Page 1

始めに 東北大地震の影響で福島原発が想定外の津波で破壊され、放射線が大量に放出され、安全基準値をはるかに 上回る放射能が空気、水、野菜、牛乳、などから検出され、私達の健康をむしばみ始めています。この放射線に 関しての正しい知識を持ち、また適切な防御法を理解していただき、皆様の健康、またご家族の健康に役立て ていただければ嬉しく思い、総合的にまとめてみました。 まず、 まず、放射線とは 放射線とは? とは? 放射線や放射性物質は人間が原子力の利用を開始したことによって初めて生まれたものではありません。人間 は有史以前から様々な放射線や放射性物質に囲まれて生活してきているのです。 地殻を構成している岩石や土砂などにはウラン、トリウム、ラジウムなどの放射性物質が含まれています。また、 空気中にはこれらの元素から生じるラドンなどの気体状の放射性物質が存在しています。これらは絶え間なく放 射線を放出しています。さらに、宇宙のかなたから飛来する宇宙線と呼ばれる放射線も地球上に降り注いでいま す。 このように、自然界に存在する放射線を自然放射線と呼んでいます。放射線が人体に与える影響を表す単位と してシーベルトがありますが、人間は 1 人あたり平均して 1 年間で 年間で約 2.4 ミリシーベルトの自然放射線を受けてい ミリシーベル ます。その内訳は宇宙線などの空間から飛来してくるもの 0.39 ミリシーベルト、大地から放出されるもの 0.48 ミリ シーベルト、日常摂取する食べ物によるもの 0.29 ミリシーベルト、空気中のラドンなどの吸入によるもの 1.26 ミリシ ーベルトです。自然放射線は地質の違いなどによって、場所によりその強さが異なります。発電所の周辺に設置 している空間放射線測定局データが、地点によって異なるのはこの自然放射線の違いによるものです。 ● 自然放射線 自然界からの放射線を「自然放射線」といいます。 今、1 人が 1 年間に自然放射線を受けている量は、世界平 均で 2.4 ミリシーベルトといわれています。 ミリシーベルト 自然放射線の内訳 宇宙から 宇宙から

0.39 ミリシーベルト

大地から 大地から

0.48 ミリシーベルト

食物から 食物から

0.29 ミリシーベルト

大気中の 大気中のラドンなど ラドンなど

1.26 ミリシーベルト


被爆とは 被爆とは? とは? 被曝には、体の外から被曝する「外部被曝」と、放射性物質を吸い込み、体の内側から被曝する「内部被曝」が ある。一番危険なのはこの内部被ばくです。内部被曝の場合、放射性物質の排出を促す薬を服用するなどの対 策が必要になる。

