Issuu on Google+

09 土質試験機 コーンペネトロメーター スウェーデン式貫入試験機 キャスポル 平板載荷試験器 R.I.式水分密度計 弾性波速度測定器 フロー試験器 ファンネル粘度計

124


09 土質試験機 コーンペネトロメーター スウェーデン式貫入試験機 キャスポル 平板載荷試験器 R.I.式水分密度計 弾性波速度測定器 フロー試験器 ファンネル粘度計

124


土 質 試 験 機

09

125


09

土質試験機

コーンペネトロメーター・その他貫入試験器

コーンペネトロメーター S-217 土 質 試 験 機

09

土研式貫入試験器 S-213

簡易動的コーン貫入試験器 S-214

メーカ ー 西日本試験機

メーカ ー 西日本試験機

メーカ ー 西日本試験機

測定項目 貫入抵抗

測定項目 貫入抵抗

測定項目 貫入抵抗

貫入試験機)は、粘性土などの軟弱地盤 に人力で静的にコーンを貫入させることに より、 コーン貫入抵抗を求める試験器です。 この貫入抵抗から、相対的強度・粘着 力・一軸圧縮強度・許容地耐力の概略値 を求めることができます。

■個別仕様〈S-217〉 方 容 材

貫入ロッド

長 目

さ 盛

0.05kgのハンマーを500±10mmの高 さから自由落下させ、地盤の動的なコーン 貫入抵抗を簡易に求めることを目的とした もので、地盤表層部の調査、小規模な建 物の支持力判定などに幅広く用いられて います。

■個別仕様〈S-213〉

貫入力測定装置 式 ブルービング方式 量 1000N

道路路床、路盤の相対的支持力強度、更 に支持力値も測定できるもので、CBR 試 験、平板載荷試験等と同様の目的に適用 されます。また、地表から所要深度までの 連続データが得られ、路盤下層の影響を 過小に見積る心配がありません。

鋼製 16mm 500mm 50mm目盛

先端コーン角度 円錐底部直径 重 錐 重 量 三 脚 脚 長 案 内 棒 案 内 継 棒

60 ° 30mm 5kg 2m 径 25mm、長さ1000mm 径 25mm、長さ850mm

先端コーン種類 先端角度 30 ° 、最大断面積 6.45cm2 先端角度 30 ° 、最大断面積 3.23cm2

■共通仕様 型 適

S-217

S-213

S-214

JGS 1431

地盤工学会基準 (JGS 1433)

12.2kg(総重量)

30.6kg(総重量)

断続ロッド (50cm) ×10 先端コーン大 (6.45cm2) 先端コーン小 (3.23cm2) スパナ×2

オ プ シ ョ ン

■備考 

126

先端コーン、 貫入ロッド、案内棒、 案内継棒、 重錘、三脚、 ワイヤー×2、貫入案内支持板、 三脚延長脚×3 継ぎ足しロッド、 延長用アタッチメント

17.3kg(総重量) ロッド(φ16×430mm)、 ロッド(φ16×500mm)×9、 ノッキングヘッド、貫入先端コーン×2、 ガイドロッド(φ16×500mm)、 ガイドロッド(φ16×350mm)、 ウエイト、 スパナ (14mm)×2、 パイプレンチ×2、収納袋 ー


土質試験機

09

スウェーデン式貫入試験機・他

スウェーデン式貫入試験機 S-215

電動スウェーデン式貫入試験機 S-215K

スウェーデンロッド引抜装置 S-215J

メーカ ー 西日本試験機

メーカ ー 西日本試験機

メーカ ー 西日本試験機

測定項目 貫入抵抗

測定項目 貫入抵抗

測定項目 ー

標準貫入試験の補助法として玉石を除く あらゆる土層に適用します。 特殊なスク リューポイントに分銅を載荷させる静荷重 貫入試験器です。 分銅による貫入量及 び回転貫入を測定して、原位置における 土の硬軟、締まり具合、あるいは土質の構 成を判定するものです。

