Page 1

ARCHITECT

オーストラリア 留学ガイドブック 2017

グローバルな力が身に付くオーストラリア留学のすべてがわかる!

協力:オーストラリア大使館・ (総)領事館


駐日オーストラリア大使からのメッセージ  オーストラリアは世界トップレベルの大学を擁す高い教育水準で知られており、世界で最も住みやすい国と もいわれています。安全で快適な生活環境と質の高い教育を求めて世界中から留学生が集まっています。その 数は年間 64 万人にも上ります。  このような留学生が安心して学業に専念できるよう、オーストラリアは国家法を制定し、優れた教育の提供 を保証すると共に、学生ビザを持つ留学生の受入れと保護に、国を挙げて取り組んでいます。留学生を受け入 れるすべての教育機関は政府への登録を義務づけられており、これにより、教育内容、施設・設備やサポート 体制などの質が保たれています。  オーストラリアの魅力はその多様性にもあります。国民の約 3.5 人にひとりが外国で生まれており、様々な 文化的背景や価値観を持つ人々が共に暮らしています。学生たちの将来を見据えて実践的な教育を重視する オーストラリアの教育機関のもとでは、英語力はもちろんのこと、グローバル社会で活躍するために必要なコ ミュニケーション能力やリーダーシップをはぐくむことができます。  オーストラリアと日本の関係は、大学や企業の学術交流協定や共同研究等により、着実に深まっています。 両国の教育・研究機関の協力により生み出されるイノベーションは幅広い分野にまたがっており、今後も世界 に大きなインパクトを与えていくことでしょう。  オーストラリア政府は、政府奨学金エンデバー奨学金をはじめとする様々な支援を留学生に提供しています。 在日オーストラリア大使館が毎年開催する『オーストラリア留学フェア』では、1,200 名を超える留学希望者が、 オーストラリアから来日する教育機関の担当者と直接面談し、情報を得ています。  オーストラリアは、勉学、研究、そして人と人との交流を通して、知識を深めるだけでなく素晴らしい人生 経験を積むことができる国です。ぜひオーストラリアで、みなさんの夢をかなえる第一歩を踏み出してくださ い。

駐日オーストラリア大使 ブルース・ミラー


オーストラリア留学ガイドブック 2017

02

オーストラリア政府は、みなさんのオーストラリア留学を応援します。

08

オーストラリアの国と州別基本情報

17

オーストラリア留学のすべて

42

オーストラリア留学に必要なテスト

オーストラリアの教育制度 ……………………… 小・中・高校留学 ………………………………… 英語学校留学 ……………………………………… 専門学校留学 ……………………………………… 大学・大学院留学 ………………………………… 人気の留学分野 …………………………………… ワーキングホリデー ……………………………… 教育旅行 ……………………………………………

18 20 24 28 32 36 38 40

44 50

学生ビザの申請方法と注意点

45

オーストラリア留学体験記

52

クイーンズランド州に留学しよう!

58

メルボルンの教育を知る

60

ニュー・サウス・ウェールズ州に留学してみませんか?

62

西オーストラリア州パースの魅力

64

本誌掲載のオーストラリアの学校・教育機関一覧

オーストラリア全大学マップ

編集協力:クイーンズランド州政府

編集協力:ビクトリア州政府

編集協力:ニュー・サウス・ウェールズ州政府

編集協力:西オーストラリア州政府

89 95 97 113

留学までに知っておきたいこと 留学実現に必要な事前準備……………………90 出入国の手順と現地での生活術………………93

留学には、なぜ保険が必要なの? 留学サポート団体運営プログラム一覧表 奨学金情報

発行日:2017年2月1日 編集・発行:KBUNSHA(恵文社)   印刷・製本:奥村印刷株式会社 編集協力:オーストラリア大使館・ (総)領事館、オーストラリア政府観光局、クィーンズランド州政府、ビクトリア州政府、ニュー・サウス・ウェールズ州政府、西オーストラリア州政府 ◎本誌の無断複写(コピー) 、転載を禁じます。 ◎本誌の記事内容、料金や数字は、2017年1月現在の資料に基づき編集されています。 ★本誌の追加注文は、下記にご連絡ください。  KBUNSHA(恵文社)  E-mail:order@kbunsha.com Web:www.kbunsha.com


オーストラリアは留学生の受け入れと保護のために法律や義務を制定している世界的にも珍しい国です。 留学生にオーストラリア人学生と同等の教育を提供することを保証する ESOS 法と呼ばれる国家法や、 CRICOS という留学生を受け入れる教育機関に対して政府への登録を義務付ける制度を設けています。オー ストラリアが国を挙げて留学生を歓迎していることが伺えます。

ESOS法(Education Services for Overseas Students Act 2000) 留学生のための教育サービス法。留学生を受け入れるすべての教育機関に対して、教育の質と経営面に関する管理基準を設け、留学生に 高い質の教育と消費者保護を保証するための国家法。 CRICOS制度(Commonwealth Register of Institutions and Courses for Overseas Students) 留学生向け教育機関・コースの政府登録制度。ESOS法が定める教育の提供方法や、施設、学生向けサポートサービスなどに関する厳し い基準を満たした教育機関のみが登録できる。

02


世界トップレベルの教育の質 オーストラリアには 37 の国公立大学と 4 つの私立大学、海外大学の分 校が 2 校あります。ほとんどの大学が国公立で、どの大学に進んでも 政府による強力なサポート体制の下で勉強できる環境が整っています。 英国の国際的な大学評価機関QS Quacquarelli Symondsが発表する「世 界の大学ランキング 2016/17」では、オーストラリアの 6 つの大学が トップ 100 にランクインしています。この数はアメリカ、イギリスに 次いで 3 番目に多く、大学が全部で 43 校しかないオーストラリアの教 育水準の高さが世界的に評価されている表れといえます。

QS World University Rankings 2016/17 順位

大学

22

Australian National University

42

The University of Melbourne

46

The University of Sydney

49

The University of New South Wales

51

The University of Queensland

65

Monash University

他大学の研究者や企業からの評価、外国人教員比率、留 学生比率などが比較的重視されている。 【出典】QS Quacquarelli Symonds

Global Liveability Ranking 2016 順位

オーストラリアは世界で最も暮らしやすい国のひとつといわれていま す。世界各国の 140 以上の主要都市を安全性などの基準で評価した「世 界で最も住みやすい都市ランキング 2016」では、6 年連続でメルボル ンが1位に輝き、オーストラリア主要3都市がトップ10に入っています。 また、学生の生活環境・生活の質・就職環境・費用の 4 つから評価さ れる QS Quacquarelli Symonds の「学生にとって留学しやすい都市ラ ンキング 2016」でも、世界第 2 位にメルボルン、4 位にシドニーがラ ンクインしています。

オーストラリアに留学する学生ビザ取得者は、学期間中は 2 週間に 40 時間まで、休暇中はフルタイムで、国内のどこででも働くことが可能 です。また、Post-Study Work Visa により、オーストラリアの大学で

都市名

1

Melbourne

5

Adelaide

7

Perth

安定性、健康管理、文化・環境、教育、社会基盤の5分 野を基準にランキングされている。 【出典】The Economist Intelligence Unit

*Post-Study Work Visaによって許 可される在留期間は、取得した学位に より異なります。 - 学士号または修士号(コースワーク) :2年間

学位を取得したあと、オーストラリア国内で就労し、実務経験を積む

- 修士号(リサーチ) :3年間

ことができるようになりました*。

- 博士号:4年間

また、留学経験者の採用ニーズの高まりに伴い、オーストラリア国内 でも日系の就職セミナーやフェアが開催されています。企業による説

※詳細はDepartment of Immigration and Border Protection (www.immi.gov.au/students)を確認してください。

明会や採用面接が実施されており、日本に帰国前から、留学で身につ けたスキルや能力を生かした就職活動を行うことができます。

研修旅行先として人気 アジア太平洋地域に属し、アジアの一員としての意識が高いオースト ラリアは、英語圏の国の中で日本語を学ぶ人の数が一番多い親日国で す。日本の学校や大学の春・夏期休暇期間はオーストラリアの学期中 にあたるため、現地の生徒・学生と交流しながら学べる研修旅行が人 気です。また、時差が 1 ∼ 2 時間と少なく、日本との連絡が容易であ ることも危機管理の点から高く評価されています。

03


オーストラリア大使館主催

オーストラリア留学フェア 2017 オーストラリア大使館では、昨年に続き 2017 年も留学フェアを開催する予定です。 留学フェアには多くのオーストラリアの教育機関が参加し、ブースにて個別相談に応じます。 小・中・高校、語学学校、専門学校、大学、ワーキングホリデーなど、 あなたの目的に応じたオーストラリア留学を見つけてください!

オーストラリア留学フェアでできること

教育機関等と直接話ができる オーストラリアから来日した教育機関、 州政府、留学をサポートする団体などが ブースで個別に質問・相談に応じます。 直接会って話すことで、パンフレットや ウェブサイトではわからない情報が得ら れ、さまざまな不安を解消できます。

多彩なセミナーに参加できる オーストラリア留学の基礎情報や各都市 の紹介をはじめ、ワーキングホリデー、 留学キャリアアップや奨学金などさまざ まなテーマのセミナーに参加できます。 【2016 年実施セミナーの例】 15 分でわかる!オーストラリア留学、留学を支えてくれ る奨学金と教育ローン、プロと経験者から聞く!小中高 留学の魅力、大学・大学院留学のススメ、ワーホリや専 門学校に行くという選択、オーストラリア留学を就職・ キャリアに生かすには?

留学経験者の話が聞ける 留学フェアには、オーストラリア留学経 験者が参加しています。彼らが実際に体 験した多数のエピソードを聞いて、留学 に関するさまざまなギモンをぶつけてみ ましょう。

04


Q

まだ何も具体的に 決めていませんが、 参加してもよいですか?

Q

フェアに参加すると どういう情報が 得られますか?

Q

ブースでは 何を相談したら よいですか?

Q

日本語で 相談できますか?

Q

事前登録しないと 当日は 参加できませんか?

Q

自由に 入退場できますか?

A

はい、気軽に参加してください。「フェアに参加してみて、やりたいことが 見つかった」という方もいらっしゃいます。学校ブースや相談ブースで思い 切って相談してみましょう。もちろん参加費は無料です。

A

オーストラリア留学・ワーキングホリデーの最新情報を提供しています。 特に学校ブースでは、直接担当者に日本語で相談することができます。また、 オーストラリアでの生活なども相談してください。

A

学校ブースでは、ウェブサイトやパンフレットには載っていない最新情報 を直接学校関係者から聞くことができます。また不安に思っていることな ど、この機会にどんどん質問してみてください。

A

はい、日本語で気軽に相談できます。

A

当日はフェア、セミナー共に予約なしで、どなたでも参加することができ ます。事前登録をされると、さまざまな特典の対象となりますので、事前 登録をおすすめします。

A

はい、開催時間内に自由に入退場が可能です。セミナーは、ウェブサイト でスケジュールを確認して、 その時間に合わせてセミナー会場へ来場して ください。

10.7 <Sat> @ 東京都内にて開催予定 会場や参加校など、フェアの詳細はウェブサイトをチェック !

http://afuee.jp

オーストラリア大使館による「オーストラリア留学」の Facebook ページでは、オーストラリア留学に 関するさまざまな情報を発信しています。留学フェアの情報もチェックできます。

facebook.com/studyinaustralia.japan/

© Commonwealth of Australi a 2011. This work is copyright . Apar t from any use as permit ted unde r the Copyrigh t Act 1968, no part may be reproduced by any proces s withou t prio r writ ten permission from the Commonw ealt h, available through the Australia n Trade Commission . Reques ts and inquiries concernin g reproduc tion and rights shoul d be addressed to the Mark eting Mana ger, Austrade, GPO Box 5301 , Sydney NSW 2001 or by emai l to marketing-comms-helplin e@austrade .gov.au

05


STUDY IN AUSTRALIA

オーストラリア 留学経験者の 留学レポート

REINA ASADA 浅田 礼菜

さん

留学した州:クイーンズランド州 留学した学校:グリフィス大学 留学期間:2013 年 6 月∼ 2016 年 6 月 滞在方法:ホームステイ、シェアハウス

ツーリズムを学ぶために

生はグリフィス・カレッジに通うことに

しい機会でした。また、留学生のサポー

オーストラリアへ留学

なります。グリフィス・カレッジのクラ

トも万全で、私が特に利用したのは文法

海外旅行が好きな両親の影響で、幼い

スは留学生だけで構成されているため、

やスペルの添削です。ネイティブスピー

ころからさまざまな国を訪れていた私

授業は追いつけないほどのスピードでは

カーではないため、100%正しい文法で

は、英語を重点的に勉強するために国際

なく、無理なく勉強に取り組めます。グ

レポートやエッセイを書くことは難しい

科がある日本の高校に進みました。そん

リフィス大学に編入するためには、カ

です。課題提出の際には、なるべく受け

な環境の中、 「留学したい! 海外で働き

レッジでの単位数や履修が必須な教科な

るようにしていました。

たい!」という思いを持ったのは、当然

ど、細かな条件があるため、慎重に授業

の流れでした。オーストラリアを留学先

を選ぶ必要があります。授業の選択や単

グリフィス大学での経験を活かし、

に選んだ理由は、日本では勉強できない

位移籍について困ったことや心配があっ

エミレーツ航空へ

ツーリズムを学べる大学がたくさんある

た場合は、無料でカウンセリングが受け

私は国際観光学・ホテルマネージメント

からです。オーストラリアの産業の多く

られます。また、オーストラリアではそ

を勉強し、現在はエミレーツ航空で働い

は観光業が占めており、ツーリズムを学

の大らかな性格のせいか、円滑に手続き

ています。エミレーツ航空には160か

ぶには最適な国です。そのため、迷うこ

が進まないことが多いです。何事も早め

国から集まったスタッフが勤めており、

となくオーストラリアの大学への留学を

にやっておくことをおすすめします。

フライトごとに違うメンバーで働きま

決めました。

06

す。そのため、異なる文化に対しての理 グループワーク中心の授業で得た

解力、限られた時間でサービスを提供す

グリフィス・カレッジでディプロマ取得

人間的成長

るためのチーム力が求められます。この

➡グリフィス大学へ編入

オーストラリアの大学の授業では、コ

仕事ができているのはまさに大学のグ

まず、グリフィス大学に入るためには、

ミュニケーションスキルとチームワーク

ループワークで得たスキルのおかげで、

英語力はもちろん、オーストラリアの大

を必要とするグループワークがたくさん

オーストラリアの大学での経験がなかっ

学で学ぶためのスキルを身につける必要

あります。その経験は文化的リテラシー

たらエミレーツ航空で働くことはできな

があります。それらを学ぶために、留学

を高め、人間的に成長するためのすばら

かったと実感しています。


YOSHIKO SADAMOTO 定本 佳子

さん

留学した州:ビクトリア州➡クイーンズランド州 留学した学校:ラ・トローブ大学(学士課程 -Bachelor of Business) ➡サンシャイン・コースト大学(修士課程 -Graduate Diploma of Secondary Education) 留学期間:2008 年 6 月∼ 2016 年 6 月