地球上で生活していれば 1 年間に 2.4 ミリシーベルト前後の放射線を自然に受けることは述べましたが、医療で も、例えば胃のエックス線検診1回では 0.6 ミリシーベルトの放射線を受ける。この自然放射線 2.4 シーベルトに加 算して 人間が 1 年間に浴びる放射線量の安全基準は 1 ミリシーベルトまでとされている。実際に人体 ミリシーベルト 人体に 影響が 人体に影響が 及ぶのは年間 ぶのは年間 100 ミリシーベルト前後とされる。 ミリシーベルト 東京電力福島第 1 原発 1 号機周辺で測定した 1 時間に 1.015 ミリシーベルトという量は年間の限度に相当する。 1986 年 4 月のチェルノブイリ原発事故では、原発作業従事者約 20 万人が 100 ミリシーベルト、発電所近くの 27 万人が 50 ミリシーベルトの放射線を受けたといわれる。 福島第 1 原発 1 号機からの放射性物質の放出に伴って広がる住民の被ばくは具体的に、健康にはどんな影響 が出るだろうか。福島第 1 原子力発電所の正門近くで 13 日午前 8 時 20 分ごろに記録した毎時 882 マイクロシ ーベルトは、短時間の被ばくであれば、健康に影響が出るレベルではない。 仮に正門近くにいて、1 時間放射線を浴びたとしても、東京―ニューヨーク間を航空機で 4 往復した際の放射線 量と同じ。一般の人が日常生活で 1 年間に浴びる 2400 マイクロシーベルトは、正門で 3 時間ほど放射線を浴び る量に相当する。ちなみに、年 6 回ほど航空機で日米を往復している私はかなりの放射線を浴びていることにな る。したがって、あとで述べる大量の抗酸化栄養素を放射線防御のために、機内で摂取しているのである。 放射線物質 放射性ヨウ素 131 福島原発事故により大量の放射性ヨウ素が放出されている。本来ヨウ素は体内で甲状腺ホルモン合成するのに 必要なため、ヨウ素は人にとって必須元素である。人体に摂取、吸収されると、ヨウ素は血液中から甲状腺に集 まり、蓄積される。チェルノブイリ原子力発電所の事故では、放射性ヨウ素 131 が多量に放出されたが、これが甲 状腺に蓄積したため、住民に甲状腺ガンが多発した。放射能汚染が起きた場合、放射性でないヨウ素の大量摂 取により、あらかじめ甲状腺をヨウ素で飽和させる防護策が必要である 放射性セシウム 137 福島原発より生ずるセシウム 137 は、半減期 30.07 年の放射性物質である。医療用の放射線源に使われるが、 体内に入ると血液の流れに乗って腸や肝臓にガンマ線を放射し、カリウムと置き換わって筋肉に蓄積したのち、 腎臓を経て体外に排出される。セシウム 137 は、体内に取り込まれてから体外に排出されるまでの 100 日から


200 日にわたってガンマ線を放射し、体内被曝の原因となるため大変危険である。セシウム 137 に汚染された空 気や野菜、魚などを摂取することで、体内に取り込まれる。 放射線物質の 放射線物質の「半減期」 半減期」って何 って何? 福島第1原発から拡散した放射性物質(放射能)が付近の土壌や海水から検出される中、放射性物質の「半減 期」という言葉に関心が寄せられている。数日単位の短期間から何億年と半永久的な年数まで、物質によって 大きなばらつきがある半減期とは何か。 半減期とは、放射性物質が放射線を出す能力(放射能)が元の半分になるまでの期間を意味する。放射性物質 の原子は不安定な性質を持ち、アルファ線やベータ線、ガンマ線などの放射線を出しながら、別の安定性の高 い原子へ変化していく。この過程で放出されるのが放射線で、時間の経過とともに放射能が弱まり、半減期で元 の半分になる。 今回の事故後、福島第1原発の周辺地域を中心に基準値を超える数値が報告されている放射性ヨウ素131の 半減期は8 8・0日、放射性セシウム137は30 30・ 30・1年とされる

放射線障害とは 放射線障害とは? とは? 人が安全基準値以上の放射線を今回の福島原発事故のような状態から浴びると細胞の遺伝子が傷つき、ガン などの健康障害を引き起こす可能性がある。安全基準値を超える放射線による健康影響が出るのはシーベルト 数値にもよるが被爆後、数週間以内に出る急性の症状と、数か月から数年以上たってから出る症状がある。 2~3 週間以内に出る症状は免疫力の低下や貧血、出血など。骨にある骨髄が被爆でダメージを受け、白血球 や赤血球などを作る機能が損なわれるため、こうした症状が出る。免疫力が低下すると、感染症にかかりやすく なる。腸管や脳が障害を受けることもある。 被爆後すぐに症状が出なくても、数か月から数年以上たってから、白血病や甲状腺がんなどを発症することもあ る。妊娠から間もない妊婦が放射線を浴びると、胎児に奇形などが生じる危険性もある。原発事故に備え、事前 にヨウ素を服用すると、内部被曝を抑える効果が期待できる。事前に放射性のないヨウ素を取り込むと、原発事 故で空気中に放出される放射性ヨウ素が、排尿によって体外に放出されやすくなる。 放射線が体に与える影響は、ガンに対する放射線治療の副作用を考えると理解できる。 ★ 「ベクレル」は放射能(放射線を出す能力)の強さを表す単位。 放射能は「ほたる」にたとえると、ほたるが出す光(放射線)のパワー。放射性物質は原子が壊れて別の原子にな りながら放射線を出す。原子が1秒間に1個壊れて放射線を出すときの放射能の強さを1ベクレルという。野菜な どから検出される放射能の強さは、野菜に含まれる放射性物質の種類と量によって決まる。現在、福島原発事 故により基準値を大幅に超えたベクトルが水道水、野菜、牛のミルクから検出されている。沿岸の魚も放射能に