に重労働でしたが、本機は、回転を電動機 で行う為スイッチを入れるだけでOKです。 回転数も電子カウンターが表示します。 上下はロングストロークジャッキを使用して いる為、分銅を乗せたまま楽に持ち上げる 事ができます。 幅をせまく製作しています ので、せまい場所でも1人で簡単に持ち運 びができます。

ので、 ストロークが 1m 以上あり、 ロッド1 本 分を楽々と持ち上げます。リリーフ弁が内 蔵されていますので、引抜力の強弱を調整 できます。1人で持ち運びができるように、 タイヤが付いています。

土 質 試 験 機

09

JIS 規格:JIS A 1221

■個別仕様〈S-215〉 最 長

■個別仕様〈S-215K〉

スクリューポイント 径 33mm さ 200mm

回 転 数 昇 降 回 転 数 表 示

30rpm/min 油圧ジャッキ 電子カウンター方式

■共通仕様 型 適

S-215

S-215K

S-215J

JIS A 1211

300(W) ×430(D) ×1500(H)mm

250(W) ×300(D) ×1200(H)mm

120kg

150kg

32kg

AC100V

ロッド (1m) ×9、 ロッド (80cm) 、 パイプレンチ、 重錘 (25kg) ×3、重錘 (10kg) ×2、 ロッド (1m) ×9、 ロッド取り付け具、 ターンバックル、 固定金具、 (80cm) 、 自動クランプ (5kg) 、案内支持板、 品 ロッド スクリューポイント、重錘 (25kg) ×2、 パイプレンチ×2、 スクリューポイント、 ハンドル 重錘 (10kg) ×2

■備考 〈S-215〉 貫入ロッドには250mm 毎に目盛を刻印しています。

127


09

土質試験機

簡易支持力測定器・平板載荷試験器・CBR 試験装置

※画像は改良型です。

簡易支持力測定器 キャスポル 土 質 試 験 機

09 簡 易 支 持 力 測 定 器 ・ 平 板 載 荷 試 験 器 ・ C B R 試 験 装 置

平板載荷試験器 S-227 / 229

OJ 式現場 CBR 試験装置 S-180

メーカ ー マルイ

メーカ ー 西日本試験機

メーカ ー 西日本試験機

測定項目 衝撃加速度 (支持力)

測定項目 支持力特性

測定項目 CBR

小型軽量、 かつ操作も簡単です。また、 デ ジタル表示とプリンター付きで、試験の結 果がすぐ判ります。電源はバッテリー方式 で、 どこでも測定が可能、個人差もなく、誰 でも同じ測定が可能です。

剛性の強い載荷板を設置し、段階的に荷 重を載荷し、そのときの載荷重量と地盤の 沈下量から、地盤の極限支持力や地盤反 力係数などを求めることができます。

国土交通省 NETIS 登録品 KK-980055

■個別仕様〈キャスポル〉

■個別仕様〈S-227 / 229〉

型 式 ランマー 質 量 ランマー落下高さ 打 撃 面 直 径 表

キャスポル(共通) 4.5kg 0.45m 0.00196m2 Ia 値 CBR・K30・c・φ・qcの 測定値、測定数、平均値、 容 最大値、最小値、偏差値をス クロール表示

型 式 適 用 規 格 載 荷 板 ジ ャッ キ 容 量 ダイヤルゲージ

■個別仕様〈S-180〉

S-227 / 229 JIS A 1215 直径 300mm 100kN 1/100×20mm

型 適 用 規 ジ ャッ キ 容 荷 重 計 直 最 小 目

式 格 量 径 盛

S-180 JIS A 1222 50kN φ125mm 1kN

■共通仕様 型

キャスポル(従来型) 本

キャスポル(改良型)

体 φ160×1050mm(全縮時) 本

S-227 / 229 ※ 1

S-180

52.5kg(総重量)

32.3kg(総重量)

体 φ160×1050mm(全縮時)