グループ課題は

よって効果的な励まし方を学んだことで

オーストラリアの中学・高校で

自然な異文化交流の機会

す。なかなか日本では得られない、とて

日本語の教師として勤務

私にとって「留学」は長年の夢でした。

も貴重な経験じゃないかなと思います。

その夢を果たすために英語圏の国の中か

大学院卒業から帰国までの3か月間、 オーストラリアの中学1・2年生を教え

ら、天気も良く暖かくて平和なイメージ

大学院での 1 年間で

る日本語教師として働きました。その学

があり、広大な大地を誇るオーストラリ

ネイティブに引けをとらない教師に

校では日本語が必須科目だったため、生

アを選びました。渡豪してから8年経ち

大学院では、1年で教員免許を取得でき

徒の日本語に対する興味・関心を高め、

ますが、当時自分が思い描いていた現地

るコースに通いました。特定の分野の知

授業意欲を向上させることを目標に授業

のイメージと現在感じている雰囲気には

識(私の場合はビジネスと母国語の日本

をしていました。授業中は大学院時代に

あまり差がありません(笑) 。オースト

語)をもとに、その知識をどうやって生

習 得 し たBehaviour Managementが

ラリアでは、まず大学でマーケティング

徒に効果的に伝えるかを勉強しました。

非常に役に立ち、私より背が高く英語も

を専攻しました。移民大国であるオース

授業はコース終了後すぐに第一線で活躍

うまい生徒を前にのびのびと教えること

トラリアで受けたマーケティングの授業

できるように、生徒が授業を聞く環境づ

ができたのも、大学院で得た知識と経験

は、現在世界の国々で文化・国柄・人種

く り“Behaviour Management( 行 動

のおかげです。現在は永住権取得のため

によって形を変えて行われているさまざ

管理) ”に重点を置いていました。また、

に日本に帰国し、またオーストラリアで

まなマーケティングを取りあげる、とて

3分の1が教育実習で、授業で学んだこ

即戦力の教師となれるように教育方法に

もおもしろいものでした。クラスメイト

とを現場で再認識し、活用する機会があ

ついて勉強の最中です。留学を成功させ

も世界各国から集まっているので、グ

りました。私自身はオーストラリアの中

るには、私の経験では「実行力」が大き

ループで課題を進める際にも自然と異文

学・高校に通っていないので、現地の学

なカギでした。もし、今この体験記を読

化交流になり、各国の文化やビジネスマ

校の雰囲気に慣れ、英語を駆使しながら

んでいて留学するかどうかを決めかねて

ナーについて学ぶことができます。個人

ネイティブの先生に引けをとらない指導

いるようでしたら、とりあえず思い切っ

的におもしろかった経験は、グループの

法を取得できたことは、卒業後に働きだ

て自分の背中を押してみることをおすす

メンバーを叱咤激励するときに、国に

してから本当に助かりました。

めします。 07


©Roberto Seba

オーストラリアの国と州別基本情報

AU S T RA L I A 08

オーストラリアの国と州別基本情報


オーストラリア

オーストラリアの総面積は日本列島の 20 倍以上もあり、 ©James Fisher 2010

人口密度は 1 平方㎢あたりわずか 2 人です。 四方を海に囲まれており、東は太平洋、西はインド洋、南に南極海、 北東部の沿岸には「グレート・バリア・リーフ」と呼ばれる 大規模なサンゴ礁群が広がっています。 世界中の人々を魅了する壮大な自然に恵まれたオーストラリアは、 多数の文化が共存し、都市と大自然が同居する理想的な「生活大国」です。

©Roberto Seba

暮らしやすい気候や治安の良さ、充実した福祉制度など、 世界でも最高の生活環境が整っています。

DATA

正式国名:オーストラリア連邦(Commonwealth of Australia) 首都:キャンベラ 面積:約 774 万㎢ 総人口:約 2,400 万人(2017 年 1 月現在) 公用語:英語 首相:マルコム・ターンブル 通貨:オーストラリア・ドル(A$1 =約 85 円= 2017 年 1 月現在)

ダーウィン

ノーザンテリトリー

NORTHERN TERRITORY

クイーンズランド州

QUEENSLAND

西オーストラリア州

WESTERN AUSTRALIA

南オーストラリア州

SOUTH AUSTRALIA

©Roberto Seba

ブリスベン

ニュー・サウス・ウェールズ州 ●

パース

NEW SOUTH WALES

アデレード

シドニー

キャンベラ(ACT) ビクトリア州

VICTORIA ●

メルボルン

タスマニア州

TASMANIA

ホバート

編集協力・写真提供:オーストラリア政府観光局

09


オーストラリアの経済・文化の中心地シドニーを拠点に、

州面積

約 80 万 600㎢

繁栄と進化を続けているニュー・サウス・ウェールズ州。

州人口

約 762 万人

近代的な大都市と美しい自然が見事に共存しており、

時差

+1 時間(夏時間採用時 +2 時間)

観光地としても、暮らす場所としても魅力的な州です。

気候

温帯性気候に属し、四季があり、天候も比較的穏やか。 春は暖かで、秋には紅葉、冬には山でスキーができる

シドニー シドニーといえば、オーストラリアのシン ボルとしても有名で2007年に世界遺産に 登録されたシドニー・オペラ・ハウス。シ ドニー交響楽団やオペラ・オーストラリ ア、オーストラリアン・バレエが本拠地と しているこのオペラ・ハウスは、14年の 歳月を経て1973年に完成しました。ハー バー・ブリッジと共に見る景色は、まさに 見事のひと言に尽きます。ボンダイ・ビー チではサーフィンのレッスンを受けられ、 クージーの穏やかな海で泳いでみるのも楽 しみのひとつ。あるいは静かで落ち着いた ロックスの石畳の小道をゆっくり歩き、パ ディントン名物のマーケットや、ブティッ ク、 カフェやパブめぐりを楽しみましょう。

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 世界遺産グレーター・ブルー・マウンテンズ一帯は、必見の観光 スポットです。シドニーから車で約1時間30分の距離で、オー ストラリア特有の大自然に触れることができます。ブルー・マウ ンテンズを代表するスリー・シスターズと呼ばれている3つの奇 岩やブッシュ・ウォーキングの後に見られる景色は他のどの場所 にもない魅力です。

©Tourism Australia

オーストラリア・ゴンドワナ多雨林

バイロン・ ベイ

ウィランドラ 湖群地域

キャンベラ

1 0

オーストラリアの国と州別基本情報

オーストラリアのサーフィン文化が根付いているバ イロン・ベイでは、マリンスポーツをはじめとした

シドニー

グレーター・ ブルー・マウンテンズ 地域

ビーチが果てしなく続く東海岸一帯はノース・コー ストと呼ばれ、 人気のリゾート地帯となっています。

ニュー・サウス・ウェールズ州 New South Wales

ノース・コースト

ロード・ハウ 諸島

多様なアクティビティを体験できます。


日本人旅行者が最も多く足を運ぶクイーンズランド州。

州面積

約 170 万㎢

2 つの世界遺産に挟まれたケアンズと

州人口

約 478 万人

ビーチが続くゴールド・コーストが 2 大人気エリアで、

時差

+1 時間

世界的に希少な動植物との出会いも魅力です。

気候

北部は熱帯性気候で冬の6∼8月でも半袖で過ごせる。 南部は亜熱帯性気候で年間を通じて温暖

ブリスベン クイーンズランド州最大の都市ブリスベ ン。 街の中心をブリスベン川が流れており、 公園や街路樹などの緑も多く、都市の中で も自然が感じられます。ブリスベンには歴 史的建造物と近代的な建物が混在してお り、街のどこにいても新しい風景を見つけ ることができます。ブリスベンの楽しみ方 はさまざまで、緑豊かな川沿いのガーデン でのんびりした後は、 マーケットを散策し、 ラグーンでのスイミングが楽しめます。ブ リスベン植物園ではサイクリング、カンガ ルー・ポイントではロープを使って崖を降 りるアブセイリングに挑戦。ボートのメッ カであるモートン島では、楽しいアクティ ©Tourism Australia

ビティが満載です。

ケアンズ ケアンズは、世界遺産である「グレート・バリア・リーフ」への 玄関口です。温暖な熱帯海域でシュノーケリングやダイビングを すると、虹色のサンゴ礁やさまざまな海洋生物が出迎えてくれま す。南北2,000㎞以上にもおよぶグレート・バリア・リーフはダ イバーたちの憧れの地で、世界中から数多くの人々がその美しさ を求めて集まっています。

クイーンズランド 湿潤熱帯地域

歩くと「キュッ」と心地よい音がする鳴き砂です。

タウンズビル

クイーンズランド州 Queensland

オーストラリア・ ゴンドワナ多雨林

ゴールド・コーストのシンボルは、42㎞に渡って 続くビーチです。ビーチの白い砂はパウダー状で、

ケアンズ 哺乳類 化石地域 (リバースレー)

ゴールド・コースト

サーファーズ・パラダイスでは、朝のビーチウォー クがアクティビティとして人気を集めています。

サンシャイン・コースト ブリスベン ゴールド・コースト

1 1


トリア州 コンパクトなエリアに多彩なアトラクションが

州面積

約 22 万 7,400㎢

凝縮されているビクトリア州。

州人口

約 594 万人

クラシックな石造りの建物とモダンな高層ビルが

時差

+1 時間(夏時間採用時 +2 時間)

バランスよく並び、スタイリッシュな雰囲気があります。

気候

温帯性気候に属し、四季がある温暖な気候ながら、天気 が変わりやすいため「1日の中に四季がある」といわれる

メルボルン ポート・フィリップ・ベイを望むヤラ川沿 いに位置しているメルボルンは、スタイ リッシュで活気に満ちた都市。名物でもあ る迷路のような路地には、おしゃれなカ フェをはじめ、高級感溢れるバーやレスト ラン、ブティックがあり、街を歩いている だけで心が踊ります。フェデレーション・ スクエアに行けば、美術館や博物館、レス トランなどの施設があり、そのときの気分 によって楽しむことができます。ブランズ ウィック・ストリートやブティックが並ぶ チャペル・ストリートでは、ショッピング が楽しめます。スポーツ好きならメルボル ン・クリケット・グランドに行き、 オージー・ ©Roberto Seba

フットボール観戦で声援を送りましょう。

ヤラ・バレー メルボルンから車で約1時間走ると、食とワインの中心地ヤラ・ グレンにあるヤラ・バレーがあります。ビクトリア州には約850 のワイナリーがあり、350種以上のワインが生産されています。 なかでも、ヤラ・バレーのワイナリーは必ず訪れたい場所です。 ここにはダンデノン丘陵国立公園があり、森林を抜けるトレッキ ングもできます。

グレート・オーシャン・ロード クランピアンズ 国立公園

グレート・オーシャン・ロードは、メルボルンの南 西部を走る全長約260㎞の海岸線道路で、変化に

ビクトリア州

富んだ大自然に思わず魅せられます。ポートキャン ベルの近くで見られる“12使徒”と呼ばれる奇岩群

Victoria ヤラ・バレー/ ダノンデン丘陵

メルボルン

には感動を覚えるはずです。

モーニントン 半島 グレート・オーシャン・ロード

フィリップ島 ©Tourism Australia

1 2

オーストラリアの国と州別基本情報


ア州

人間の手が加えられていない太古の大自然が

州面積

約 6 万 8,400㎢

現代も息づいている森と水の楽園タスマニア州。

州人口

約 51 万人

世界で最も空気の澄んだ場所といわれるタスマニアの

時差

+1 時間(夏時間採用時 +2 時間)

雄大な自然とユニークな動植物は、だれをも虜にします。

気候

温帯の海洋性気候で四季がはっきりしている。夏は暑 くなく快適で、冬は氷点下になることはほとんどない

ホバート ジョージア王朝時代の歴史ある建造物が建 ち並ぶタスマニア州の州都ホバートは「世 界で最も美しい港街」といわれています。 ダーウェント川でクルーズやカヤックを楽 しみ、 サラマンカ広場でコーヒーを味わい、 リバーフロントの石畳の通りに歴史を感じ れば、この街の人たちがなぜリラックスし ているのかが理解できます。ウェリントン 山頂からは、 ホバートの街並み、 ブルーニー 島、サウス・アーム、タスマン半島などを 一望でき、南に広がる世界遺産地域までも が見渡せます。ホバートから車で30分の 町リッチモンドでは、オーストラリア最古 の橋や牢獄を見物でき、地元のギャラリー でアート作品を探すのも魅力的。

フレシネ国立公園 タスマニア州の30%以上は国立公園や自然保護区になっており、 全体の面積の約5分の1が原生地域として世界遺産に登録されて います。なかでも、タスマニア州屈指の景勝地であるフレシネ国 立公園は、ピンク色の花崗岩で構成された山々が連なる半島にあ ります。絵はがきのようなワイングラス・ベイでは、スキューバ・ ダイビングやシュノーケリングなどが楽しめます。

クレイドル・マウンテン国立公園

クレイドル ・マウンテン国立公園

鏡のように澄み切ったダブ湖に映るクレイドル・マ

デボンポート

ウンテンは、世界遺産に指定された高原地帯にそび え、現代から太古の時代にタイムスリップしたよう

ロンセストン フレシネ国立公園

ストローン

ります。こ の景観を見 るために、

タスマニア原生地域

タスマニア州 Tasmania

な錯覚に陥

ホバート

ポ−ト・アーサー

毎年多くの 人が世界中 から集まっ ています。

©Tourism Australia

1 3


オーストラリア州 ワインカントリーとして近年注目を浴びており、

州面積

約 98 万 3,500㎢

ワイルドライフと美食の楽園南オーストラリア州。

州人口

約 170 万人

訪れた人をいつまでも飽きさせない

時差

+30 分(夏時間採用時 +1 時間 30 分)