より汚染されているとみることが賢明である。 ★「シーベルト」は放射線量の単位で人体への影響を表すときに使う。人体に影響が及ぶのは年間 100 ミリシー ベルト、ほたるが出す光です。 放射線 Q&A Q 放射線が放出されると、何が怖いの? A 高いレベルの放射線を浴びることだ。高いレベルの放射線を浴びると、体内の細胞のDNAが傷つけられ、 細胞分裂ができなくなる。血液の成分をつくる骨髄が最もダメージを受けやすく、白血球など、免疫にかかわる 細胞が作れなくなってしまう。 Q 今回放出された放射線の量は、どのぐらい? A 原発の2~3号機付近で1時間あたり400ミリシーベルトの放射線が検出された。私たちは普通に生活して いるだけでも、年間2.4ミリシーベルトの放射線を浴びている。今回の線量は、その場に22秒いるだけで、1年間 で浴びる量に相当する。 ただし、近くで被曝しない限り、治療が必要なほどの健康被害をうけるリスクは高くない。政府は付近の住民20 ~30キロ圏内の人にも屋内待避するよう求めた。今後、放射線量がどう変化するのか、注意する必要がある。 Q 放射線から身をまもるには、どうすればいいの? A (1)放射線に近づかない(2)放射線から遮蔽(しゃへい)された場所にいる(3)時間の経過を待つ――の三 つが大原則だ。 人間の体が放射線を大量に浴びることを「外部被曝」という。放射性物質が口や傷口などを通じて体内に入り、 体の内部から放射線を浴びることを「内部被曝」という。放射性物質を身体に付着させたり、吸い込んだりしない ようにするため、まず屋内にとどまり外にでないことが肝心だ。屋内にいる場合はドアや窓を閉め、換気扇やエア コンをとめて、外気を遮断する。 Q 避難などでどうしても外に出なくてはならない場合は? A 帽子をかぶるなど、肌を露出させない服装をした上で、鼻や口を湿らせたマスクやハンカチで覆う。ハンカ チがなくても、トイレットペーパーを折りたたんで口にあてるといった方法もある。 雨が降った場合は、空気中に浮遊している放射性物質が雨と共に落下するので、雨にぬれないようにすること が重要だ。 Q 体に付着したら、どうすればいいの?


