Page 10

ある。戦前の映画『未完成交響楽』では、

の別荘に招かれ、一夏を過ごしたことが

の家庭教師としてエスターハージー伯爵

この家に仕えた。シューベルトも、音楽

響曲の父」ハイドンは楽長として

のだろう。一曲ごとの拍手の長さがそれ

体に一体感を生む。よほど音楽が好きな

上の演奏家に伝え、いつの間にか会場全

るように内なる感動と熱狂をステージ

品で落ち着いている。静かに「気」を送

は こ れ で 好 き な の で あ る が )。 だ が、 上

吹くフレンドリーな派手さはない(これ

)の作品に『楽に寄す(音楽に

年間、

寄せて) 』 と い う 名 歌 曲 が あ る。 ボ ヘ ミ シューベルトがこの邸宅に滞在中、令嬢

アンの天才芸術家シューベルトを寄宿さ カトリーネと恋に堕ち、やがて失恋する。

を物語っていた。アンコールでも拍手が

生涯をウィーンで過ごした作曲家フ

せ、創作活動を支援した友人フランツ・

鳴り止まなかった。ウィーンっ子の幸福

がいっぱいになった。

した。文字通り、音楽への愛と謝意で胸

セミナー等で講演。BBC、NHK、テレビ朝

ラ ン ツ・ シ ュ ー ベ ル ト(

フォン・ショーバーの詩に節をつけたも コンサート当日、楽屋口からホールへ

曲を更に演奏

で 穏 や か な 表 情 と 心 意 気 に 応 え る た め、

り待ち」をしてくれていたのだ。想定外

シューベルトの作品など

時間前にもかかわらず、私の

入 ろ う と す る と 人 だ か り が で き て い る。 、

のだ。音楽への純粋な愛と感謝の気持ち 開演

の こ と だ っ た。 終 演 後 に C D や プ ロ グ

サイン目当てにウィーンっ子たちが「入

サ イ タ ル を 開 い た。 会 場 は、 ウ ィ ー ン

人種・言語・宗教の壁を超えて、音楽は

」の一環でピアノリ

月、 ウ ィ ー ン を 訪 れ、「 ワ ー ル

を謳っている。 今年

楽友協会とともに名高いコンツェルト

ラム、くしゃくしゃのメモ用紙などにサ

人の心に直接響く。そして、音楽を愛する

ドツアー

ハ ウ ス の シ ュ ー ベ ル ト・ ザ ー ル( ホ ー

インを求められることはあるが、ウィー

と い う 一 点 に お い て、 世 界 に 国 境 な ど 存

ンのファンは、私の写真をブロマイドさ ながら奇麗に印刷し持参していた。中に

番 変 ロ 長 調 』 を 中 心 に、

アノソナタ第 は

ル )。 シ ュ ー ベ ル ト 最 晩 年 の 傑 作『 ピ ウィーンに縁のあるベートーヴェンや

する演奏家や指揮者の「入り待ち」、「出 アーティストらのサイン入りの写真を額

在しない。この信念を胸に私の旅は続く。

シ ョ パ ン の 作 品、 私 自 身 の 新 作『 百 人

年代からコンツェルトハウスでデビュー

歳近いおばあさんもいた。

一 首 に よ る 音 詩 』( 冷 泉 貴 実 子 選 ) や 『

に収め、自宅の部屋の壁一面に飾ってい

待ち」を続けていて、今や伝説となった

余談ながら、今回のウィーン公演のス

るのだという。身に余る歓待に勇気づけ

〜祈り、そして希望〜』 Grace & Hope )※などを演奏した。

ポンサーの一つ、エスターハージー侯爵

られ、コンサート本番は集中して大舞台

家は、ハプスブルグ帝国、オーストリア

7 | Euro News_ 国境なき音楽紀行

ウィーンの聴衆で満席となったホールと 演奏する筆者。

住。www.motoki-hirai.com

11

米国・中南米各地を演奏旅行。米カーネギー

3

までヨーロッパ・中東・アフリカ・アジア・

7

学部哲学科、英王立音楽院大学院卒。これ

5

5

21

= ハ ン ガ リ ー 帝 国 時 代 の 大 貴 族 で、「 交

導。NHK 文化センター、時事通信社トップ

1 7 9 7 シューベルト・ホールは、それ自体が楽器といってよく、 音を出すと身体全体がざわめき包みこまれる感覚がした。 (写真:平井元喜)

コンツェルトハウス外観。 シューベルト・ホールはこの中にある。

レビ・ラジオに出演。96 年よりロンドン在

4

30

1 9 5 0

ウィーンの聴衆は成熟している。アメ

年東京生まれ。桐朋高校、慶応義塾大学文

を楽しむことができた。

平井 元喜(ひらい もとき)

※ 東 日 本 大 震 災 「 周 年 」 に 際 し 、 ・ 前 後 に 行 わ れ た ロ ン ド ン、 ア ム ス テ ル ダ ム、 ウ ィ ー ン な ど「 公 演 」の 収 益 を 震 災 孤 児・ 遺 児 の た め の《 東 日 本 大 震 災 ふ く し ま こ ど も寄付金》へ寄付することとし、 月の東 京 公 演 の 後 、福 島 県 庁 へ 直 接 届 け る と と も に 被 災 地 で 慰 問 コ ン サ ー ト を 行 い ま し た。 ま た ウ ィ ー ン 公 演 直 前 に 熊 本・大 分 地 震 が 発 生 し た た め 急 遽 会 場 に 募 金 箱 を 設 置 し、 プ ロ グ ラ ム の 収 益 と 合 わ せ て 別 途、 被 災 地 へ 寄 付 し ま し た 。こ れ ら の チ ャ リ テ ィ ー にご協力いただいた皆様に心から感謝い たします。

【プロフィール】ピアニスト、作曲家。73

楽屋口で私の写真を持参し 待ち受けていた音楽ファン。

日「題名のない音楽会」など内外各地でテ

4

7

リカのように、とにかくスタンディング・

ホール、英ウィグモアホール、蘭コンセル

2 0 1 6

6

1 8 2 8 2 0 1 1

80

オベーションをしてヒューヒュー口笛を

ウィーン・コンツェルトハウス正面に張ら れていた公演の巨大ポスター。

©moriguchi

第 3 回ウィーン『楽に寄す、シューベルトの心』

フォトエッセイ 国境なき音楽紀行

日頃、音楽を通して人々と交流し、世界各地を旅することが多い。これら旅の印象と感動を、 フォトエッセイという形でほんの一部でも皆さまにお届けできればと思う。

平井元喜

トヘボウ等でしばしばリサイタルを行う。

2016 年は、コンツェルトハウス(ウィー

ン)、バービカンセンター(ロンドン)、銀

座王子ホール、ラ・フォル・ジュルネ音楽

祭など世界各地をツアー。音楽を通して平

和・教育・医療・環境問題にも積極的に取

り組む。3.11 以降、30 回以上に渡り復興

支援コンサートを続ける。07 年よりプロ

ジェクト「日本の民話絵本を世界へ」 (朗読・

音楽・映像のコラボ)を芸術監督として主

Euronews autumn 2016 no 142  
Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you