数多くの魅力的な要素を兼ね備えています。

気候

南部は温帯性気候で四季がはっきりしている。アデレー ド周辺は、夏は湿度が低く冬は温暖で湿潤

アデレード 州都アデレードは、街全体が公園と緑に囲 まれており、ゆっくりとした時間が過ごせ る理想郷といわれています。徒歩で回れる ほどの適度な広さの街で、多彩なレストラ ンや美しい公園、ワイナリーなどがコンパ クトに集まっています。アデレードは芸術 の街としても知られており、ノーステラス には美術館や博物館、図書館などが建ち並 んでいます。また、 「グルメ・ストリート」 と呼ばれるスポットで美食三昧に明けくれ たり、市内に広がる公園でピクニックをし たり、ランドル・モールでショッピングを 楽しんだり、アデレード・セントラル・マー ケットで地元の特産物を味見して回るな ど、楽しみが満載の街です。

バロッサ アデレードから車で約1時間の場所にあるバロッサ・バレーには、 ヤルンバやセペルツ、ペンフォールズ、トゥー・ハンズなど、世 界的にその名が知られているワイナリーがあります。バロッサで のいちばんの楽しみ方は、ユーカリの木の下で地元産のワインを 飲みながら、のんびりと時間をかけておいしいランチを楽しむこ とでしょう。

カンガルー島

南オーストラリア州

カンガルー島では、その名の通りカンガルーはもち

South Australia

ろん、アシカやコアラ、ワラビーなど、多数の野生 動物に出会うことができます。いちばんの景勝地は

バロッサ

「リマーカ ブル・ロッ

エアー半島

クス」です。

アデレード カンガルー島

風雨に浸食 グレネルグ

哺乳類化石地域 (ナラコート)

1 4

オーストラリアの国と州別基本情報

された巨大 な奇岩の姿 に圧倒され ます。


オーストラリア州 近代的な国際都市パースを中心に、

州面積

約 253 万㎢

広大な大地に多彩な表情を見せる西オーストラリア州。

州人口

約 259 万人

洗練された街では快適な時間を送れると共に、

時差

− 1 時間

地球の神秘が各所に点在しています。

気候

大陸の3分の1を占める州であり、地域により気候が異 なる。温暖な南部は天気が良く気候も穏やか

パース 太陽が降り注ぎ、美しい自然とくつろぎの 時間が楽しめる州都パース。南を流れるス ワン・リバー沿いに公園や高層ビル群を眺 めながら歩いているだけでも、パースらし い時間の過ごし方ができます。中心部にあ るモールではショッピングを存分に楽し め、カフェやレストランなどの選択肢の多 さも魅力的です。歴史ある港町フリーマン トルは、毎日がフェスティバルのような雰 囲気があり、新鮮なシーフードを味わうこ とができます。パースを一望できるキング ス・パークは見事な眺望はもちろん、オー ストラリア固有のワイルドフラワーが見ら れ、美しいガーデンやアボリジニの史跡な ど、見どころが満載です。

ピナクルズ パースから海岸線を北に車で約3時間のところに位置するナンブ ング国立公園には、 “荒野の墓標”と呼ばれる砂漠の奇岩群ピナ クルズがあります。石灰岩や植物が堆積・浸食を繰り返してでき た大小さまざまの奇岩は、神秘的な光景をつくり出します。ピナ クルズは時間と共にその表情を変えていき、特に夕日に染まる姿 は必見です。

シャーク湾 ブルーム

パヌルル国立公園

パースの北、インド洋に突き出たシャーク湾は、豊 かな海洋生物の宝庫として世界遺産に登録されてい ます。110㎞に渡り真っ白な貝殻で埋め尽くされた

エクスマウス

シェル・ビーチは4,000年以上も前から貝殻が堆 シャーク湾

西オーストラリア州

積し始め、10mもの深さに到達したといいます。

Western Australia ピナクルズ

パース

フリーマントル

マーガレット・リバー

1 5


リトリー

先住民アボリジニの聖地であり、

州面積

約 135 万㎢

荒々しいまでの自然が横たわるノーザンテリトリー。

州人口

約 24 万人

貴重な野生生物や目を見張るアウトバックなど、 「冒険の地」の名にふさわしい魅力が溢れています。

時差

+30 分

気候

北部は熱帯性気候で、気候は常に温暖。ウルルなどの 南部は砂漠性気候で、独特の四季が存在する

ダーウィン 暖かく過ごしやすい気候に包まれたダー ウィンは異国情緒に溢れ、エネルギーに満 ちた街です。この街の楽しみはマーケット や公園、海岸、船上など、アウトドアで繰 り広げられます。多彩な食べ物や屋外フェ スティバルなど、多国籍な雰囲気を満喫し ましょう。カレン・ベイ・マリーナのハー バーサイドでは、ディナーや湾内クルーズ を楽しむことができます。ダーウィンの港 ではサンセットを眺めながらのセイリン グ、 ワニの横を通るスリル満点のクルーズ、 ブッシュウォーキングなども楽しめます。 リッチフィールド国立公園の透明な滝壺で 泳いだり、ティウィ諸島の変化に富んだコ ミュニティを訪ねるのもおすすめです。

ウルル ‐ カタ・ジュタ国立公園 オーストラリアの代名詞ともいえる世界遺産ウルル(エアーズ・ ロック)は、広大な砂漠地帯に突如としてその姿を現します。一 枚岩でありながら348mもの高さを誇り、光と天候によってさ まざまな色彩を見せてくれます。また、はるか昔に崩壊し、大小 さまざまな奇岩が並ぶカタ・ジュタの美しさは、思わず息をのむ ほどです。

ダーウィン

カカドゥ国立公園

キャサリン渓谷

カカドゥ国立公園 北部に大湿原が広がり、南部に深い渓谷が点在す る世界遺産カカドゥ国立公園。280種類にもおよ ぶ野鳥の楽園として知られ、貴重な野生動物も生 息しています。5,000ものアボリジニの史跡がこの

ノーザンテリトリー Northern Territory アリス・スプリングス

場所で見つ かり、シェ ルターや石 器、ロック・ アートなど

ウルル‐ カタ・ジュタ国立公園

1 6

オーストラリアの国と州別基本情報

が出土しま した。


教育制度と留学手順 小・中・高校留学 英語学校留学

オーストラリア 留 学 の す べ て

専門学校留学

オーストラリアの教育制度 …………………………… 18 小・中・高校留学 ……………………………………… 20 英語学校留学 …………………………………………… 24

大学・大学院留学

専門学校留学 …………………………………………… 28 大学・大学院留学 ……………………………………… 32 人気の留学分野 ………………………………………… 36 ワーキングホリデー …………………………………… 38 教育旅行 ………………………………………………… 40

人気の留学分野 ワーキングホリデー 教育旅行

1 7


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

オーストラリアの教育制度

小・中・高校留学

オーストラリアの教育制度

英語学校留学 専門学校留学

 オーストラリアは、高い就学率や中等教育の修了率を誇る

するプログラムやサービスなどの質を高い水準で維持・保証

国として世界的に知られている。オーストラリア政府は常に

するシステムを整備している。オーストラリアの大学は法律

変化している社会環境や経済動向に対応できるように、学校

上は自主的な組織としての独立運営だが、大学システム自体

や職業訓練機関のカリキュラムの改善を続け、教育制度の向

は、連邦政府、州政府および大学管理理事会などが管理して

上に努めている。

いる。

 また、 その教育システムは国際的にも注目されており、 オー

 オーストラリアには、高校や高等教育機関で取得した単位

ストラリア政府は多くの海外諸国の教育計画や開発への協力

や学位・資格が全国的に互換・認定できるAQF(Australian

を積極的に行っている。

Qualifications Framework)というシステムがある。AQF

 日本の場合は文部科学省が全国の学校教育を管轄している

によって、すでに取得した単位や学位、資格が希望する学校

が、オーストラリアでは連邦政府が教育政策全般を統括し、

やコース、レベルに認定されれば、フレキシブルに編入学や

各州に教育を担当する行政部を設置している。そのため、初

進学ができる(右ページ参照) 。

等・中等(小・中・高) 、専門学校の教育制度は州によって 異なる。また、義務教育は15歳(タスマニア州は16歳)で

大学・大学院留学

修了する。オーストラリアの学校では、Year 6(6年生) 、 Year 12(12年生=日本の高校3年生)というように、学年 を“Year”と呼ぶ。  オーストラリアの高等教育機関は、それぞれの学校が提供

人気の留学分野

国を挙げて留学生の受け入れ体制を整備

ワーキングホリデー

 オーストラリアは留学生を受け入れる国として、ESOS

関で学ぶ外国籍の学生数は、約54万人にものぼっている。

法*と呼ばれる国家法やCRICOS制度**という教育機関の

 オーストラリア政府は留学生に対し、OSHC(Overseas

政府登録義務を設けている。留学生の受け入れと保護のため

Student Health Cover)と呼ばれる留学生健康保険に入る

に法律や義務を制定している国は世界的にも珍しく、この点

ことを義務付けている。オーストラリアの教育機関は、特定

からもオーストラリアが国を挙げて留学生を歓迎しているこ

のOSHC保険会社を優先指定している。学生ビザで渡豪す

とがうかがえる。日本からの留学生を含め、毎年多くの学生

る留学生は、教育機関が指定する保険会社のOSHCに加入

がオーストラリアに留学しており、オーストラリアの教育機

しなければならない。

*ESOS法(Education Services for Overseas Students Act) 留学生のための教育サービス法。留学生にオーストラリア人学生と同等の教育を提供することを保証するための国家法。 教育旅行

**CRICOS制度(Commonwealth Register of Institutions and Courses for Overseas Students) 留学生向け教育機関・コースの連邦政府登録制度。留学生を受け入れるすべての教育機関に、政府登録が義務付けられている。オース トラリアに留学する場合は、志望校がCRICOS登録校かどうか事前に確認しよう(学生ビザはCRICOS登録校でなければ申請できな い) 。

1 8


教育制度と留学手順

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■  オーストラリア高等教育の柔軟な進路 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ オーストラリアではAQF(Australian Qualifications Framework)によって、取得した単位や学位、資格が認定さ れれば、同等の学位・資格のレベルに柔軟に編入学することが可能。

Senior Secondary Education (Year11-12)

小・中・高校留学

専門学校で得られる学位・資格 Certificate Ⅰ - Ⅱ

Certificate Ⅲ

Diploma

Advanced Diploma

Advanced Diploma

Bachelor Degree

専門学校留学

Bachelor Degree

Graduate Certificate

Vocational Graduate Certificate

Graduate Diploma

Vocational Graduate Diploma

Honors Degree 大学・大学院留学

大学・大学院で得られる学位・資格

Associate Degree

Diploma

英語学校留学

Certificate Ⅳ

Masters Degree

Doctoral Degree

オーストラリアの専門学校、大学・大学院で得られる学位・資 格の詳細はそれぞれのページで確認すること。 「専門学校留学」 は28ページ、 「大学・大学院留学」は32ページを参照。

人気の留学分野

「留学サポート団体」について 「留学したい!」と考えても、どの学校や地域が自分に合っているのかがわから

ワーキングホリデー

ないし、さまざまな手続きも意外に大変。英語がわからないと正確な情報が得ら れないし、 「本当にこれでいいのかな」と不安になる。こうした状況を手助けし てくれるのが「留学サポート団体」 。留学サポート団体には留学の専門家である カウンセラーがいて、さまざまな情報を提供してくれる。せっかく「留学」とい う大きなチャンスなのだから、現地に行って困ることのないようにカウンセラー と相談をしながら自分に合ったプランをつくろう。団体によってサービスの内容 や種類はさまざまだが、おもに提供されているサービスは以下の通り。 カウンセリング 目的、予算、希望する地域に合わせた学校探し

教育旅行

パスポート、ビザ、航空券手配などの渡航手続きサポート 入学、滞在先手配などの書類作成サポート  渡航前のオリエンテーション         生活・進路に関する相談 渡航中のトラブルへの対応          渡航後の進路相談、就職相談

1 9


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

小・中・高校留学

小・中・高校留学

オーストラリアの小・中・高校の種類と特色

英語学校留学

 オーストラリアの小・中・高校の約7割を占める州立校は、

 学校や地域のコミュニティには、学習センターや芸術・ス

ほとんどが共学。私立校の場合、 約3分の1は男女別学となっ

ポーツ施設などが整備されており、他校や地域コミュニティ

ている。州立校は基本的に無宗教だが、私立校の場合はキリ

が協力して、さまざまな文化、スポーツ活動が行われている。

スト教などの宗教系の学校が数多く存在する。それぞれの学

また、学期中には、スポーツデー、社会見学、遠足、キャン

校が生徒の個性を伸ばす特色ある教育を推進しており、音楽

プなど、さまざまな行事があるが、学期と学期の間の休みに

やスポーツなどのコースを併設する学校も増えている。

は基本的に学校行事はなく、宿題も登校日もないので自由に 過ごすことができる。

クラスの生徒数は平均20∼30人で、授業は通常約15分

専門学校留学

間のホームルームのあと、午前9時ごろに始まり、午後3時

 オーストラリアの学校は4学期制(タスマニアのみ3学期

∼3時半ごろに終わる。放課後のクラブ活動や掃除などはな

制)で、完全週休2日制。新学期は1月末(または2月初旬)

く、スポーツや習い事をしたり、友だちや家族と自由に過ご

から始まり、12月中旬ごろに終了する。各学期は約10週間

す。ただし、宿題などの課題が出される場合もある。特に進

で学期と学期の間に2∼3週間の休みがあり、12月∼1月

学を目指す11、12年生は、放課後も勉強に励むことになる。

にかけて約6週間の夏休みがある。

大学・大学院留学

学校教育のシステム  オーストラリアの初等・中等教育(小学校∼高校)は12年制で、各州によっ て管轄されている。一般的には、1年間の準備学級(Preparatory Year)を 経て、 1年生∼6年生(または7年生)までが小学校(初等教育)とされている。

人気の留学分野

中等教育は基本的に中高一貫のシステムで、7年生(または8年生)から始ま る。また、義務教育は6歳∼15歳(タスマニアのみ16歳)までと決められ ており、通常は10年生で修了する。

ワーキングホリデー

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■  オーストラリアの学年制度 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

