Page 3

文・写真/愛甲 知己 英国在住。日本・欧州・米国・アジア・中東・ アフリカなど 15 ヵ国以上のコースを歩いた末 にゴルフの本場、英国に辿り着き、スコットラ ンドをはじめとするリンクスコースに魅せられ て今に至る。「ゴルフ馬鹿」と呼ばれることに無上の喜びを感じ、 負け惜しみを込めて「ゴルフはスコアだけじゃない」と叫びな がら、ゴルフの奥深さを学び続ける中年ゴルファー。

第 27 回

ブログ「英国的ゴルフ馬鹿 ~ゴルフの故郷【くに】から~」 http://golfscoreup.seesaa.net/

リンクス探訪 ⑭ 〜 目指せ最北端! − その2− 〜 <前号のあらすじ>

そそくさとクラブハウスに一旦

- 英国本土最北端をテーマに早春のハイランドへと旅立ったゴルフ馬

退避し、雹が痛くない程度にお

鹿。途中インヴァネスに立ち寄り、まずは北西端に位置する 9 ホー

さまった隙にササっとティーオ

ルの Durness GC で羊と戯れる野性的ゴルフに興じ、次の目的地へ

フ。有難いことに結局プレー中

向かって東へと進路を取ったのでした。-

にも雹の歓迎は何度も受けたの

ひょう

ひょう

ですが…笑。 英国本土の北端に沿って東

Durness が 9 ホ ー ル リ ン ク

へひた走る、と言っても直線

ス の 最 北 端 な の に 対 し て、 緯

的に走れるわけもなく、山と

度は少しだけ低いながらもこ

湖そして入り江を抜けてのワ

こ Reay GC は 18 ホールリンク

インディング・ロードを行く

スの最北端。クラブは 1893 年

のですが、とにかくスコット

設 立 と 歴 史 も あ り、 コ ー ス も

ランドは橋が少なく、湖や入

Durness のクリフトップと違っ

り江が現れる度に沿岸に沿っ

てリンクスそのまま、メンテナ

て迂回しなくてはなりませ ん。もちろんそのお陰で風光 明媚な自然が残されており、

北ではお馴染みの余計な機能は一切ない 質素なクラブハウス。ホッとします …

典型的なリンクスの風景 どんよりした雲もいかにも スコットランドの雰囲気です

ンスもほぼ自然任せという色々

な意味での野性的コースで、以前の Wick 同様 100 年前と変わらぬゴル

先を急ぐ人は移動に 5 時間掛けて 1 日に 2 ラウンドしようというゴル

フの原風景が楽しめます。春と呼ぶ

フ馬鹿以外にまずいないのですから、遠回りに何の問題もありません。

には早すぎる雹交じりの天気もタイ

そんなわけで直線にすれば 40 マイル程の距離に 2 時間掛かってこの

ムスリップの疑似体験には申し分の

日の次の目的地である Reay GC に到着です。

ない演出です。

ひょう

先の Durness や以前ご紹介した Wick など北の果てのクラブに共通

さあ、2つの最北端リンクスを存

の極めて質素なクラブハウ

分に楽しみ無事に目的達成、と思い

スを見るとホッとする体に

きや実はこの先にまだ最北端がある

なってしまったゴルフ馬鹿

というではありませんか! という訳

は、 勝 手 知 っ た る 手 順 で オ

でこの日は更に東へ進んだところで

ネストボックスへグリーン・

地ビールを堪能しながら一泊。翌朝

フィー(プレー代)を投函し、 1 ポンドのインスタントコー ヒーで一息入れてからいざ こちらもお馴染みオネストボックス。グ リーンフィーを封筒に入れて投函する 至ってシンプルなシステム

コ ー ス へ、 と 出 よ う と し た ひょう

ところいきなり激しい雹の 歓迎を受けて痛いのなんの。

この旅最後の最北端へと向かうので ひょう

雹が降っても、犬は喜び グリーン駆け回る~♪

すが、またもや紙面が尽きてしまっ たので旅は更に次号へ続きます…

*取材協力: Golfriend UK – リンクス・ゴルフツアー・スペシャリスト-

www.golfrienduk.com

Euro News_ なんてったってゴルフ馬鹿 | 14

Euronews autumn 2016 no 142  
Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you