Page 12

アレキサンドリア

第34回

エジプトから

アレキサンドリアへ

アレキサンドリアに引っ越してきました。

に自分の名を冠した都市を

エジプトといえば、日本人が「一度は行ってみたい国」として常に上位

建設したのが始まりです。

にランクされるのですが、多くの人はピラミッドやスフィンクスといった

大王が 32 歳で夭逝した後、

古代エジプトの巨大遺跡を連想されていると思います。このコラムでは、

後継者の一人がここを都として古代エジプト最後の王朝となるプトレ

そんなエジプトの隠れたスポットや魅力 - カイロ旧市街の歴史的建造物

マイオス朝を創始しました。その最後の女王がクレオパトラです。

や砂漠やオアシスの自然美など - を伝えたいという思いで、連載を続けて

以後、ヘレニズム文化の中心となる国際都市として発展し、『地中海

きました。今号からは、このアレキサンドリアを拠点に、エジプトや地中

の真珠』とも呼ばれたアレキサンドリアには、世界の最先端の文化と技

海世界の過去から現在、人々の日常生活をお伝えしていければと思います。

術が集まっていました。しばしば歴史的な大事件の舞台となり、プトレ

人口 430 万人。カイロに次ぐエジプト第 2 の都市アレキサンドリア

マイオス朝滅亡後は古代ローマ帝国時代、アラブ人の侵攻、オスマント

の歴史は古く、約 2,300 年前にギリシャのマケドニアの王族に生まれた アレキサンダー大王が、ペルシャへの東方遠征の途中でオリエント各地

ルコの支配などを通じて、長い栄枯盛衰の物語を刻んできました。   謎も多く、かつて、世界の七不思議の一つとされる「ファロスの大 灯 台 」( 現 カ ー イ ト・ ベ イ 要 塞 ) や 70 万 冊 の 蔵 書 を 誇りながらも歴史の闇に消 えたアレキサンドリア大図 書館(ユネスコによって再 建)が存在していたといわ れ、また近年では、アレキ サンドリア沖 8 キロの海底 にクレオパトラが住んでい たといわれる宮殿跡が発見 され話題になりました。

ローマ劇場やギリシャ風のスフィンクスも残る

庶民の足、トラムの車窓から

文・写真/松見 靖子 国際協力コンサルタント

第47回

チェコから

タタラ―ク

チェコは、内陸に位置することから、代表的な料理は肉料理です。 レストランで「トラディショナル料理は?」と尋ねると、ほとんどのお

ミンチの牛フィレ生肉 の上に生卵の黄身がの

店で「グラーシュ」 (牛肉のシチュー)と「豚膝肉のロースト」と返事が

り、 玉 ね ぎ、 パ プ リ カ、

きます。チェコにいらして、この豚膝肉のローストを初めて注文し、その

ナツメグ、ペッパー、塩、

大きさに驚いた方も多いのではないかと思います。骨付きの 1.5kg の肉の

マスタードの香辛料とケ

塊が出てきますから。もちろん、ビールと一緒に頂くとおいしいですよ。

チャップが一緒に出てきます。これらを好みで混ぜ合わせ、油で揚げた

観光客にはあまり知られていませんが、地元で人気なのは牛肉のタル

チェコのパンに生のガーリックを塗り、その上に混ぜ合わせた肉を載せ

タルで、チェコ語でタタラークと言います。韓国料理のユッケの様なも

ていただきます。カリッと揚げたパンと一緒に頂くタタラ―クは本当に

のです。生肉料理の為、衛生基準が厳しいチェコでは、以前はメニュー

おいしいです。このチェコのパンですが、焼きたてだと柔らかすぎて、

には載せていなかった料理だそうですが最近は記載しているレストラン

うまく揚がらないので、数日置いて少し硬くなった物を使うそうです。

もあります。

私が初めてタタラークを食べたのは田舎の小さなレストランで、チェ コに来て間もない頃でした。 友人が、「今日はあるかい?」 と聞いて、マスターから「あ るよ!」と返事があり出て来 たのが、このタタラークでし た。狭いレストランの中で、 10 名近くが小さなテーブル に 座 り、 チ ェ コ 人 に 食 べ 方 を教わりながらみんなで分け 合って食べた事は、懐かしい 思い出です。

文・写真/山中 智子 チェコ在住9年。フリーランス 5 | Euro News_ 世界の街角から

Euronews autumn 2016 no 142  
Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you