オーストラリア の学校

Year 1 教育旅行

年齢 日本の学校

20

2 7

3 8

4 9 小学校

5 10

Senior Secondary School

Junior Secondary School

Primary School

6 11

7 12

8 13

9 14

中学校

10 15

11 16

12 17

高校

18


教育制度と留学手順

オーストラリアの小学校に留学

熟度などを十分に考慮したうえで在籍する学年を決定し、各

富む伸びやかなオーストラリアの教育環境で、子どもたちは

自の得意科目を伸ばし、同時に苦手科目を補強する教育を実

豊かな人間性と確かな基礎学力を身に付け、学ぶ楽しみを知

践している。また、年々変化していく情報化社会に適応でき

ることができる。

る能力を身に付けられるように、小学校低学年からパソコン

 州によって異なるが、 オーストラリアの小学校では国語 (英

を使ったIT教育が積極的に行われている。

語) 、算数、理科、技術、社会研究・環境、保健体育、芸術、

 オーストラリアの小学校は 「教科書に頼らない」 教育を行っ

外国語の8科目が必修科目に指定されている。

ており、それぞれの教師が自由に教材を選び、カリキュラム

 外国語では、フランス語や中国語など、さまざまな言語を

を設定している。また、 「覚えること」よりも「考えること」

選択することができる。特に日本語の人気は高いため、多く

を教育の主体とし、ディスカッションやプレゼンテーション

の学校で取り入れられている。また、社会研究・環境、理科

などを通じて、一人ひとりの生徒が自分の意見を持ち、発言

などは、課外授業を積極的に採用している。

英語学校留学

する力をつけられる授業が行われている。こうした柔軟性に

小・中・高校留学

オーストラリアの小学校では、生徒一人ひとりの適正や習

【入学条件】 専門学校留学

州や学校によっては、入学の際に日本の学校の成績証明書や推薦状を求められる場合もある。州立校の場合は、基本的に保護者の同行や 血縁のガーディアン(保護責任者)指定が義務付けられる。入学条件は州や学校によって異なるので、志望校に確認すること。 【英語力のトレーニング】 小学校では英語を母語としない生徒に対して担任教師が英語のサポートを行うほか、多くの学校が補習英語クラスを実施している。この クラスは通常の授業を受けながら参加できるようになっており、読み書きや会話をはじめ、授業に対応する英語力を身に付けられるよう に、専門の教師がサポートしてくれる。通常、高学年の場合は入学前に集中英語コースで十分な英語力を身に付けたあと、サポートを受

大学・大学院留学

けながら一般の授業に参加する。 【学生ガーディアン(保護責任者)ビザについて】 18歳以下の未成年の生徒が留学する場合、同行する父母などの保護者に対しては「学生ガーディアン(保護責任者)ビザ」が適用される。 このビザでは、保護者も滞在中に3か月以内の就学ができる。ただし就労は不可。詳細はオーストラリア大使館ビザ査証課のウェブサイ ト(www.australia.or.jp/visa/immigration/student.php)で確認すること。

人気の留学分野

州立小学校の留学生受け入れ状況と保護者同行の条件 * 州

受け入れ状況

保護者同行の条件 親

クイーンズランド州

全学年可

親、血縁関係のある親戚

ビクトリア州

全学年可

親、移民局が認定する親戚

南オーストラリア州

全学年可

親、血縁関係のある親戚

西オーストラリア州

全学年可

親、血縁関係のある親戚

首都特別地域(ACT)

全学年可

ガーディアンビザ保持者

タスマニア州

全学年可

ガーディアンビザ保持者

ノーザン・テリトリー

全学年可

条件なし

教育旅行

全学年可

ワーキングホリデー

ニュー・サウス・ウェールズ州

*私立校の場合、小学生の受け入れはそれぞれの学校が決めているので、 受け入れや条件については直接学校に問い合わせること。

21


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

オーストラリアの中学・高校に留学  オーストラリアの中学・高校では、生徒のスキルや興味を優先するために、 【入学条件】

小・中・高校留学

多彩な科目が取り入れられている。学習科目には、国語(英語) 、数学、社会、

中学・高校への入学条件は、学業成績と

科学、環境学、外国語、コンピューター、保健体育、技術、家庭科、音楽、

英語力が必要。学業成績は、通常5段階 評価の平均3以上が必要。英語力が十分

芸術、演劇などがある。また、多文化国家オーストラリアでは外国語教育が

でない場合は、学校の指示に従って英語

盛んで、さまざまな言語が教えられており、なかでも日本語は人気が高い。

の補習コースで勉強することになる。

将来のキャリア・就職をふまえた実用的な科目も多く、希望に応じてワーク・

【英語力のトレーニング】

エクスペリエンス(職業実習)の機会も用意されている。

通常、一般クラスに入る前に学校付属の

英語学校留学

高学年になると生徒の希望に合わせた選択科目が中心になり、12年生で

英語コース、または学校に指定された英

は科目の取り方によっては図書館などで自主的に勉強する自習時間が増え

語学校の進学・編入学準備コースでト レーニングを受ける。このコースは集中

る。なかには専門学校と協力・連携している学校も多く、在学中に11年生

的に英語力を高め、学校生活に対応でき

または12年生で専門学校の資格であるCertificateⅠ、あるいはⅡの取得も

るようにさまざまな指導が行われる。期 間は英語力によって異なるが、およそ半

可能。

年から1年程度で、次の学期の初めから

 オーストラリアには日本のような形式の大学受験制度はないが、進学希

編入する。また、一般クラス編入後も、

専門学校留学

望者は12年生修了前に各州の「統一高等学校資格試験」を受ける。その試験

英語のトレーニングやサポートが受けら れる。

で高校修了資格を得たうえで、点数に応じて希望の教育機関に進む。また、 オーストラリア以外の大学に進学を考える生徒を対象にした国際バカロレア (International Baccalaureate)コースを実施している学校もある*。 *世界120以上の国々で認められている国際的な大学進学資格のこと。

大学・大学院留学

日本の夏休み期間を活用したターム留学

人気の留学分野

  「1年以上の長期留学は難しい、でも短期留学では物足り

みにかかる期間なので、日本での学業の遅れを最小限にとど

ない」という人におすすめなのが、オーストラリアの1学期

め、10週間たっぷりとオーストラリアでの中学・高校生活

(ターム)留学。オーストラリアは4学期制を採用しており、

を体験することができる。最近では、留学期間中にオースト

1タームは約10週間で、ターム開始日は1月、4月、7月、

ラリアの学校で取得した単位を認定する日本の学校も増えて

10月。特に7月に開始するターム3は、日本の学校の夏休

きている。

日本とオーストラリアの学期編成(クイーンズランド州立学校 2017-2018 年のスケジュール) ワーキングホリデー

4月

日本

教育旅行

オーストラリア

5月

6月

1 学期

7月

8月

9月

夏休み

10 月

11 月

12 月

1月

2 学期

ターム2

ターム3

ターム 4

4 月 18 日 - 6 月 23 日

7 月 10 日 - 9 月 15 日

10 月 3 日 - 12 月 8 日

2月

3月

3 学期

ターム1 夏休み

1 月 22 日 - 3 月 29 日

※ターム期間は年によっても変動があり、州や学校によっても異なります。

22


留学の準備から出発までのステップ ● ● ● ● ●

プランニングと情報収集

小・中・高校留学

1年半~1年前

教育制度と留学手順

●●●●● 

オーストラリア政府の教育関連公式ウェブサイト Study in Australia(www.studyinaustralia.gov.au/japan) にアクセスして留学に必要な情報を集め、留学のプランを設定する。留学手続きを自分でするか、留学サポー ト団体に依頼するかを決める。留学サポート団体については 19 ページを参照。手続きを留学サポート団体 に依頼する人は、複数の団体の資料を取り寄せ、内容を比較して慎重に選ぶこと(97 ページ∼参照)。

学校の選択 英語学校留学

学校のタイプ、希望のコース、コース期間、費用などを考えて選ぶ。学校は必ず政府登録(CRICOS = 18 ペー ジ参照)校を選ぶこと。 授業料の目安:小・中・高校留学(年間 A$9,000 ∼ A$30,000) 小・中・高校の情報収集に役立つウェブサイト ▪政府登録校の情報(http://cricos.deewr.gov.au) ▪学校・コースの検索(www.studyinaustralia.gov.au/japan)

専門学校留学

出願 希望する学校の願書などの提出書類を入手する。ほとんどの学校のウェブサイトで、資料や願書の入手が できる。入学手続きは、留学先が州立校の場合はその州の教育省に、私立校の場合は志望校に直接申し込む。

大学・大学院留学

1年~半年前

送付する書類は、コピーをとっておくこと。

滞在先手配 保護者が同行する場合は、アパートや家を借りるケースが多い。生徒だけが留学する場合は、州立校では ホームステイ、私立校では寮またはホームステイが一般的。滞在先については、留学先の学校が責任をもっ

人気の留学分野

て手配してくれる。

ガーディアン 18 歳未満の生徒が留学する場合、オーストラリアに住むガーディアンの指定が必要。知り合いがいない場 合は、学校が手配することも可能。ガーディアンとは、生徒と定期的に接し、学校やホームステイ先、保 護者の連絡役を務め、面談や行事などに出席する保護責任者のこと。また、保護者が同行する場合には「学

ワーキングホリデー

生ガーディアンビザ」が適用される(1 名)。このビザを取得すると、同行者も英語コース(ELICOS)を週 20 時間まで、また英語コース以外のコースでは最長 3 か月まで修学することができる。

ビザの申請 オーストラリアの小・中・高校に 3 か月以上留学する場合には、学生ビザ(サブクラス 500)が必要。ビザ について、詳しくは 44 ページを参照。

教育旅行

5 か 月 ~ 2か 月 前

渡航準備 パスポートや航空券、クレジットカードなどの渡航準備については、89 ページ∼を参照。

23


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

英語学校留学

小・中・高校留学

オーストラリアの英語学校の種類と特色

英語学校留学

 英語が母語であると同時に、多くの移民や留学生に英語教

 オーストラリアの英語学校は、 「私立の英語学校」と「大学

育を施してきた伝統と実績を持つオーストラリア。専門的で

付属・専門学校付属」の大きくふたつの種類に分けられる。

優れた英語教育は、世界的にも高く評価されている。また、

一般的に、私立の英語学校はコースの内容や期間などを比較

オーストラリアの英語はソフトで親しみやすく、ほかの国に

的フレキシブルに設定でき、短期留学や観光留学に適してい

見られるような地域的な違いがほとんどないため、どこでも

る。大学・専門学校付属の英語学校は、進学を希望する学生 に向いている。

「標準英語」が学べる。

専門学校留学

 一般的に、英語コースはELICOS(English Language

 留学生を受け入れる英語学校は、下記の連邦政府や専門機

Intensive Course for Overseas Students)と呼ばれてい

関によって登録・認定が義務付けられている。登録・認定さ

る。オーストラリア全土の主要都市と地方都市をすべて合わ

れている学校は、定期的にカリキュラム内容や教材、指導方

せると、190を超える教育機関で英語コースが実施されて

法、設備などのチェックを受けており、質が高く安心して留

いる。多くの英語学校がその地域の専門学校や大学などと提

学できる。

携しており、進学や編入がスムーズにできるシステムを整え ている。

大学・大学院留学

 また、最新の技術を駆使したランゲージ・ラボ(LL教室) やオーディオ設備、コンピューター・ルーム、図書館など、 施設も充実している。学生に対するサービスも行き届いてお り、さまざまなニーズに応えられるように多様なコースが実 施されている。

人気の留学分野

オーストラリア英語学校認定・登録団体

教育機関の連邦政府登録制度(CRICOS)

ワーキングホリデー

学生ビザで渡豪する留学生を受け入れる学校やコースは、 すべて政府登録を義務付けられている。登録校は、政府が 定めた基準を満たしている。本誌に掲載されている学校 (69 ページ∼)はすべて政府登録されており、CRICOS ナ ンバーを取得している。

教育旅行

24

全国英語学校認定機構(NEAS) NEAS はオーストラリア全国規模の英語学校認定制度とし て、教師の資格、カリキュラム、学校設備、料金などに関 する厳しい規定を定めている。

http://cricos.deewr.gov.au

www.neas.org.au

イングリッシュ・オーストラリア

オーストラリア大学付属英語学校協会(UECA)

イングリッシュ・オーストラリアは、全国で 100 を超える 加盟校を持っている。イングリッシュ・オーストラリア加 盟校は、プロフェッショナルな高い基準を満たしているこ とが証明される。

UECA(University English Language Centres Australia) は、オーストラリアの大学 30 校の英語センターで構成さ れており、各大学付属英語センターの情報を提供している。

www.englishaustralia.com.au

www.ueca.edu.au


教育制度と留学手順

英語学校のコース  ほとんどの英語学校のコースがいつでも入学を受け付けており、コース期間も2週間程度の短期から長期まで、自分の希望

小・中・高校留学

に合わせて選ぶことができる。フルタイム(全日制)は一般的に4週間∼約40週間の間で、自分の目標と都合に合わせた期間 の申し込みが可能。学生ビザで留学する場合は授業は週25時間以上と定められており、 一般的に20時間が通常のクラス授業、 残りはコンピューター・LL教室や図書館などを利用する自習時間になっている。コースはバラエティに富んでおり、勉強以 外にもスポーツやパーティなど、オーストラリアを楽しめるアクティビティが盛んに行われている。

【一般英語コース】

【中学・高校入学準備コース】

【試験対策準備コース】

オーストラリアの中学・高校への入

国際的に広く認められている英語検

目指す人に適している。一般的なコ

学を希望する留学生のために設けら

定試験のスコアアップや合格を目指

ミュニケーションに重点を置き、実

れた集中英語コース。このコースで

す学生を対象に開設された対策準備

用的な会話や聞き取り能力をみがき

は、英語はもちろんオーストラリア

コース。IELTS、TOEFL、ケンブリッ

ながら、バランスのとれた英語力の

の学校生活に適応できるように、さ

ジ英検、TOEIC などの試験対策コー

向上を図る。また、初級、中級、上

まざまなサポートや指導などが受け

スがある(英語検定試験についての情

級などにレベル分けされているので、 自分の英語力に合ったクラスからス

られる。

報は 42 ページを参照)。

英語学校留学

日常会話、実用的な英語力アップを

専門学校留学

タートできる。

【進学準備英語コース】

【専門英語コース】

【英語プラスコース】

専門職や特定分野で必要になる高度

英語のトレーニングに加えて、多種

目指す人が対象で、読解やレポート、

な英語力を身に付けたい人に最適な

多様なアクティビティやインターン

論文の書き方、基本的なリサーチの

コース。コース受講には、中級レベ

シップなどを組み合わせることがで

方法など、大学で学ぶためのスキル

ル以上の英語力が必要。

きるコース。

大学・大学院留学

英語圏の大学・大学院や専門学校を

を総合的に勉強することができる。 提携している大学や専門学校に進学 を希望する人は、規定の成績でコー スを修了すると、入学に必要な英語 検定試験を免除される。

専門分野の例:

アクティビティの例:

ビジネス、観光・ホスピタリティ、IT、看護、

IT 講習、企業・工場視察、医療施設視察、

TESOL 英語教授法、航空関係

福祉政策講習、介護、アロマセラピー

人気の留学分野

時間割の参考例 ▶ 一般英語コース 月

語い

会話&発音

リーディング

リスニング

文法

リスニング

文法

ライティング

会話

ライティング

13:30 ∼ 14:45

選択授業(オーストラリア研究、TOEIC 対策、ビジネス英語、弱点強化クラスなど)