A まず、服に放射性物質が付着した場合は、衣服を脱いで、ポリ袋に入れて口を縛っておく。 体に付着した場合は、ぬるま湯などで体をふいたり、シャワーで洗い流したりして「除染」を行うことが必要だ。 除染できれば、放射性物質は身体から取り除かれる。そばにいる人に影響を与えるおそれはなく、避難所などで 生活しても問題ない。 Q 作業員らが、近くで高レベルの外部被曝をした場合は? A かなり高いレベルの放射線を浴びた場合、白血球など免疫にかかわる血液細胞が作れなくなってしまうの で、専門の医療機関で骨髄移植や臍帯(さいたい)血移植といった治療が必要となる。ただ、よほど近距離でな ければ、治療が必要なほどの被曝をする危険性は低い。チェルノブイリ原発事故でも、強制避難は原発から30 キロ圏内だった。 Q 内部被曝に対しては、どうすればいいの? A 放射性物質の種類に合った薬を飲んだり、点滴したり治療が必要だ。例えば、ヨウ素の場合は安定ヨウ素 剤、セシウムならプルシアンブルー、プルトニウムなどはキレート剤を飲むか点滴する。 安定ヨウ素剤は一般には市販されておらず、自治体などが備蓄している。むやみに飲むと副作用の恐れもある ため、避難所や救護所などで、専門家の指示に従って服用する。そのほかの治療薬は、被曝医療が専門の放 射線医学総合研究所などに備蓄されている。 Q うがい薬にもヨウ素が含まれているけど? A うがい薬やのどスプレー、消毒用せっけんなど、ヨウ素が含まれている薬はたくさんある。しかし、これらの市 販品は飲んではいけない。ヨウ素以外の成分も多く含まれ、体に有害な作用を及ぼす可能性もある。そもそも、 ヨウ素が含まれる量が少なく、予防効果はない。 Q 放射性物質は風にのって、飛んでこないの? A 放射性物質は、遠くなればなるほど、放射能は薄まる。ヨウ素131は空気より重いので、風が弱ければあま り遠くまで拡散しない。現段階では、例えば200キロ以上離れた東京の人が、むやみに心配する必要はないが …。

放射線から 放射線から体 から体を守る栄養学的・ 栄養学的・対処法 基準値を超えた放射線の攻撃を受けたとしても、人体には優れた秩序維持機能があるので、壊れたタンパク質 も新しく作り代えるか、遺伝子の傷も、傷を修復する酵素により、元の状態になおされる。たまたま修復できないと


きだけ、放射線障害として症状が現れる。したがって、障害が起きるか起きないかは、確定的にしか判断できな い。 また、放射線の人体への攻撃は、ガンの治療に使われている放射線治療と同じ状態であることが理解されます。 医師が最後に行うもっとも、細胞を破壊する危険な治療法です。 それでは、現実に戻ると福島第一原子力発電所で爆発があり、周辺地域でも通常よりかなり高いレベルの放射 線量が測定された。被爆から逃れ、身を守るのにはどうしたらよいのだろうか。 放射能から人体を守るのに『アルファリポ アルファリポ酸 アルファリポ酸』が、効果があるようです。これはチェルノブイリ原発事故の際に子 供達の治療に使われた薬です。 毒物学者は、長い年月をかけてあらゆる照射に関連した人々を治療するために抗酸化剤 抗酸化剤を使ってきました。ア ア 抗酸化剤 ルファリポ酸 ルファリポ酸は、具体的に例を挙げていいますと、被爆したマウスの骨髄を保護することがわかりました。私たち の最も記憶に新しい原発の事故の1つは、1986年ロシアのチャルノブイリで起こったものだと思います。 この事故では現地の人々を一定の低―高レベルで放射線にさらし、またこの地域の土地をも含み、何千マイル もの地域を放射線物質で汚染しました。ロシアの科学者は何とかして人々を救いたいと思い、被爆した子供たち を、アルファリポ酸を使って治療したところ、28日後に効果が現れたことが分かりました。研究者はアルファリポ ビタミン E と一緒に使ったときに被爆治療に効果的であると報告しました。加えて、異常な肝臓 肝臓や腎 酸のみ、またビタミン 肝臓 腎 臓の機能をも修正したこともアルファリポ酸療法とともに記載しました。