表 示 部 235(W)×100(D)×120(H)mm 表 示 部 235(W)×200(D)×120(H)mm 本

12kg

表 示 部

5kg

12kg

表 示 部

2.2kg

バッテリー

バッテリー

寿

10 時間

6 時間

12 時間

4.5 時間

表示器、 接続コード、 充電器

プリンター、プリンター用バッテリー、 プリンター用充電器、 プリンター接続ケーブル(表示部∼プリンター)、 接続ケーブル(本体∼表示部)、 本体バッテリー用充電器

記録紙

記録紙

油圧ジャッキ、 ダイヤルゲージ取付金具×2、 載荷装置、荷重板×6、 ピストン受板、 載荷板、支持台×2、 ダイヤルゲージ×2、 球座(凸)、球座(凹)、 ダイヤルゲージ×2、 支持棒×3、支持棒用布ケース、ハンドル、 ダイヤルゲージ取り付け台×2、 球座(凹)、球座(凸) 貫入ピストン、木製架台、ハンドル

■備考 ※ 1 相違点… S-227はダイヤルゲージ取付金具の固定方法がネジ式、S-229はマグネット式です。

128

いは路盤の現在の支持力の大きさを標準 寸法の載荷ピストンを土の中に貫入させる のに必要な荷重として直接測定し、標準 荷重との比率により支持力特性を相対的 に評価する物です。


09

土質試験機

R.I. 式水分密度計・JIS 型現場密度測定装置・公団型現場密度測定装置

R.I. 式水分密度計 SRDM-2SV ソイル・アンド・ ロックエンジニアリング 測定項目 土の密度・水分

メーカ ー

R.I. 式水分密度計 ETL-10

JIS 型現場密度測定装置 S-207

公団型現場密度測定装置 S-209 a / b

メーカ ー オーテック環境

メーカ ー 西日本試験機

メーカ ー 西日本試験機

測定項目 土の密度・水分

射性同位元素を利用し、土壌 の密度、水分量等を高精度で 計測できます。 高速道路はも とより河川堤防、フィルダム、 空港滑走路、宅地造成等の 土木工事における盛土管理で 幅広く導入されています。

射性同位元素を利用し、土壌 の密度、水分量等を高精度で 計測できます。 高速道路はも とより河川堤防、フィルダム、 空港滑走路、宅地造成等の 土木工事における盛土管理で 幅広く導入されています。

■個別仕様〈R.I. 式水分密度計〉 測定方法(密度) 測定方法(水分)

測定項目 土の密度

測定項目 土の密度

乾砂で置換し、土の体積を間 接的に測定する装置で、粘性 土、 非粘性土又はレキ混り土の いずれの場合にも適用します。

■個別仕様〈S-207〉 ガンマ線透過型 速中性子線透過型

ジ ャ ー 容 量 ストレートエッジ

土 質 試 験 機

4ℓ 平型 200mm

日本道路公団規格に準拠した 簡易現場密度測定器で、 幅広 い土質に対して適用します。 ・S-209a 細粒土用  穴型φ150mm  最大粒径 50mm 以下 ・S-209b 粗粒土用  穴型φ250mm  最大粒径 100mm 以下

09 R.I. 式 水 分 密 度 計 ・ J I S 型 現 場 密 度 測 定 装 置 ・ 公 団 型 現 場 密 度 測 定 装 置

■個別仕様〈S-209a / b〉 適

地盤工学会基準 (JGS 1611)

■共通仕様 型

SRDM-2SV

使用温度範囲

密 水

ETL-10

1.0 ∼ 2.5t/m

3

3

0 ∼ 1.0t/m 0 ∼ 50 ℃

湿潤密度 水

0.8 ∼ 2.8t/m

S-207

S-209 a / b

3

0.05 ∼ 1.0t/m3 0 ∼ 50 ℃

×260(D) ×145(H)mm 本体:310(W) ×365(D) ×160(H)mm 法 本体:340(W)

本体:10.5kg

本体:11kg

6.6kg(総重量)

7.7kg(総重量)