15:00 ∼ 16:30

自習時間(LL 教室、コンピューター、会話クラブなど)

ワーキングホリデー

9 :00 ∼ 10:30 11:00 ∼ 12:30

課外活動 (スポーツ、バーベキュー、 各種パーティ)

▶ 進学準備英語コース 火

ライティング1

リーディング1

ライティング1

リーディング2

語い、専門英語

11:00 ∼ 12:00

リスニング& ノートの取り方

ディスカッション

プレゼンテーション

研究・勉強方法

リスニング& ノートの取り方

13:00 ∼ 15:00

選択授業(IELTS・TOEFL の試験準備、オーストラリア学、集中ライティングなど)

15:30 ∼ 16:30

自習時間(LL 教室、コンピューター、会話クラブなど)

教育旅行

月 8 :45 ∼ 10:45

25


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

インターンシップ・プログラム  オーストラリアの英語学校が実施しているインターンシップ・プログラム

小・中・高校留学

には、おもに右記のふたつのタイプが挙げられる。インターンシップの分野

【インターンシップのタイプ】

は、貿易、マーケティング、観光・ホスピタリティ、IT、福祉、教育などが

プログラム前半は集中英語トレーニン グで、 後半にインターンシップを体験。

一般的。インターンシップは実際の職業現場に入って行うため、中級∼上級

午前中は英語トレーニングで午後がイ

レベルの英語力が必要。また、受け入れ先や業務内容によっては、英語力の

ンターンシップ。

ほかに職業経験などの条件を設けている場合もある。

英語学校留学

スタディ・ツアー  スタディ・ツアーはグループを対象とした研修旅行で、英語のトレーニン グに加え、オーストラリアのユニークな文化に触れ、現地の人々と交流し、 専門研修を受けるプログラム。一般的な期間はおよそ1週間∼3か月で、グ

専門学校留学

ループの予算や目的に応じて、内容や期間をフレキシブルに選択することが できる。  通常、英語のトレーニングでは、日常生活や旅行などに役立つ表現や希望 する専門分野に関連する英語を学ぶ。また、専門分野の研修や産業関連の視 察、ホームステイや現地の学校での異文化交流、ボランティア活動や観光な

大学・大学院留学

どをプログラムに組み入れ、短期間にさまざまな体験をすることができる。

留学生のサポート  留学生が安心して生活ができるように、各学校がサポート体制を整えてい

人気の留学分野

る。空港の出迎えから滞在先の手配、生活全般についてのアドバイスまで、 丁寧にサポートしてくれる。希望すれば、進学やキャリアの情報など、将来 の進路に関するアドバイスもしてくれる。  また、ビーチ・バーベキューやパーティ、遠足、スポーツ、国際交流イベ ントなど、バラエティに富んだ課外活動も用意。勉強だけでなく、オースト

ワーキングホリデー

ラリアと留学生活を楽しめるように工夫されている。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 資格取得と進学 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 多くの英語学校が専門学校や大学と提携しているので、英語学校で英語力を身に付けたあとに、スムーズに進学や編入をすることができ る。たとえば、一般英語コースから進学準備英語コースを経て、専門学校の資格取得コースに入学できる。

教育旅行

一般英語コース (10 週)

26

+

進学準備英語コース (20 週)

ビジネス Certificate Ⅰ (12 週)


留学の準備から出発までのステップ ● ● ● ● ●

プランニングと情報収集

小・中・高校留学

6か月~4か月前

教育制度と留学手順

●●●●● 

オーストラリア政府の教育関連公式ウェブサイト Study in Australia(www.studyinaustralia.gov.au/japan) にアクセスして、体験談や留学サポート団体などの留学に必要な情報を集め、留学のプランを設定する。 留学手続きを自分でするか、留学サポート団体に依頼するかを決める。留学サポート団体については19ペー ジを参照。手続きを留学サポート団体に依頼する人は、複数の団体の資料を取り寄せ、内容を比較して慎 重に選ぶこと(97 ページ∼参照)。

英語学校留学

学校の選択 学校のタイプ、希望のコース、コース期間、費用などを考えて選ぶ。留学生を受け入れる英語学校は、下 記の連邦政府や専門機関によって、登録・認定が義務付けられている。 入学条件:英語学校の場合、進学準備英語コースや専門英語コース、インターンシップ・プログラムなどを除き、 入学条件はほとんどない。年齢制限は私立の英語学校は16歳以上、大学・専門学校付属校が18歳以上となっているが、 学校やコースによって異なる。 授業料:地域や学校、コースによって異なるが、1 週間で A$300 ∼ A$400 が目安。ただし、 「英語プラス」や「スタ

専門学校留学

ディ・ツアー」などのプログラムは、内容によってかなり幅がある。 英語学校の情報収集に役立つウェブサイト ▪政府登録校の情報(http://cricos.deewr.gov.au) ▪イングリッシュ・オーストラリア(www.englishaustralia.com.au) ▪全国英語学校認定機構(www.neas.org.au) ▪オーストラリア大学付属英語学校協会(www.ueca.com.au)

大学・大学院留学

3か月前

▼ 出願 希望する英語学校の願書などの提出書類を入手する。ほとんどの学校のウェブサイトで、資料や願書の入手、 入学申請ができる。送付する書類は、コピーをとっておくこと。

人気の留学分野

滞在先手配 ホームステイやアパート、寮など、さまざまな滞在施設がある。学校に依頼すれば、希望に合った滞在先 を探す手伝いをしてくれる。

ワーキングホリデー

ビザの申請 オーストラリアの英語学校に 3 か月以上留学する場合には、学生ビザ(サブクラス 500)が必要。ビザにつ いて、詳しくは 44 ページを参照。「ワーキングホリデー・ビザ」は4か月までコースを履修することが可能。

渡航準備 パスポートや航空券、クレジットカードなどの渡航準備については、89 ページ∼を参照。

教育旅行

27


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

専門学校留学

小・中・高校留学

オーストラリアの専門学校の種類と特色

英語学校留学 専門学校留学 大学・大学院留学

 オーストラリアの専門学校はVET(Vocational Education

い分野の専門指導を行っている。

and Training)と呼ばれ、職業に直結した技術や知識を高め

 私立の専門学校は、観光業、ビジネス、デザインなど、特

る教育機関として、各産業界と連携をとりながら世界市場の

定の分野を専門にしていて、ユニークなカリキュラムを組ん

ニーズに沿ったコースを提供している。各教育機関が実施す

でいる学校が多い。

るコースやプログラムは政府の認定を受けており、講師陣を

 専門学校で取得できる資格は、CertificateⅠという初歩

はじめカリキュラムや指導内容などが定期的にチェックされ

的なものから大学院レベルまであり、期間は4か月∼3年

ている。

までさまざま(下表を参照) 。学士号を取得できる学校もあ

 専門学校の最大の魅力は、短期間で新しいスキルや資格を

る。オーストラリアには、取得した単位や資格がほかの教

取得できるところ。最新の技術や知識を求めるさまざまな分

育機関でも認められるAQF(Australian Qualifications

野で活躍する社会人にも人気があり、多くのビジネスマンが

Framework)という制度があるため、それぞれのキャリア

専門分野のスキルアップや最新の知識などを得るために、再

プランに最も適した学習スタイルを選ぶことができる。たと

度専門学校で勉強している。また、将来的に社会福祉分野で

えば、ひとつのコースを修了した学生は、オーストラリアの

の活躍を希望する現職の学校教師、または会計分野で必要な

ほかの都市にある学校で上級レベルのコースに進むことも可

新しいITスキルを身に付けたいビジネスマンなど、さまざ

能になっている。

まな目的を持った社会人学生がいる。 オーストラリアの専門学校は、公立と私立の2種類に分け られる。公立の専門学校は、総合的な専門学校としてTAFE (テイフ=Technical and Further Education)と呼ばれて いる。TAFEは州政府によって運営されていて、都市部と地

人気の留学分野

方のキャンパスをネットワークで結び、各キャンパスで幅広

オーストラリアの専門学校で取得できる資格 資格

ワーキングホリデー 教育旅行

28

期間(目安)

Certificate Ⅰ

4 か月∼ 6 か月

Certificate Ⅱ

6 か月∼ 8 か月

Certificate Ⅲ

約1年

Certificate Ⅳ

1 年∼ 1 年半

Diploma

1 年∼ 1 年半

Advanced Diploma

2 年∼ 3 年

Bachelor Degree

3 年∼ 4 年

Vocational Graduate Certificate

半年

Vocational Graduate Diploma

1年

履修内容 日本の高校レベルの初歩的な資格。

日本の高校卒業レベルで、専門性を身に付ける資格。

日本の大学レベルで学士に次ぐ資格。

日本の大学学士号と同等の資格。 日本の大学院レベルの資格。アドバンス・ディプロマや学士号 などの特定の学歴と職歴を持っていることが入学条件。


教育制度と留学手順

専門学校のコース  専門学校には、伝統的な分野から新しいキャリア分野までカバーする多彩 ケティング、メディア、アート&デザイン、スポーツ、ホスピタリティ、観光、 医療・看護、調理などをはじめ、ナチュラルセラピー、アニマルテクノロジー、 航空など、オーストラリアならではのユニークな分野も含まれている。  ほとんどのコースは1月∼2月にスタートし、 12月に終了する。学校によっ ては、新学期(TAFEは2学期制、私立は2学期または4学期制)ごとに学生 校やコースによって異なるので注意すること。

ビジネス・経営  企業経営者・管理職、マーケター メディア・通信  テレビ番組制作、出版関係者 翻訳・通訳  翻訳家、通訳 IT  プログラマー、システムエンジニア 工学

英語学校留学

を受け入れているところもある。開講日と入学申し込みの締め切り日は、学

コースと職業例 小・中・高校留学

なコースが用意されている。これらのコースは、IT、ビジネス・経営、マー

 電気・通信・土木技師

 すべてのコースに実践的なスキルをみがくための実習が取り入れられてい るので、専門知識を学びながら、実習やさまざまなケーススタディを通して、 業界で役立つ実践力を身に付けることができる。たとえばホスピタリティや 観光業のほとんどの学校には、実習を行うためのキッチンやレストランをは

航空関係  空港オペレーター・エンジニア、パイロット 環境学  環境団体・研究所・企業での環境担当者 観光

実践的な最新の専門機器が備えられている。

 ホテルマネージャー、コンシェルジュ

専門学校留学

じめ、予約システムなどの研修ができるコンピューター情報システムなど、

 旅行コンサルタント、ツアーコンダクター ホスピタリティ 調理  シェフ 保健・医療  介護士、保育士、歯科技工士 社会福祉  ソーシャルワーカー、公共福祉施設事務

大学・大学院留学

専門学校の具体的なコースの例

アート&デザイン

ホスピタリティ・マネージメント (アドバンス・ディプロマ専攻)

建築学  建築家、測量技師 ファッション  ファッションデザイナー 映画・音楽  映画制作関係者、音楽プロデューサー

人気の留学分野

1 年目の前半は、学内のレストラン施設での実習を中心に専門知 識を習得し、後半から実際の職場での実習が始まる。2 年目の前 半は、職場実習の時間数も増え、研究プロジェクトにも取り組む。 そして、最終学期はすべて職場実習になる。職場実習の期間中は、 学校担当者が定期的に実習先を訪れ、個々の学生の様子を観察し 評価する。理論と実践を兼ね備えた 2 年間のコース終了時には、 就職の際に即戦力として求められる能力が確実に養われる。

 グラフィックデザイナー、宝石デザイナー

演劇・ダンス  舞台アーティスト、俳優、ダンサー スポーツ  スポーツインストラクター

ナチュラルセラピー

第1学期

学内実習 75% 専門理論 25%

第 2 学期

学内実習 40% 専門理論 40% 職場実習 20%

第1学期

学内実習 30% 研究プロジェクト 30% 職場実習 40%

第 2 学期

職場実習 100%

 アロマセラピスト、整体師 ビューティ  メイクアップアーティスト、美容師 アニマルテクノロジー  ペットショップスタッフ、動物病院助手

教育旅行

2年目

内容

ワーキングホリデー

1年目

学期

29


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

コースを終えたあとのオプション

小・中・高校留学

 専門学校のコースを修了したあとは、実践的な教育によっ

Degree Pathways”プログラムを実施している。このプロ

て身に付けたスキルや知識を使ってすぐに就職することがで

グラムを利用した場合、専門学校でDiplomaやAdvanced

きる。また、 さらに高いレベルで勉強を続けることも可能で、

Diplomaなどのコースを一定の成績で修了すれば、自動的

専門学校から大学への進学や編入は一般的に行われている。

に大学の2学年(または3学年)に編入できる。修了後に大学

専門学校で大学学部に関連する専攻分野の単位を取得した場

進学を考えている人は、希望のコースが大学とリンクしてい

合、大学に編入学するときには、専門学校で取得した単位が

るか事前に確認しよう。

規定の範囲で認定される。大学の単位として認定されると、 英語学校留学

学位取得までの期間が短縮できる。一部の専門学校では学内 で提携大学の学士課程プログラムを実施しており、専門学校 の資格と学士号を両方取得することも可能。  また、多くの専門学校が大学と提携し、特定分野の専門学 校資格と大学の学士号をダイレクトにつなぐ“Diploma to

専門学校留学

留学生のサポート  オーストラリアの専門学校は、留学生のサポート態勢も整っており、安心して学生生活を送ることができる。オーストラリ アに到着したときの空港までの出迎え、滞在先の手配、生活全般のアドバイスなど、丁寧なサポートが受けられる。また、希

大学・大学院留学

望に応じて、キャリアに関する情報や大学進学など、将来の進路に関するアドバイスを受けることもできる。スポーツ、国際 交流イベント、パーティなど、バラエティに富んだ課外活動も数多く用意されているので、勉強だけでなくオーストラリアと 留学生活そのものが楽しめる。

専門学校留学プランとオプション(ビジネス専攻の場合) 人気の留学分野

資格

ワーキングホリデー

英語コース(6 か月) 一般英語 進学準備英語

職業レベル

Certificate Ⅲ(6 か月) ビジネス(セールス)

営業補佐

Certificate Ⅳ(6 か月) ビジネス(広告)

広告営業

Diploma(6 か月) ビジネス(広告)

営業統括マネージャー

コース修了者は大学の学士(ビジネス分野)に編入可能

大学学士号(2年)  ビジネス(広告・マーケティング)

