん

どうしよう うち

ゆう君 お家なくなっちゃう

おれ

そんなの俺だって わかんないよぉ⋮

みんな

このままだと 皆⋮⋮

!!!

名を呼べ

!!

!!

40


お し

さっき 教えただろ !?

火防の神を

あきはさまぁ

41

あ⋮

!!


火が 消えていく⋮

あ⋮ あきはさま⋮

!!

どう なってんだぁ?

あれ⋮?

みな

わたし

皆とともに

私はいる⋮

!!

42


あ き

さ ん じゃく ぼ う

秋葉三尺坊について  古くは、怖いものと言えば地震・雷・火事・親父と言われておりました。  天災としての地震や雷は防ぐことのできないものですが、人災としての火事につ いては、せめて神様にすがって被害を最小限にしたいと思いますから、火防神秋葉 大権現の信仰は全国に広がっていきました。  静岡大学教授の田村貞雄さんの調査では、神社本庁 傘下の秋葉神社は約800社、 境内社と合わせると約4,000社もあり、その他、 栃尾のようにお寺が管理している秋葉権現を 考えると数え切れないほどの数になると言 われています。  街の中の辻や街道の道端に建てられ た秋葉大権現と刻まれた石の塔、小さ なお堂など数限りない信仰を集めてい たことが良く分かります。  東京の秋葉原という地名も、ここにか つて秋葉大権現が祀られていた名残りな のです。  栃尾の秋葉大権現は、古くは山形・福島・長野・ 北海道・名古屋辺りまで講中が組織され、大阪・四国の信 者から狛犬が寄進されるなど隆盛を極めました。  寛保三年(1743)には、徳川幕府から遠州秋葉と同格の日 本二社の称号を許されています。  元来、 「秋葉」は「あきは」と読みますが、栃尾地域では「あきば」 と読んでいます。

プロフィール ものがたり監修  嶋 S8.6.6 S27.3. S29.

旧栃尾市金沢生まれ 長岡工業高等学校電気科卒業 栃尾評論社入社

田   進 S37.3. S56. H7.

東京政治大学校政治学部卒業 刈谷田新報 主宰 刈谷田新報 退社

旧栃尾市時代、栃尾市文化財審議委員を13期(26年3ヶ月)務める。現在、郷土史研究家として活躍中。

43


44


お ち と あき は さん じゃく く ぼう

秋葉三尺坊ものがたり 秋葉三尺 尺坊もの 尺 の のがたり 発 行 日

2013年5月10日 初版第1刷

作   画

下 西   輝 Shimonishi Teru

監   修

嶋 田   進 Shimada Susumu

企画・制作

栃尾商工会 新潟県長岡市栃尾宮沢1765番地 長岡市栃尾産業交流センター3階 TEL▶0258−52−4191 FAX▶0258−52−4135 URL▶http://www. tochisyo-kenshinnosato.jp/ E-mail▶tochisyo@jeans.ocn.ne.jp 栃尾地域ふるさと創生基金事業実行委員会

印刷・製本

㈲栃尾印刷


Akiba Sanjakubo  

This is a comic about the tradition of Akiba-Sanjakub in Tochio.

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you