Issuu on Google+

大 震 災 と 不 運も多 か った で

配 属先 ︼イ オ ン モー ル橿 ︻ 原店

げ 等 に企 画 段 階 か ら 参 加 し、 意 見 を 言 え る存在 にな

スタ ッフ の方 の笑 顔 に惹 か

︻ 自 分 のヴ イジ ョン︼ オ ン

き ま す。

れ て こ こで働 き た いと 思 っ た か ら です。 ︻ 意 気 込 み ︼失 敗 しても挫

け ず に頑 張 つて成 長 し て い

りま す。 ︻ 抱 負 ︼会 社 に、 社会 に貢

献 します 。

に取 り 組 みま す。

︻ 抱 負 ︼ど んな事 にも真 剣

ラ イ ン の業 務 を全 う出 来 る よ う にな つて いた いです 。

配 属 先 ︼管 理本 部 ︻

︻入社 理 由 ︼説 明会 で 一目 惚 れ し て、 ﹁ 私 は絶対 に こ

の会 社 に 入 る﹂ と 直感 的 に ビ ビ ツと き た から です。

配 属先 ︼ら らぽ ︱と新 三 ︻

︻入社 理由 ︼選考 の時 にお

会 いし た幹 部 の方 々、 三浦

さ ん の人柄 に惹 か れて入社

し てと ても情 熱 を持 って い

を 決 め ま した。 働 く事 に対

︻ 意 気 込 み ︼ 早 く会社 の戦

てカ ッ コイ イ ーと感 じま し た。

力 にな れ る様 にた くさ ん経 験 を 積 ん で 日 々努 力 し て い

き ま す 。 社 会 人 と しても責

任 あ る行 動 を と れ る様 に頑

張 りま す !

︻ 自 分 のヴ イジ ョン︼何 年

︻ 意 気 込 み ︼ シ ョービ の 一 た つても オ ー ラ のあ る イ キ で会 いに来 て いただけ る よ

員 に な れ て本 当 に 光 栄 で

イ キ と した カ ツ コイイ女 性 に ︱な つて いた いです 。 ︻ 抱 負 ︼今 はた くさん の情

す 。 現 状 に満 足 せず に、 貪

うな お客 様 を 、   一人でも多

報 を 吸 収 し て自 分 の力 にす

欲 に出 来 る こと を増や し て いき ま す 。

く も つこと が 目標 です 。 ︻ 抱 負 ︼ お店 を 任 され る よ

い物 目的 で はな く ても、 お 喋 りを し にわざ わざ お店 ま

た いです。 ︻ 自 分 のヴ イジ ョン︼ お買

にも責 任感 を も つて行 動 し

ても ﹁ 顧 客 満 足 ﹂ に繋 が る こと を忘 れず 、 ど んな こと

︻入社 理由 ︼ シ ョービ の” 人” に惹 か れ ま し た。 ︻ 意 気 込 み ︼何 を する に し

R 0 0 M  市 野店

︻ 意 気 込 み︼ 一人 でも多 く

︻配

のお客 様 が僕 を 目的 に遊 び に来 てくだ さ るよ うに魅 力 的 な 人 間 にな り た いです。 ︻ 自 分 のヴ イジ ョン︼乗 り た い車 に乗 って いて、 先 輩 に 可愛 が ら れ て、 後輩 に慕 わ れ る よ う にな り た い で す。 ︻ 抱 負 ︼ 早く 認 め ても ら え るよ う に実績 残 します 。

︻ 配 属 先 ︼イ オ ン モー ル浜

る事 を 頑 張 つて行 きま す。

︻ 自 分 のヴ イジ ョン︼ 三年

う な 一人前 の スタ ツフにな

後 に は、 本 部 の仕事を 任 せ ても ら え る自 分 に。 そ のた

め に はま ず これ から の 1年

︻入社 理由 ︼ シ ョービ で働 いて いる“ 人” に魅力 を感

R 0 0 Mら らぽ ︱と磐 田

︻配

る こと が、 今 の目標 です。

間 で教 わ る こと を 、完 全 に

配属先 ︼ WEB担当 ︻ ︻ 抱 負 ︼頼 ら れ る、信 頼 さ ︻ 入社 理由 ︼オ ンライ ンの れ る存 在 にな りま す。 仕事を したか つた ことと、

す る こと。

る こと 。 そ し てそ れを 継 続

自 分 の中 で理解 し、消 化 す

人﹂ る こと 、そ し て何 より ﹁ が 良 いと感 じ て入社を 決 め

舗 から 注 目さ れ るよう な 店

二 の存 在 にな りま す。 ︻ 自 分 のヴ イジ ョン︼他 店

︻ 意 気 込 み ︼社 内 で唯 一無

ま した。

松 志都 呂 ︻入社 理由 X本社 の雰囲気 、 ヴ イジ ヨン、成 長 企業 であ

は約 二 万 三千 人 にまで のば ると 言 わ れ て いる。さ ら に

平成 二四年 四月 二日、 入 社式を終え、新 た に九名 の 新 入社 員 が 仲 間 に加 わ っ た。今期 は新卒採 用を始 め て二年 目に当た る。昨年 の

舗 を つく つて いき ます。 数 年 後 に は新 規 事 業 の立 ち 上

昨 年 二 月 十 一日 に東北 を 中 心 に東 日本 を襲 つた東 日本

六名 から採用人数が増え、 あ ろう 時 期 に就 職 活動 を送 女性社員を多く採 用す るな ってき た 世 代 。 ま た大 卒 入 ど会社 の今後が楽 しみだ。 社 社 員 は ﹁ 平成 生 まれ ﹂ で ンシ 初 め て社 会 に飛 び 出す 世代 平成 十九年 の リ ー マ ョック以降、世間 では ﹁ 就 と し て世 間 から の注目度 も 職氷河期﹂と囁 かれ、特 に 何 かと高 い。 この世代 は過去最低 の就職 率を更新 し、採 用内定を得 られな いまま卒業 した学 生


IMG_0002