広告代理店管理職・  企業広報コンサルタント

教育旅行

留学生の多くは、まず英語力のトレーニングが必要。英語力が入学条件をクリアしている学生は、専門分野の知識や職歴などを考慮に 入れ、自分の目的に合ったコース・レベルからスタートできる。たとえば、1 年間オーストラリアで勉強する予定の学生は、6 か月の英 語トレーニングに加え、6 か月 Certificate レベルの資格コースで学ぶことができる。その後、さらに高い資格や学位を取るコースの選択 も可能。図の参考例の場合、英語のトレーニングからスタートし、最終的に 4 年間で専門学校の資格および大学の学位を取得できる。

30


留学の準備から出発までのステップ ● ● ● ● ●

プランニングと情報収集

小・中・高校留学

1年半~1年前

教育制度と留学手順

●●●●● 

オーストラリア政府の教育関連公式ウェブサイト Study in Australia(www.studyinaustralia.gov.au/japan) にアクセスして、体験談や留学サポート団体などの留学に必要な情報を集め、留学のプランを設定する。 留学手続きを自分でするか、留学サポート団体に依頼するかを決める。留学サポート団体については19ペー ジを参照。手続きを留学サポート団体に依頼する人は、複数の団体の資料を取り寄せ、内容を比較して慎 重に選ぶこと(97 ページ∼参照)。

英語学校留学

学校の選択 専門学校のタイプ、希望のコース、コース期間、費用などを考えて選ぶ。特に私立の専門学校はそれぞれ 力を入れている専門分野が異なるので、自分の目的に合った学校・コースを選ぶようにしよう。 入学条件:  ❶留学生は英語検定試験のスコアの提出が必要(42 ページ参照)。入学に必要な英語力は、IELTS で 5.5 ∼ 6.0、 TOEFL iBT で 70 ∼ 80 点が目安。また、必要な英語力に到達していない学生は、ほとんどの専門学校がもっている 独自の英語コースに入り、専門学校のコース入学前に英語力を上げることができる。

専門学校留学

 ❷要求される学業成績はコースによって異なる。通常は高校卒業までの 12 年間の修学経験が必要。ただし、初級レ ベルのコースでは、10 年間もしくは 11 年間の修学期間で入学を認める場合もある。上級コースでは関連する実務 の経験を問う学校もある。 授業料:選択するコースや取得したい資格の種類、留学期間などによって異なるが、目安は 1 年間で A$12,000 ∼ A$22,000。

▼ 出願 希望する専門学校の願書などの提出書類を入手する。ほとんどの学校のウェブサイトで、資料や願書の入手、 入学申請ができる。送付する書類は、コピーをとっておくこと。

人気の留学分野

1年~半年前

大学・大学院留学

専門学校の情報収集に役立つウェブサイト ▪学校・コースの検索(www.studyinaustralia.gov.au/japan)

滞在先手配 ホームステイやアパート、寮など、さまざまな滞在施設がある。学校に依頼すれば、希望に合った滞在先 を探す手伝いをしてくれる。

ワーキングホリデー

5 か 月 ~ 2か 月 前

▼ ビザの申請 オーストラリアの専門学校への留学には、学生ビザ(サブクラス 500)が必要。ビザについて、詳しくは 44 ページを参照。

教育旅行

渡航準備 パスポートや航空券、クレジットカードなどの渡航準備については、89 ページ∼を参照。

31


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

大学・大学院留学

小・中・高校留学

オーストラリアの大学教育の特色

英語学校留学 専門学校留学

 オーストラリアには37の国公立大学と4校の私立大学お

Qualifications Framework)制 度 や、TEQSA(Tertiary

よび2校の海外大学の分校があり、約25万人以上の学生が

Education Quality and Standard Agency)と呼ばれる大

留学している。その国際的な評価の高さは、少人口ながら

学を管轄する行政機関など、大学の高度な教育レベルを維持

14人ものノーベル賞受賞者を輩出していることからも理解

するためのシステムが構築されている。

できる。オーストラリア政府は経済的・科学的な革新をもた

 オーストラリアの教育システムでは、高校の最終学年まで

らす研究を強力にサポートし、大学や主要な研究組織に積極

に、日本の大学1年にあたる一般教養課程を修了している前

的な投資を行っている。大学は政府および産業界と連携し、

提になっている。そのため、日本の高校卒業後すぐにオー

さまざまな分野の共同研究センターや教育機関などを数多く

ストラリアの大学に進学する場合、ほとんどの人が1年間の

設け、高度な専門研究を推進している。多数の分野の専門教

ファンデーションスタディ・コースへ入学する。大学学部で

育コースを実施する特別研究センター、トレーニングセン

は通常3年間でBachelor Degree(学士号)が取得できるの

ターなども設置し、 より高いレベルへの発展を目指している。

で、合わせて4年で卒業できる。また、日本の大学に在籍し

 また、オーストラリア政府の主導で、取得した単位や

ながらオーストラリアの大学で勉強できる「スタディ・アブ

資格がほかの教育機関でも認められるAQF(Australian

ロード」という短期留学制度もある。

大学・大学院留学

日本の高校卒業後オーストラリアの大学進学のステップ  オーストラリアの高校では11年∼12年生の間に、日本

科の高校を卒業しただけでは、オーストラリアの大学の学士

の大学1年生にあたる一般教養課程を修了するため、大学1

課程入学の基準を満たさず、直接オーストラリアの大学の1

人気の留学分野

年次から専門分野の科目を履修し、通常3年間で学士号を取

年目に入学することはできない (例外の大学もある) 。 そこで、

得する(専攻によって4∼5年間のコースもある) 。しかし、

日本の高校を卒業してからオーストラリアの大学へ入るため

日本の高校では専門科目を履修しないため、現時点では普通

には、おもに下記の2つの方法がある。

❶ファンデーションスタディ・コース経由 ワーキングホリデー

ファンデーションスタディ・コースは、留学生を対象に専攻分野の基礎知識、ディス カッションやリサーチ方法、レポートや論文の書き方など、大学で勉強するために必 要な学習スキルを学ぶための大学進学準備課程。期間は通常約1年間(成績や英語力 が高い学生向けの短期速習プログラムの場合は1年未満での修了も可能) 。規定以上 の成績を収めれば、コース修了後に学部課程の1年目に入学することができる。 ❷ディプロマ・コース経由 大学や専門学校で提供されているディプロマ(Diploma)コースを約1年間受講した 後、規定以上の成績を収めれば大学の2年次に編入することができる大学や専攻もあ

大学学部 2年 大学学部 1年

ファンデーションスタディ・ コース

ディプロマ・ コース

る。ディプロマ1年間+大学2年間の計3年間で学士号の取得が可能で、ファンデー 教育旅行

ションスタディ・コース経由より時間と費用を節約することができる。ただし、ディ プロマ・コースから編入できる学校や学部は限られており、すべての進学オプション で使えるわけではないので注意。 ※ファンデーションスタディかディプロマのどちらのコースに入学すべきかは、大学で学びた い専攻、高校の成績や英語力によって、大学の担当者が的確にアドバイスしてくれる。

32

日本の高校 ※日本の高校卒業後、ファンデーションスタディ・ コースまたはディプロマ・コース入学に必要な英語 力に達していない人は、大学や専門学校付属の英語 コースを修了する必要がある。


教育制度と留学手順

大学学部

に相当するBachelor Degree(学士号)のほかに、実践的な

主的にリサーチを行い、テーマに即した研究に取り組むこと

専門スキルを追及するDiplomaやAdvanced Diplomaな

が要求される。内容は選択したコースによって異なるが、ほ

どの資格コースも実施している。また、2年間のAssociate

とんどの科目でassignmentと呼ばれるレポートやプレゼン

Degree(準学士号)のコースでは、特定の分野もしくは複

テーションが課される。

数の分野につながる基礎概念や主要理論を学び、修了後は

 成績評価の方法は大学やコースによって異なるが、試験や

Bachelor Degreeのコースに編入することもできる。

提出課題などによって評価される。授業への参加度、実験や

 Bachelor Degreeは通常3年間で取得できる。しかし、

実地調査、制作活動なども評価の対象になる。オーストラリ

履修期間は大学やコースによって異なり、医学、建築学、工

アの大学の成績評価は厳しいので、優れた成績を収めるには

学などの理系コースでは、修了までに4年∼6年程度の期間

年間を通じて学業に専念する必要がある。

英語学校留学

目を履修する。学生は図書館やインターネットを利用して自

小・中・高校留学

 オーストラリアの大学学部では、日本の4年制大学卒業

を要する。Bachelor Degreeを優秀な成績で取得した場合、 1年間の専門研究コースであるHonours Degree(優等学位) のコースに進むことができる。さらに、Honours Degree 進める。  オーストラリアの大学学部では、1年目から専門分野の科

必要な英語力の目安は、IELTSで6.0以上、TOEFL iBTで 80点以上。英語力が基準に達していない場合は、大学付属 英語学校などで英語研修を受けることで「条件付き入学許可 (Conditional Offer) 」が出される。

専門学校留学

を優秀な成績で取得すると、大学院の修士課程や博士課程に

【入学条件】

履修内容

Diploma

∼2年

実践的な専門スキルを 身に付ける資格。

Advanced Diploma

∼3年

専門スキルを身に付ける資格。 Associate Degree と同レベル。

Associate Degree

2年

Bachelor Degree に準ずる学位。 専門分野の基礎を学ぶ。

Bachelor Degree

3 年∼ *

Honours Degree

1年

ワーキングホリデー

期間(目安)

人気の留学分野

学位・資格

大学・大学院留学

オーストラリアの大学学部で取得できる学位・資格

日本の 4 年制大学卒業に 相当する基本学位。

教育旅行

Bachelor Degree 課程修了後に、 1 年間の専門研究。

*大学やコースによって異なる。一般的に理系のコースは4∼6年と長い場合が多い。

33


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

大学院   大 学 院 に は、 通 常6か 月 間 のGraduate Certificateと12か 月 間 の

小・中・高校留学

Graduate Diplomaと呼ばれる講義履修および試験や実習を組み合わせた 「コースワーク」の資格がある。これらのコースでは、キャリアに直結した 実践的な専門知識を深めることができる。  Masters Degree(修士号)のコースには、研究論文を提出する「リサー チコース」と講義履修、試験、論文を組み合わせた「コースワーク」がある。 Masters Degree取得に通常1年∼2年、Doctoral Degree(博士号)を取

【入学条件】 大学院のコースに進む場合は、基本的に Bachelor Degreeを取得していること が条件。コースによって規定や条件はさ まざまで、研究成果や就労経験を問われ たり、エッセーや推薦状が必要な場合も ある。必要な英語力の目安は、IELTS で6.5以上、TOEFL iBTで90点以上。

英語学校留学

るには3年以上が必要。リサーチコースで勉強する学生は、教授と交渉して コース開始日を決められる場合があるので、直接問い合わせてみよう。

オーストラリアの大学院で取得できる学位・資格

専門学校留学 大学・大学院留学

学位・資格

期間(目安)

履修内容

Graduate Certificate

半年

Bachelor Degree 取得後、さらに実践的な専門知識を養う。

Graduate Diploma

1年

Bachelor Degree 取得後、さらに実践的な専門知識を養う。

Masters Degree

通常1∼2年

リサーチまたはコースワークにより専門性を深く追求する。

Doctoral Degree(PhD)

通常3年∼

高度な専門研究に基づき学術論文を仕上げる。

スタディ・アブロード 人気の留学分野

 日本の大学もしくは大学院に在籍しながら、半年から1年間オーストラリ アの大学生活を経験し、専門分野を探求したい人には「スタディ・アブロー ド」がおススメ。このプログラムは、専門分野を中心に学生の知識の幅を広 げ、個人的なチャレンジや異文化体験の機会を提供することを目的としてい

ワーキングホリデー

る。オーストラリアの大学より成績証明書が発行され、取得した単位が日本 の大学で認定されるケースも多い。  アボリジニ学、環境、自然科学、福祉政策、多文化社会関連など、オース トラリアならではの分野を学ぶことができる。また、 インターンシップなど、 社会実習を経験できる場合もある。

教育旅行

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 高等教育機関比較サイト ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ The Quality Indicators for Learning and Teaching(QILT)は、在学中の現地学生と留学生、および卒業生を対象にした数千件に もおよぶ調査結果をもとに、高等教育機関や専攻分野を比較することができるウェブサイト。学生および最近の卒業生の総合的な満足 度や就職率、平均収入についての情報も入手できる。 QILTウェブサイト(www.qilt.edu.au)

34


留学の準備から出発までのステップ ● ● ● ● ●

プランニングと情報収集

小・中・高校留学

1年半~1年前

教育制度と留学手順

●●●●● 

オーストラリア政府の教育関連公式ウェブサイト Study in Australia(www.studyinaustralia.gov.au/japan) にアクセスして、体験談や留学サポート団体などの留学に必要な情報を集め、留学のプランを設定する。 留学手続きを自分でするか、留学サポート団体に依頼するかを決める。留学サポート団体については19ペー ジを参照。手続きを留学サポート団体に依頼する人は、複数の団体の資料を取り寄せ、内容を比較して慎 重に選ぶこと(97 ページ∼参照)。

英語学校留学

学校の選択 大学・大学院のタイプ、希望のコース、コース期間、費用などを考えて選ぶ。特に大学院でリサーチ形式 のコースに進む場合、自分の研究テーマに合う教授を見つけることが重要(オーストラリアの奨学金につい ては 113 ページ参照)。 授業料: A$19,000 ∼ A$23,000 /年 A$20,000 ∼ A$33,000 /年 *

大学院(修士課程)

A$20,000 ∼ A$37,000 /年 *

大学院(博士課程)

A$20,000 ∼ A$37,000 /年 *

専門学校留学

ファンデーション・コース 大学学部

* 獣医学部や医学部など、 一部の学部の学費はそれ以上となる。

大学・大学院の情報収集に役立つウェブサイト ▪学校・コースの検索(www.studyinaustralia.gov.au/japan) 大学・大学院留学

1年~半年前

▼ 出願 希望する大学の願書などの提出書類を入手する。ほとんどの学校のウェブサイトで、資料や願書の入手、 入学申請ができる。送付する書類は、コピーをとっておくこと。

人気の留学分野

滞在先手配 ホームステイやアパート、寮など、さまざまな滞在施設がある。学校に依頼すれば、希望に合った滞在先 を探す手伝いをしてくれる。

ワーキングホリデー

5 か 月 ~ 2か 月 前

▼ ビザの申請 オーストラリアの大学・大学院への留学は、学生ビザ(サブクラス 500)が必要。ビザについて、詳しくは 44 ページを参照。

渡航準備 パスポートや航空券、クレジットカードなどの渡航準備については、89 ページ∼を参照。 教育旅行

35


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

人気の留学分野

小・中・高校留学

観光学・ホスピタリティ  旅行先として絶大な人気を集めているオーストラリアでは、政府の主導に よって観光学の研究開発プロジェクトが立ち上げられるなど、国をあげて観