抗酸化の 抗酸化のネットワーク= ネットワーク=細胞の 細胞の防御・ 防御・解毒システム 解毒システムの システムの構築 解毒機 今回のような一定基準値を超える(被曝)放射線を予防するには、放射線の細胞への攻撃を防ぎ、体の解毒機 能を引き上げることが重要です。特に、発がんする可能性が高いので遺伝子への攻撃を防ぐことが重要です。 それには抗酸化栄養素のネットワークを細胞の内外に配置させておくことが大切です。また、抗酸化物質を血流 に充満させて白血球、赤血球の破壊を防ぎ白血病などの発症を防ぐことが大切です。 ビタミン E、COQ10 を配置、細胞の中の細胞質に水溶性のビタミン ビタミン C、グルタチオンを 細胞膜に脂溶性のビタミン グルタチオンを配置、 リポ酸 カロチノイド(β 肝心要の 核の遺伝子を守るために、抗酸化ネットワークの司令塔、両溶性のリポ リポ 酸、両溶性のカロチノイド カロチノイド カロチン、リコピンなど)、フラボノイド フラボノイド(ポリフェノール、ブドウの種、皮など)、を配置することが重要。また、セレ セレ二 フラボノイド セレ二 ウム(抗酸化ミネラル)は水銀などの有害金属を解毒します。 ウム これらの抗酸化ネットワークを全身の細胞の内外に配置しておくことが放射線からの細胞への攻撃を防ぐことに 有効に働くでしょう。


被爆するとガンになる可能性が高くなるのでこの、抗酸化のネットワークを全身の細胞に配置して放射線から身 を守る防弾チョッキをつけておくことが重要です。 栄養量法の医師が、現代医療の治療で行う、ガンの放射線治療の前に大量の抗酸化栄養素を投与して放射 線の害から細胞を守ることで理解できると思います。 とくに、リポ酸はすべての抗酸化栄養素を再生、再起動させ、解毒の王様グルタチオンの細胞内濃度を 30%も引 き上げる優れものです。グルタチオンの細胞内濃度は病気になるかならないかのバロメーターです。グルタチオ ンの濃度が下がれば病気になるし、なくなると死亡します。放射線で汚染された体を浄化する、あるいは放射線 汚染から身を守る、にはリポ酸でグルタチオンの肝細胞濃度を引き上げて解毒能力を引き上げることがポイント になります。 ですから、特に放射線により内被曝した場合、あるいは予防したい場合、抗酸化のネットワークに加え、さらにリ ポ酸の摂取量を増やすことが重要です。レスターパッカー博士の 1 日のリポ酸の推薦量は 100mgですが、被ば くした場合は、あるいは、被ばくを未然に防ぎたい場合は摂取量を 2~3 倍に増やしたら良いと思います。 この中で、脂溶性のビタミン E、COQ10、両溶性のリポ酸、カロチノイド、フラボノイドはオメガ脂肪酸3(EPA、 DHA)と同時に摂取することが重要です。オメガ オメガ脂肪酸 オメガ脂肪酸3 脂肪酸3は細胞膜の材料に使用され、またこれらの抗酸化栄養 素を細胞の中に運んでくれるからです。オメガ脂肪酸を摂取することで細胞膜の強化と肺、胃、腸などの粘膜を 強化して免疫システム全体を強化することができます。

この抗酸化のネットワークを全身の60兆個の細胞の内外に配置して核を守り、放射線をはじめ、体を汚染する あらゆる毒性物質を解毒、分解、尿から排泄する浄化システムを作ることが重要です。 さらに、血液中には免疫システムである白血球、また酸素を運ぶ赤血球、などが大量に流れています。血液中 に抗酸化のネットワークを循環させ白血球、赤血球の放射線からの破壊を防ぎ白血病などを未然に防ぐことが 重要です。 (抗酸化のネットワーク:抗酸化の第一人者レスターパッカー博士のアンチオキシダントミラクルから参照) ★結論:一番重要なことは、以上記載した抗酸化ネットワーク栄養素を含み、40種類以上の微量栄養素が含ま れる「総合 総合サプリメント ナノ化 総合サプリメントの サプリメントの摂取」を提案します。オメガ脂肪酸3の中に、ナノ 摂取 ナノ化された COQ10、カロチノイド、リポ酸、 又脂溶性のビタミン E が含まれているものがベストです。ナノ化された栄養素は吸収力が通常の栄養素の5~10 倍と言われています。

緑茶ポリフェノール 緑茶ポリフェノール( ポリフェノール(グリーンティ) グリーンティ)