バッテリー

バッテリー

12 時間

12 時間

寿

ベースプレート、打込棒、抜棒、ハンマー、 標準計数台、線源ロッド、線源コンテナ、 ジャー、 アタッチメント、 ベースプレート、 ベースプレート、 カラーリング、 付属工具用キャリーバッグ、 ベースプレート、打込棒、ハンマー、 ストレートエッジ、 スコップ、 標準容器、 ストレートエッジ、 スコップ、 線源棒収納ケース、 プリンターペーパー、 計量マス、 品 キャンバス袋、充電器、 プリンター用紙、 突き棒 プリンターリボン、運送用コンテナボックス、 プレート インクリボン 線源棒運搬 兼 保管容器

(記録紙) ( 、インクリボン)

(記録紙) ( 、プリンターリボン)

基準砂※

■備考 〈R.I. 水分密度計〉 記録紙は標準装備していますが、追加時のみの費用が発生します。 レンタルの取次ぎ店の皆様には、第三種放射線取扱主任者が必要です。 〈JIS 型現場密度測定装置〉 測定には、電子秤と基準砂が必要となります。 電子秤は本カタログP.136・139・141をご確認ください。 ※基準砂は、必要な場合ご注文ください。 ( ) の付いている消耗品は、 追加補充の場合のみ有料となります。

129


09

土質試験機

土壌硬度計・他

土 質 試 験 機

09 土 壌 硬 度 計 ・ 他

JIS 突固め 試験装置 S-171

山中式土壌硬度計 S-117

長谷川式土壌貫入計 H-100

メーカ ー 西日本試験機

メーカ ー 藤原製作所

メーカ ー ダイ トウテクノグリーン

測定項目 突固め

測定項目 土壌硬度

測定項目 土壌硬度

め固められるときの乾燥密度と含水比の 関係を求めるものです。CBR 試験、一軸 圧縮試験等のための土の供試体を製作 する手段としても利用されます。

■個別仕様〈S-171〉

■個別仕様〈S-117〉

ランマー 端 落 落

面 下

直 重

内 内 容

径 量 高 径 高 積

の土壌硬度を測定する計器です。平らに 削られた断面に垂直にコーンを圧し込み、 そ の圧入深とこれに対応する土壌の反力 (バ ネの縮み) の双方が変数として同時に測定 され、 これらから硬度の理論値 (kg/cm2) が 算定されます。この原理により軟弱な土壌 から軟質岩までの広範囲の硬度がわずかな 時間で測定できます。

硬度指数目盛 1 目 盛 支 持 力 目 盛 バ ネ 強 度 コ ー ン 寸 法

φ50mm 2.5kg 300mm モールド φ100mm 127.5mm 1000cc

的に測定できます。NEXCO 試験方法 JHS604 適用します。レキ混じりの土層 や固結土層 (S 値 0.1で5 回程度) で測定 可能です。 山中式土壌硬度計、その他 動的貫入試験と高い相関関係があり、専 用図化ソフトにより、土壌硬度の良否が即 時に判定できます。

■個別仕様〈H-100〉 0 ∼ 40mm 1mm 0 ∼∞ kg/cm2 8kg(対 40mm) φ18 ∼ 40mm

貫 入 コ ー 落 落 下 距 読 取 精 貫 入 能 最 大 測 定

ン 錘 離 度 力 深

φ20mm 先端角60 ° 2kg 50cm(25cmも可) 1mm 山中式 32mm 程度 100cm

※取りはずし可能な65mmカラー付

■共通仕様 S-171

法 ランマー

モ ー ルド

■備考 

130

φ80×700(H)mm 250(W) ×145(D) ×470(H)mm

モ ー ルド

5.2kg

抜 取 器

H-100

φ50×230(L)mm

12(W) ×12(D) ×173(H)mm

650g

6.0kg

ノッキングヘッド付ポール、貫入ロッド (コーン付) 、 ガイドポール (スパイク付) 、 ガイドポール、固定ピン、 レンチ、土壌貫入計用図画ソフト (WIN2000/XP)