英語学校留学

光学・ホスピタリティ分野の教育に力を入れている。教室での講義のほか、 専門家を招いての模擬実習、有名ホテルやレストランでの実地研修など、実 際の現場で勉強する機会が数多く用意されている。観光・ホスピタリティ産 業は世界各国に市場を持っており、日本においてもこの分野の専門知識とス

【履修できるコースの例】 旅行業・観光オペレーション 観光マネージメント 会議・イベント運営 調理師 ホテル・レストラン経営

キルを持った人材へのニーズが高まっている。

専門学校留学

ビジネス  経済産業界の最新のニーズに対応したコースと即戦力育成型のプログラム が用意されているオーストラリアは、ビジネス留学をするにも最適な国。ま

大学・大学院留学

た、その地理的・社会的特性から、欧米だけでなくアジア地域のビジネス研 究にも力を入れているため、日本人が国際的なビジネス・スキルを習得する には理想的といえる。専門性の高いコースの中には、ホテル、ファッション、 音楽、スポーツをはじめ、特定の産業に重点を置いたものやワイン・ビジネ

【履修できるコースの例】 会計 銀行業・金融 eビジネス 人事管理 国際貿易 経営 

スなど、オーストラリアならではのコースも数多く提供されている。

人気の留学分野

教育学・日本語教育

ワーキングホリデー

 オーストラリア政府は教育全般に重点を置いており、優れ

 TESOLとは英語以外の言語(母語)を話す人に英語を教え

た教員の養成に力を注いでいる。そのため、実際の教育現場

る専門技術のことで、多文化国家であるオーストラリアはこ

で長期間にわたって実践的な経験を積めるプログラムが組ま

の分野において長い歴史と経験を誇っている。優れた技術を

れており、幼児教育から成人教育まで、幅広いレベルの教育

マスターした英語教師を育成するために「TESOL英語教授

資格を取得することができる。また、世界でも有数の親日国

法プログラム」 が確立されており、 世界中から留学生が集まっ

であるオーストラリアでは、日本語教育が盛んに行われてお

ている。オーストラリアのTESOLプログラムは国際的に評

り、初等・中等教育から日本語教育が実施されている。初等・

価が高く、世界的なTESOL専門研究家も多数輩出している。

中等教育機関で日本語を教える場合は、教育学と人文学の Bachelor Degree取得が条件。大学で日本語を教えるには、 教育旅行

Masters Degree以上の学位が必要。

【履修できるコースの例】 チャイルド・ケア    初等教育    中等教育

36

TESOL


教育制度と留学手順

IT(情報技術)  IT技術・知識を持つ人材は世界中で常に求められており、オーストラリ トワーク・エンジニア、webプログラマー、システム・エンジニア、CGデ ザイナーなど、産業界のあらゆる需要に対応できる人材を育成するべく、専 門学校、大学、大学院で数多くのコースが提供されている。

【履修できるコースの例】 小・中・高校留学

アはIT先進国として、IT技術の応用・実用化において特に定評がある。ネッ

情報ネットワーク工学 マルチメディア・デザイン ソフトウェア開発 アニメーション制作

英語学校留学

環境学  地球温暖化や海洋汚染など、世界が抱えている環境問題について実践的 な解決策を研究する「環境学」 。オーストラリアは環境の保護意識が高く、 1970年代からこの分野を取り上げてきた。近年では企業に対し、社会的責 任という観点から環境問題に取り組むことが求められるようになり、環境コ 視しながら行う「自然・文化資源マネージメント」など、オーストラリアな

環境保護と土地管理 環境管理 環境教育 持続可能な開発 土地および自然遺産管理 

専門学校留学

ンサルティングなどへの需要が高まっている。また、先住民族との関係を重

【履修できるコースの例】

らではの環境学も発達している。

 オーストラリアの自然療法や美容セラピーは、世界的に高く評価されてお り、 「セラピー先進国」として知られている。併設・提携しているクリニッ クでの実習を必須としていて、コース修了後すぐに活躍できるスキルが身に 付けられる。修了後の進路*はネイリスト、メイクアップ・アーティスト、

【履修できるコースの例】 治療マッサージ アロマセラピー 美容セラピー 作業療法

人気の留学分野

ヘア・スタイリスト、アロマセラピスト、作業療法士、マッサージ師など。

大学・大学院留学

セラピー

* 日本で専門家として働くためには、日本の国家資格を取得しなければならない場合もある。詳しくは厚生労働省のウェブサイト(www.mhlw.go.jp)を 参照。

看護師資格取得

通訳・翻訳資格取得

に高く、優れた技能と専門性を備えたスペシャリストを育成

う課題を抱えるオーストラリアの高齢者ケア制度・技術は、

するためのコースが多数開講されている。コースの多くは、

国際的に高く評価されている。オーストラリアの教育機関で

NAATIと呼ばれる「オーストラリア通訳・翻訳資格認定機関」

は実践的な看護教育を行っており、臨床研修時間数は日本よ

が認定する国家資格取得を目的とした専門コース。専門学校

りも平均25%ほど多い。オーストラリアの看護師は正看護

および大学で提供されるNAATI認定コースを修了すると、

師と准看護師に大別され、正看護師は大学・大学院、准看護

オーストラリア国内だけでなく、日本や海外で仕事をする際

師は専門学校のコース修了が必要。

にも有利な資格を取得することが可能になる。

教育旅行

 多民族国家オーストラリアでは通訳・翻訳のニーズが非常

として知られている。また、日本と同じ「高齢化社会」とい

ワーキングホリデー

 オーストラリアは、世界でも有数の「医療・福祉先進国」

日本の看護師資格者の扱いについて:日本を含む海外での看護師資格取 得者の登録条件が異なるため、Nursing and Midwifery Board of Australia (www.nursingmidwiferyboard.gov.au)やAustralian Nursing and Midwifery Accreditation Council(www.anmac.org.au)で最新情報を確認すること。

37


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

ワーキングホリデー

小・中・高校留学

オーストラリアのワーキングホリデー  ワーキングホリデーは、Working(就労)+ Holiday(休暇)からなる造語 で、一般的に略して“ワーホリ”と呼ばれている。ワーホリは一定の期間異

英語学校留学

なる文化の中で休暇を過ごしながら、就学・就労・旅行などの海外生活を 体験することを認める特別な制度。オーストラリアのワーキングホリデー・ プログラムは、日豪両政府が「それぞれの国の若者が、お互いの国で生活し ながら文化や習慣を学び、国際理解や関係強化を図ること」を目的として 1980年にスタートし、毎年8,000名近くが参加している。

専門学校留学

ワーキングホリデー・プログラムへの参加条件  日本人がオーストラリアのワーキングホリデー・プログラムに参加するに は、下記のような条件や制約がある。ただし、下記の条件はワーキングホリ

大学・大学院留学

デー・ビザを初めて申請する場合。2回目のワーキングホリデー・ビザ(セ カンド・ワーホリ)を申請するためには、1回目の滞在中に指定の労働に従 事した証明が必要になる。詳しい情報はビザ査証課のウェブサイト(www. australia.or.jp/visa)で確認すること。

▪ビザの申請日に 18 歳以上、31 歳になっていないこと。 人気の留学分野

 (現在オーストラリア政府は申請者年齢の上限を35歳に引き上げることを検討中。最新情報はビザ査証課ウェブサイトを確認しよう) ▪ワーキングホリデー・ビザでオーストラリアに入国した経験がないこと。 ▪日本国籍で、日本のパスポートを持っていること。 ▪ 12 か月以上滞在する意思がないこと。 ▪子どもを同行しないこと。 ▪申請日・ビザ発給日にオーストラリア国外にいること。

ワーキングホリデー

▪滞在期間中の生活費や往復の旅費に十分な資金(原則として A$5,000 以上)を持っていること。 ▪心身ともに健康な人(状況に応じて健康診断が必要)。 ▪同じ雇用主の下で働けるのは 6 か月以内。 ▪英語学校などに通えるのは最高で 4 か月以内。

ワーキングホリデー・ビザ取得までのステップ 教育旅行

38

❶オーストラリア大

❷パスポート、クレ

❸移民局にて審査が

❹郵送またはメー

❺出発。オーストラ

使館のウェブサイト の申請要項を確認。

ジットカードを用意 し、移民局ウェブサ イトより申請。申請 料A$420を支払う。

行われる。

ルにて、ビザ発給 通知書を取得。

リア入国の際に、入 国審査官にパスポー トを提示すると、ビ ザが発給される。


教育制度と留学手順

ワーキングホリデーで学ぶ  ワーキングホリデー・ビザでは、オーストラリア政府が認定する英語学校

小・中・高校留学

(24ページを参照)で、4か月以内の就学が許されている。コースの種類は さまざまで、通常の英語学習にプラスして、オーストラリアならではの多彩 なアクティビティを楽しみながら英語を勉強できる。オーストラリアの英語 学校は、常に教授法や教育環境の向上に力を入れており、質の高い英語教育 が受けられる。

英語学校留学

ワーキングホリデーで働く  オーストラリアで働くにはタックス・ファイル・ナンバーが必要で、手 【仕事探しに役立つウェブサイト】

続きはオンラインで行うことができる。アルバイトの時給はA$17∼A$25

Australian JobSearch  http://jobsearch.gov.au

(1,400円∼2,050円)程度。オーストラリアのワーホリ体験者の多くは、

専門学校留学

レストラン・カフェ従業員、日本人観光客向けのツアーガイド、農場(ファー ム)での労働、免税店やみやげ物屋のスタッフなどの仕事を経験している。  また、政府指定の地域で、農業などの季節労働に計3か月以上従事したこ とが証明されると、2回目のワーキングホリデー・ビザを申請することがで きる。

大学・大学院留学

ワーキングホリデーで住む  ワーキングホリデーでの滞在方法は、 渡豪した当初はホームステイをして、

【滞在先探しに役立つウェブサイト】

慣れてきてからはシェア生活に移るのが一般的。 また、 オーストラリアのワー が多い。その間、バックパッカーズやユースホステルを利用している。農園 でファームステイを体験してみるのもおススメ。

人気の留学分野

HOSTELS.com  www.hostels.com ユースホステル協会  www.yha.com.au

ホリ体験者には、小旅行や長期旅行、オーストラリア一周旅行などを行う人

ワーキングホリデー

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ワーキングホリデーにかかる費用の目安 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ オーストラリアのワーキングホリデーにかかる費用 は右の表を参照。全体的に生活費は高く設定されて いるが、アルバイトの時給も日本より高いので、学 費や生活費の一部をアルバイトでカバーするワーホ リメーカー(ワーホリをする人)も多い。

ビザ申請料(A$420)

35,700 円

海外旅行保険(1 年間)

160,000 円

航空券(1 年オープン)

150,000 円

生活費(A$19,000 / 12 か月)

1,615,000 円

語学学校(A$3,600 / 3 か月)

306,000 円

合 計

教育旅行

※右表の目安は為替レートによって変動します(A$1=85円) 。

ワーホリにかかる費用の目安

2,266,700 円

39


教育制度と留学手順

オーストラリア留学のすべて

教育旅行

小・中・高校留学

教育旅行先にオーストラリアが選ばれる 9 つの理由

❶ 治安がよく、衛生面や医療面も万全 英語学校留学

教育旅行の重要なポイントは、安心して学べる環境。オー ストラリアは治安が良いだけでなく、衛生面・医療面に おいても高い水準を誇る。食事などの衛生面や医療施設 も万全で、日本語の通じる病院も多い。万が一の際も、 安心して治療を受けることができる。

南半球に位置しているオーストラリアの季節は、日本と 正反対になり、日本が暑い夏の間、オーストラリアは冬 を迎える。亜熱帯の北部は 1 月∼ 3 月が雨季。南部は温 暖で、1 年を通じて快適に過ごすことができる。

専門学校留学

❸ わかりやすい英語

❹ 世界有数の親日国

多民族国家のオーストラリアは、違う民族同士がコミュ

日本との交流が盛んで、親日家が多いことで知られる

ニケーションを図るために、わかりやすい英語を使うよ うになったといわれている。そのためオーストラリアの

オーストラリア。政府は言語支援プログラムとして、日 本語をはじめとするアジア諸国の言語を重視している。

人たちは、相手が英語を得意でないとわかると、ゆっく

日本語を話せるオーストラリア人も少なくないので、比

りとわかりやすい単語で話してくれる。

較的容易に交流を図ることができる。

大学・大学院留学

❺ わずか± 1 時間の時差 日本とオーストラリアの時差は、東部のシドニー、ゴー ルド・コースト、メルボルンなどがプラス 1 時間、西のパー スはマイナス 1 時間と少ない。時差ボケの心配もなく、生 活サイクルを変えずに到着してすぐ行動でき、日本にい

人気の留学分野

る家族との連絡もカンタンに行える。(州によっては夏時 間が採用されており、最大時差はプラス 2 時間)。

❻ 豊かな自然と 19 の世界遺産 19 ある世界遺産のうち、16 が自然遺産または複合遺産 に登録されているオーストラリアの自然は、他を圧倒す る美しさとスケールを誇る。また、オーストラリアなら ではの珍しい動植物も多く、教育旅行にふさわしいテー マを数多く提供してくれる。

ワーキングホリデー

❼ 多民族・多文化国家

❽ 意外に近いオーストラリア

古くから多様な民族と文化を受け入れてきたオーストラ リアの人たちの中に、心の広さと平等の精神を肌で感じ

東京からクイーンズランド州のケアンズまでは、わずか

ることができる。多民族・多文化国家オーストラリアで

7 時間 40 分。ニュー・サウス・ウェールズ州のシドニー までは 9 時間∼ 10 時間。しかも、ケアンズへは東京・大

の体験は、ますます盛んになる国際社会を生きるうえで、

阪から、ブリスベン、ゴールド・コースト、シドニー、

価値観や考え方を広げる貴重な経験になる。

メルボルンへは東京から直行便が就航している。

❾ 現地の学校訪問が可能 教育旅行

日本の学校とは学期制度が異なるため、日本の学校が教 育旅行を行う時期(春休み・夏休み)にオーストラリアの 学校は学期中なので、現地の生徒との交流や実際の授業 を体験することが可能。