両溶性の緑茶ポリフェノールは放射線のような有害物質から体を守り、細胞の核を防御します。とくに、EGCG カ テキンは地球上に存在する抗酸化栄養素の中で最も強力な成分の一つで、DNA ヒットの 68%を防御することが 判明しています。ですので、緑茶ポリフェノールの純度の高いサプリメントで摂取することが大切なことです。 放射線、あるいは化学療法 化学療法を受けている 60 人の患者において緑茶ポリ 中国の研究では、癌の様々の形態に対する放射線 放射線 化学療法 フェノールの研究が行われた。 治療の開始当初から、緑茶ポリフェノールを1ヶ月間栄養素補助を受ける患者治療を 通して安定した白血球数を維持していた。血液の品質を維持するために標準的な医療を受けた人の場合は、治療期 間を過ぎても白血球細胞数の減少を経験した。 そして補足の薬物治療を行われなかった人は、白血球数の非常に 劇的な低下があった。 緑茶ポリフェノール ポリフェノールが放射線 放射線、あるいは化学療法を受ける患者が血液の状態を維持する際有益であることを これは、緑茶 緑茶 ポリフェノール 放射線 示している。 (Mitscher と Dolby、1998 年 ) ★できれば、有害成分、残留農薬などの有害物質などが除去されたポリフェノール ポリフェノール純度 97%以上のものがベス 以上 ポリフェノール純度が 純度が97% トです。これは製品としては、世界に 1 つしか存在しません。 ぼくでしたら、通常の4~6倍飲みます。すでに4倍は普段からのんでいますが・・

ガック・ ガック・シリ・ シリ・クコの クコの実・サージが サージが入っているジュース っているジュース あと、抗酸化栄養素が通常のフルーツの数十倍入っているスーパーフルーツ(ガック、クコの実、シリ、サージなど から絞り出すジュース(抗酸化栄養素)はパワフルな対抗手段です。特に、サージはロシアの宇宙飛行士が宇宙 から攻撃する放射線から皮膚を防御するのにクリームとして使用しました。 ★サージ サージが必ず入っていることを確認してください。 サージ アミノ酸 アミノ酸 前述したように、人体には優れた秩序維持機能があるので、壊れたタンパク質も新しく作り代えるか、遺伝子の 傷も、傷を修復する酵素により、元の状態になおされるので、必須アミノ酸を含む、タンパク質の摂取が痛んだ細 胞の修復には不可欠だと考えます。酵素はタンパク質なので酵素を活性化するにもアミノ酸が要求されるので す。 ★シェイクして飲む、パウダー状の8種類の必須アミノ酸が含まれているものがベストです。僕は毎日、このシェイ ク状のアミノ酸カクテルを毎日飲んでいます。細胞を修復する基本栄養素です。 冬虫夏草( 冬虫夏草(コーディセップスシネンセス) コーディセップスシネンセス) あと、中国伝承の中国政府により、認証されている第一級の漢方、冬虫夏草とレイシですね。 ともに、ガンに対抗するパワフルな栄養素です。放射線はがんを誘発します。特に免疫細胞である白血球を破壊 し減少させ白血病を発症させます。その防御と修復に有効と思われます。