φ180×190(H)mm

抜 取 器

量 ランマー

S-117

5kg 18.5kg

ランマー、 モールド、油圧試料抜取器、底板、 試料抜取器用ハンドル、 カラー


土質試験機

09

土壌 pH 計・軟岩ペネトロ計・他

長谷川式 簡易現場透水試験器

土壌 pH 計 OT-2101

軟岩ペネトロ計 SH-70

メーカ ー ダイ トウテクノグリーン

メーカ ー 大田商事

メーカ ー 丸東製作所

測定項目 透水試験

測定項目 土壌 pH

測定項目 軟岩強度

計時や現場施工直前の透水性チェックに 最適です。NEXCO 試験方法 JHS 605 適用しています。従来の植穴透水試験と は違い、���ない水量で測定が可能です。 試験孔の掘削が簡単で少ない労力で行え ます。 測定時間は1 穴あたり、1 時間 40 分です。

■個別仕様〈長谷川式簡易現場透水試験器〉 60cmスケール使用時:40cm 最 大 測 定 深 100cmスケール使用時:80cm

ます。

針貫入試験法に準拠しています。本体に 針貫入勾配〔NP〕 (N/mm)と一軸圧縮 強度 (kN/m2) の相関図が装備されており、 軟岩、安定処理した固結土等の一軸圧縮 強度をサンプリングなしで、 即時に判定でき ます。

■個別仕様〈OT-2101〉 測 定 範 囲 分 解 能 精 度注 1 使用温度範囲

土 質 試 験 機

09 土 壌 p H 計 ・ 軟 岩 ペ ネ ト ロ 計 ・ 他

■個別仕様〈SH-70〉

0 ∼ 14pH 0.01pH ±0.07pH 5 ∼ 60 ℃

貫 貫

入 入

量 力

10mm(1mm目) 100N(10N目)

注 1:5 ∼ 35 ℃にて校正後、pH5 ∼ 9の範囲内にお いて。

■共通仕様 型

簡易現場透水試験器 本

スケール

450(W) ×120(D) ×450(H)mm (ケース寸法)

OT-2101

SH-70

71(W) ×21(D) ×130(H)mm

φ40×285(L)mm

φ3.2×1040(L)mm(ケース寸法)

2.3kg

200g

700g

乾電池 9V×1

ホールカバープレート×2、 サイフォンポンプ、 品 フロート×2、 固定ピン×4、 スケールガイド、 スケール (L=60cm・100cm 各 2)

pHセンサー、標準液 (pH4.01/pH6.86) 、 堀削金具、 カップ×2、調整ドライバー

(標準液 pH4.01/pH6.86)

予備針 3 本 ー

■備考  ( ) の付いている消耗品は、追加補充の場合のみ有料となります。

131


09

土質試験機

弾性波速度測定器・点載荷試験機・他

土 質 試 験 機

09 弾 性 波 速 度 測 定 器 ・ 点 載 荷 試 験 機 ・ 他

弾性波速度測定器 ハンディーサイス PS-1

3 成分超小型サイスモグラフ ハンディビュア McSEIS-3

点載荷試験機 ポイントロードテスター

メーカ ー 応用地質

メーカ ー 応用地質

メーカ ー 応用地質

測定項目 弾性波速度

測定項目 弾性波速度

測定項目 載荷試験

波速度測定器です。ハンマーで起振点を 打撃することにより、受信点までの弾性波 到達時間を測定できます。電源は単 3 乾 電池で作動できるため、現場の作業が容 易にできます。

■個別仕様〈PS-1〉 時 間 表 時 間 精 利 周 波 数 特

示 度 得 性

ディスプレイに3成分の波形データが表示 できます。ダムやトンネルのメンテナンス、 橋脚の健全度調査などにご使用いただけ ます。

■個別仕様〈McSEIS-3〉 00.0 ∼ 99.9msec 0.1% 74dB(max) 50 ∼ 500Hz

成 増

推定できます。ブルドン管圧力計は、 5MPa と70MPaの2つが付いていますので、低 荷重および高荷重のどちらでも分解能の 高い読みとりが可能です。

■個別仕様〈ポイントロードテスター〉

分 幅

数 3ch 度 50、100、200、500、1k、2k、5k、10k 10∼ 250Hzまたは10∼ 2kHz 周 波 数 帯 域 (切替式) A/D分 解 能 8ビット サンプ ルレート 20、50、100、 200、500μs 入力インピーダンス 20KΩ プ リ ト リ ガ 32