以下は、冬虫夏草の薬理効果です。 冬虫夏草に含まれる、多糖類はリンパ組織において作られた感染と闘う一群の白血球細胞であるリンパ球を刺激 放射線による による損傷 損傷に する防御性 防御性をもたらし、制ガン活性をも示し した。まさに、冬虫夏草に含まれる多糖類は、放射線 放射線 による 損傷 に対する 防御性 た。また冬虫夏草は、放射線の攻撃から赤血球を守ることが判明している。 コーディセップスは、化学療法の結果、赤血球に引き起こされたダメージに対して防御的効果を持つ。 中国にお コーディセップス いて、コーディセップスの治療効果は、肺ガン、前立腺ガン、恥骨癌において注目された。 白血病患者からの血 白血病の 治療において適用されるで 液と、健全な対象からの血液の研究に基づいて、コーディーセップスはまた、 、白血病 の治療 あろう。特に放射線 放射線の 攻撃 放射線の攻撃は白血球、赤血球を破壊して白血病を引き起こす。免疫細胞全体を弱体化させる。 コーディセップスに コーディセップスに関して( して(カルぺ カルぺニトCarpenito ニトCarpenito、 1995年): Carpenito、1995年 (1) ミトコンドリア内 ミトコンドリア内の活性酸素を 活性酸素を取り除くことによって酸化ストレスを減少させる。 (2) 酸素の効率的な利用を促進する。 (3) 諸器官でのエネルギー生産(ATP)を向上させる。 (4) 重要な諸器官への血流を再配分する。 (5) 有毒物質を 肝臓や 有毒物質を代謝・ 代謝・排泄する 排泄することによって、肝臓 する 肝臓や腎機能を 腎機能を改善する。 改善 (6) 性的健康に対する顕著な効果を提供する。 (7) エネルギー、活力、耐性‐強化。 ★結論、この冬虫夏草 冬虫夏草にザクロ 冬虫夏草 ザクロ、 ザクロ、高麗人参をブレンドしたものがあれば、ベストでしょう。 高麗人参 ぼくでしたら、通常の倍を摂取します。

レイシ 抗放射線作用のあるレイシはパワフルな放射線の対抗手段です。 薬理効果 放射線、及び化学療法に対する不耐性(抵抗力が失われて弱くなっている現象)は、レイシ使用の癌患者において 放射線 減少し、治療に伴う白血球減少症が完全に改善された。 CD4/CD8比率と化学療法によって下げられたT細胞数の 迅速な修復は、レイシによることを示しており、正常なコントロールにある患者について、抽出物による副作用がなかっ た。レイシ対象者は、活力と食欲を改善した。手術に加えて抽出レイシを使用すると、患者の回復は、更に速く、手術 痕治癒が改善された。 (Kupin、1992年) 同様の結果は、化学療法及び 放射線療法 を受けた癌患者(リンパ上皮性腫瘍3期、脊髄性白血病患者)の3ヶ月後 の経過についての小規模研究において、同様の報告がされている。 癌は、8ヶ月後に鎮静化した。 体全体にγ線照射した雄マウスに、水抽出のレイシを連続的に高投薬(400mg/kg/35日間)したところ、 菌処方免 疫基準のクレスティンを与えた制御群よりも高いレベルで、免疫適格を回復させた(Chen等、1995年) ■主要な適応性 ◇鎮静作用と抗痙攣作用

◇鎮静作用と抗痙攣作用

◇化学療法 化学療法と 化学療法と放射線療法の 放射線療法の補助 (免疫機能の維持)

◇疲労と衰弱


◇心臓血管の補助(例:高血圧症、冠状動脈心疾患 ◇高山病からの保護。

◇肝臓の防御と回復

動脈硬化症)

◇高脂血症

★レイシの胞子からも成分が抽出されているものがベストです。 水道水に 水道水に対する防御案 する防御案 最後に、各地の水道水が汚染されてきました。お風呂に入るときは、私でしたら緑茶ポリフェノールの入っている、1~ 2カプセルを外してお湯に溶かしてから入浴するか、あるいはビタミンCの入ったフェイスウォッシュを溶かしてから入 浴をします。歯磨きをするときには、ポリフェノールの粉末を歯磨きクリームに混ぜてから磨いたらよいと思います。 僕はいつもホテルでお風呂に入る前に、ビタミンCの入ったフェイスウォッシュを溶かして入浴します。 以上、とりあえずわかりやすく書いたつもりですが皆様の参考になれば幸いです。 なお日本におきましては薬事法がありますので、製品と薬理効果を結びつけることは禁止されていますのでくれ ぐれも法律を守り皆様の大切な人にお伝えください。 皆様のご健康と、被災者の復活を心よりお祈りいたします。 頑張れニッポン!!!

放射線の栄養学的対処法  

nutritions_against_radiation

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you