最 大 荷 重 45KN 適 応 供 試 体 径 max.φ80mm(コラム内寸法) 頂 角 60 ° 載 荷 コ ー ン 先 端 R5mm 材 質 合金工具鋼 ストローク max.25mm ジ ャ ッ キ 使用圧力 max.70MPa ブルドン管圧力計(置き針式)、 圧 力 計 低圧用:5MPa、高圧用:70MPa 吐 出 圧 max.70MPa 油 圧 ポ ン プ タンク油 量 330cm3

■共通仕様 型

使用温度範囲

ハンディーサイス PS-1

ハンディビュア McSEIS-3

0 ∼ 50 ℃

0 ∼ 50 ℃

−10 ∼ 50 ℃

61(W) ×147(D) ×51(H)mm

110(W) ×222(D) ×77(H)mm

180(W) ×145(D) ×360(H)mm ※ 1

430g

2kg

単 3 乾電池×4

受振器 (1mケーブル付) 、 品 ハンマースイッチ (3mケーブル付) 、 延長コード (30m) 、受振器用スパイク

単 3 乾電池×4

16kg

加圧装置

9.5kg ー

3chジオフォンケーブル (2mピッチ)、ハンマースイッチ、 ハンマースイッチ延長ケーブル (30m)、 載荷装置、油圧ポンプ、 ブルドン管圧力計、 受振器用スパイク×3、 プリンター、 プリンターケーブル、 油圧ホース プリンター用 ACアダプター

■備考 〈ポイントロードテスター〉※ 1 寸法は載荷装置のものとなります。

132

ポイントロードテスター

記録紙


土質試験機

09

P.Cグラウトフローコーン・ファンネル粘度計・他

モルタルフロー試験器 C-206

プレパクトフローコーン C-320

P.Cグラウトフローコーン C-321

メーカ ー 西日本試験機

メーカ ー 西日本試験機

メーカ ー 西日本試験機

測定項目 モルタルのフロー値

測定項目 流動性

測定項目 流動性

盤が上下作動することにより測定します。 セメントの物理試験方法 JIS R 5201 準 拠しています。 ■個別仕様〈C-206〉

粘着性の少ないペーストの流動性測定に 使用されます。

方式のコンシステンシー測定器です。

■個別仕様〈C-320〉

φ300mm フローテーブル テーブルおよび支柱は鋳物製、 カム及びロールは焼入れ鋼 上部内径  φ70mm コ ー ン 下部内径 φ100mm 高 さ   60mm 突 き 棒 φ20mm 重量 500g 鋼製

架 試 容 排 そ

台 料 出

口 の

付 受 量 径 他

三脚 ポリビーカー2000cc 1725cc φ12.7mm 軽合金製でポイントゲージー付

土 質 試 験 機

09 P C

ファンネル粘度計 S-251

マッドバランス S-252

メーカ ー 西日本試験機

メーカ ー 西日本試験機

測定項目 ファンネル粘性

測定項目 泥水の比重

用でき、 ファンネル粘性として表示するもの です。 ■個別仕様〈S-251〉 容

の泥水比重計です。測定はメモリ管内部 のスクリューの調整によって非常に簡単に できるようになっています。 ■個別仕様〈S-252〉

500cc

測 最

定 小

範 目

囲 盛

1.00 ∼ 2.30 0.01

C-206

C-320

C-321

S-251

S-252

25kg

6.2kg

5.1kg

1kg

0.8kg

軽合金製コーン、三脚、 (2000cc) 、 コーン、突き棒 ポリビーカー 品 フローテーブル、 ポイントゲージ

■共通仕様

三脚、 ビーカー

ファンネル (ロート) 、三脚、 容器 (500cc) 、 フタ

フタ、台

■備考 〈C-321〉 コンシステンシーとは、 まだ固らないコンクリートの性質の種類で、主として水量の多少による柔らかさの程度をいいます。 〈 C-320 / C-321 / S-251 〉 流下速度を測定するストップウォッチが必要になります。

133


09-土質試験機