40

❷ 1 年を通じて過ごしやすい気候


教育制度と留学手順

教育旅行プログラムの内容  教育旅行生を受け入れるオーストラリアは、バラエティに富んだメニューを用意しており、日本人の修学旅行生や語学研修

アボリジニ文化との触れ合い

小グループに分かれてエリアを区切

オーストラリア先住民族「アボリジ

ポーツや体験学習を通じて交流を深

り、自由に散策したり、地元の生徒

ニ」の文化に触れるユニークなプロ

めることができる。また、オースト

のエスコートつきで買い物をした

グラムは、壮大な人類の歴史を学ぶ

ラリアの公立校との交流を希望する

り、自分たちが計画した行動を楽し

うえでも絶好の機会。ブーメランづ

学校には、各州の教育省が、受け入

んだりするプログラム。見知らぬ土

くりや投てきの体験、歌や踊りの見

れ先の学校選択やプログラム設定な

地での班別行動は、生徒それぞれの

学など、参加して学ぶことができる

どのサポートをしてくれる。

自立心の助成に役立つ。

アクティビティが楽しめる。

テーマ別グループ学習

ホームステイ&ファームステイ

大学訪問

一般家庭やファーム(牧場)に滞在す

現地の大学キャンパスを訪問した

るプランを組み込むこともできる。

り、実際の授業を見学・受講したり

ホームステイは、オーストラリア人の

して、高校卒業後の海外留学の可能

生活習慣や文化を知るためにも役立 つ。また、ファームステイでは、牧

性を紹介することができる。

(フィールドワーク) オーストラリアの生徒たちと 「平等 について」、 「自然の守り方」、 「日ご ろの学校生活」などについて話し合 うグループ学習は、お互いの考え方 や習慣を知るチャンス。また、鳥の 餌づけやドルフィン・ウォッチング など、動物と触れ合う体験学習も用 意されている。

専門学校留学

班別行動

現 地 の 学 校 で 同 世 代 の 生 徒 と、 ス

英語学校留学

学校訪問

小・中・高校留学

生を迎えるために万全な態勢を整えている。

場の仕事や乗馬などの体験を通じて、 オーストラリアの大自然と人々の素 朴な一面に触れることができる。

大学・大学院留学

オーストラリアについて、もっと知りたい人は… オーストラリア全般の観光やワーキングホリデーについての情報は、オーストラリア政府観光局公式 ウェブサイトをご覧ください。

人気の留学分野

オーストラリア政府観光局公式ウェブサイト

www.australia.jp

ワーキングホリデー

オーストラリア教育旅行ガイドはこちらから。

www.travelvision.co.jp/schoolaustralia/

教育旅行

41


オーストラリア留学に必要なテスト ア

I ELTS  英語圏への留学や移住を目指す人は、その目的のために十分な英語力があ ることを証明する必要がある。IELTS(International English Language Testing System)は、英語力を公正かつ多角的に評価するために開発された

▶IELTSは繰り返し受験が可能! IELTSの試験は全国さまざまな都市でほぼ 毎週実施されている(会場は試験日により異

テスト。世界140か国、9,000以上の教育機関、国際機関、政府機関等に採

なる) 。受験回数に制限はなく、繰り返し受

用されており、オーストラリアのすべての大学で採用されている。2015年の

験可能。

世界での受験者は年間270万人。  テストは、受験生の英語力が英語で授業を行う大学や大学院に入学できる

▶詳細や申し込み先 以下の団体でIELTSの申し込みが可能。詳

レベルに達しているかどうかを評価する「アカデミック・モジュール」と、英

しくは下記ウェブサイトを確認しよう。 また、

語圏で学業以外の研修を考えている人やオーストラリア・イギリス・カナダ・

詳細は本誌裏表紙の公益財団法人 日本英語 検定協会を参考にしよう。

ニュージーランドへの移住申請を行う人を対象とした「ジェネラル・トレーニ ング・モジュール」に分かれている。  リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4つのテストで 構成されており、筆記テストは記述式、スピーキングテストは1対1の面接形 式で行われる。リーディングとライティングに関しては、アカデミック・モ

公益財団法人 日本英語検定協会   (www.eiken.or.jp/ielts) 一般財団法人 日本スタディ・アブロード・  ファンデーション   (www.jsaf-ieltsjapan.com)

ジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールで出題内容が異なる。テス トは実生活に即した問題も出題され、英語の運用能力を正確に測ることが可能 になっている。

実用英語技能検定(英検)  公益財団法人 日本英語検定協会が実施運営する実用英語技能検定、通称「英 検」は、文部科学省が後援する国内で受験者が最も多い実用英語試験のひとつ。

▶受験の申し込み方法

2017年1月現在、北米を含む約400の大学・カレッジが留学時の語学力証明

申し込み期間中に、英検特約書店(全国

として英検を認定している(オーストラリアでは5州の州立高校全校に加え、 約20の教育機関が認定) 。  英検の試験問題は、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキン グの4技能のバランスが重視され、社会で求められる実用英語が出題されてい る。英検を通して学習を重ねることで、日常会話からビジネスシーンでも対応 できるコミュニケーション力が高められる。  英検の試験は年3回実施され、3級以上は一次試験(筆記・リスニング)と二 次試験(面接試験)の両方をパスして合格となる。日本全国で受験でき、隣接 する級を同時に受ける「ダブル受験」も可能。

42

4,000か所)をはじめ、インターネット、 コンビニ、携帯サイトにて申し込みをする ことが可能。 ▶問い合わせ先 公益財団法人 日本英語検定協会 英検留学情報センター 〒162-8055 東京都新宿区横寺町55 Tel:03-3266-6839   (平日9:30∼17:30 土・日・祝日を除く) Web:www.eiken.or.jp/eiken


TOEFL iBT® テスト  TOEFL テスト(Test of English as a Foreign Language)は50年以 上にわたって世界中で受験されているテストで、アメリカのEducational Testing Service (ETS) がテストの開発、 運営を行っている。現在約130か国、 9,000以上の機関が英語力の証明として認定している。  最新のインターネット技術が投入されたTOEFL iBTテスト(InternetbasedTest)により、 「読む」「聞く」 「話す」 「書く」の4技能を一度のテストで 測定する。TOEFL iBTテストは年間約40回、土・日を中心にほぼ全国で実 施されている。

▶受験の申し込み方法

▶申し込みの締め切り日と受験料

受験要綱(TOEFL Information and Registration Bulletin)を

Regular registration(試験日の7日前まで) :受験料US$235

ETSのTOEFLテスト公式サイトからダウンロードする。オン ライン、郵送、電話での申し込みができる。

前営業日17時まで) :受験料US$275

Late registration(オンラインは試験日の4日前、電話受付は

TOEFL iBTテストに関する一般的な案内(ウェブサイト)  国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 TOEFL事業部

▶TOEFLテストについてのお問い合わせ

  (www.cieej.or.jp/toefl)

www.cieej.or.jp/toefl/inquiry.html

その他のテスト IELTSや英検、TOEFL テストのような英語能力試験のほかに、場合によっては適性能力テスト(中学・高校進学留学に必 要な試験)を受けなければならない学校もある。希望の学校に入学するために必要なテストは、各学校の公式ウェブサイト、 学校要覧などで確認しておくこと。

TOEFL Junior®

AEAS

 TOEFL iBT やTOEIC を 開 発 す るETS(Educational

 AEAS (Australian Education Assessment Services) は、

Testing Service)が2010年 に 開 発 し た 中 高 生 向 け の

オーストラリア留学を目指す海外の小・中・高校生向けのテス

TOEFL 。 「読む」 「聞く」の2技能を測定するペーパーベース

ト。英語能力(読解力・語彙力・筆記能力・リスニング・スピー

テスト。個人受験(公開テスト)と団体受験(学校・団体による

キング) 、一般能力、数学能力を測定する。AEASは1985年

実施)があり、それぞれ申し込み方法が異なる。

以来、30年以上にわたってオーストラリアの学校に留学する 生徒の評価を実施。毎月、東京で試験が行われている。より詳 しい情報は86ページを参照。

▶受験の申し込み・問い合わせ グローバル・コミュニケーション& テスティング(GC&T) Tel:03-6836-0125

▶受験の申し込み・問い合わせ AEAS Web:http://aeas.com.au

Web:http://gc-t.jp

43


VISA

学 生ビザの申請 方法と注意点 オーストラリアに 3 か月以上留学する場合、学生ビザが必要になる。入学許可証(eCoE=Electronic Confirmation of Enrolment)を受け取ったら、できるだけ早く必要な書類をそろえてビザの申請をしよう。滞在期間が 3 か月未満の 場合は、観光ビザやワーキングホリデー・ビザで留学できる。

学生ビザの申請はオンライン申請のみ 2016年7月1日より、オーストラリアの学生ビザは「サブクラス500」の1種類 になり、原則としてすべてオンラインで申請する。申請時には、オンライン上で ImmiAccountを作成する必要がある。

経済的能力や英語力の条件を 手引きするツール 自分自身の情報を入力することで、必要な 証明書類が示されるオンラインツールがあ る。下記の移民・国境警備省のウェブサイ トから、必要書類および証明書類の条件に

★有効な申請をするためには、以下をクリアする必要がある

ついて確認してみよう。

申請書 157A を入力(オンライン申請のみ)

http://www.border.gov.au/Trav/Visa-1/500-

ビザ申請料金(VAC)の支払い 入学許可証明を用意

健康診断

18 歳未満の学生の welfare arrangement に関する証明

2015年11月20日より健康診断における 必須要項に変更があり、原則として日本は

扶養家族の有無

3か月以上の修学でも健康診断が必要なく

Genuine Temporary Entrant の条件を満たすこと

なった。詳細はhttp://japan.embassy. gov.au/tkyojapanese/healthexam_ jp.htmlを参照。

修学予定コースの入学 経済的能力及び英語力 健康診断及び犯罪経歴 健康保険 学生の年齢条件 ※これらの詳細は、オーストラリア大使館ビザ課のウェブサイト(http://japan.embassy. gov.au/tkyojapanese/studentvisa_jp.html)を参照。

ビ ザ についてその他の役立つ情報 就労許可に関して:  http://www.border.gov.au/Trav/Stud/More/Work-conditions-for-Student-visa-holders コースを変更する場合:  http://www.border.gov.au/Trav/Stud/More/Changing-courses

ビザの手続き方法や必要書類などは変更されることがある ので、必ず事前に移民・国境警備省(DIBP)のウェブサイ トを確認して、最新情報を入手してから申請すること。

T 44

-1 00-


オ ー ス ト ラリ ア 留 学 体験記

45


ほそかわ    

まなか

細川 愛果

小・中・高校 留学体験者

さん

【留学した都市】ブリスベン s School(74 ページ ) 【留学した学校】St. Paul’ 【留学期間】2012 年1月~ 2012 年 12 月

 オーストラリアはとても空気が良

ソコンを使用した授業を行うなど、

友だちもできなかったので、とても

く、日本では見られなかったたくさ

日本の学校とは違うところがたくさ

さみしく感じました。でも、先生や

んの星も見ることができます。私が

んあります。ランチタイム以外にも

ホストファミリーが親切にサポート

留学したブリスベンは、都会的な場

「アフタヌーンティー」という時間

してくれたので、がんばることがで

所もあれば自然が豊かなところも

が設けられていて、お菓子を楽しむ

きました。そのときに学んだのは、

あって、とても居心地が良い街です。

機会もあります。

クラスメイトや先生、ホストファミ

学校では、月曜日は全体集会、火曜

 オーストラリアに留学した当初は

リーなど、周りの人たちに毎日笑顔

日には教会で歌を歌い、水曜日はパ

まったく英語を話すことができず、

であいさつをすることです。

ながの    

りさ

永野 莉彩

さん

【留学した都市】ブリスベン 【留学した学校】John Paul College(74 ページ ) 【留学期間】2012 年7月~ 2013 年3月

 小学生のころから海外に憧れがあ

より国際的な環境を求めて高校は

 オーストラリアの学校では自分の

り、3回の短期留学経験を経て、中

John Paul College(JPIC)へ入学しま

希望の進路に合った科目を履修でき

学校はオーストラリアの日本人学校

した。

るので、すべての授業が将来にとっ

への入学を決めました。当初は日本

 最初は基礎英語クラスに入り、生

て実りあるものにできます。留学で

の友だちとの関係を心配していまし

徒は5人いましたが英語を話すこと

成長したと感じているのは、やはり

たが、実際には時差がほとんどない

ができる人はいませんでした。意思

英語力です。JPIC の英語基礎クラ

ので電話やメールでの連絡がしやす

の疎通ができなくて大変でしたが、

スに入学してから上級英語クラスに

く、問題ありませんでした。中学3

先生やスタッフが親切で、勉強はも

進み、卒業することができたのは、

年間はケアンズの日本人学校で学び、

ちろん生活面も助けてくれました。

私の留学における最大の成果です。

West Moreton Anglican College は、 勉強だけでなくスポーツにも力を入 れている学校です。私はラグビーや バスケットボールなど、今までやっ たことがなかったスポーツを経験で きました。オーストラリアの学校で

ひがしだ    

らお

東田 頼雄

さん

【留学した都市】ブリスベン 【留学した学校】West Moreton Anglican College (74 ページ )

【留学期間】2013 年1月~ 2013 年 12 月

最もおどろいた日本の学校との違い は、モーニングティータイムという

46

休 憩 時 間 で す。1 時 間 目 の 授 業 後、

をかけました。英語がうまく話せな

たくさんの星空など、生活環境の

約 20分の休憩時間があり、みんなで

いからといって、遠慮していたら、

良さを体感しました。しかし、最大

スナックやフルーツなどを食べます。

今のように多くの友だちはできな

の発見は、オーストラリア人が本当

 留学当初は、とにかくたくさんの

かったと思います。クイーンズラン

に親切で、他人を想いやる気持ちを

人に “Hi!” “Hello” と簡単な挨拶で声

ド州に住んでみて空気のきれいさや

大事にしているというところです。


かめい    

ななこ

亀井 奈々子

英語学校 & 大学

さん

【留学した都市】メルボルン 【留学した学校】Deakin University(79 ページ) 【留学期間】2015 年3月~ 2016 年2月 【滞在方法】ホームステイ/寮 【利用した留学サポート団体】MEC(102 ページ)

( スタディ・アブロード)

留学体験者

 留学を決意した理由は、「大学生の

 オーストラリアは、学生ビザでア

うちに自分と違ったバックグラウン

ルバイトができることも魅力のひと

ドを持つ人々と生活をしてみたい」

つです。私は自分の英語力に不安を

と強く思ったからです。なぜオース

感じていましたが、一度しかない機

トラリアを選んだかというと、小学

会だと考え、カフェでアルバイトを

生のころに短期間住んでいた経験が

しました。勉強とは違った「働く」

あり、時間の流れがゆったりとして

という貴重な経験ができて、自信に

いて、比較的治安も良く、何より人々

もつながっています。

がおだやかで優しいところが魅力で した。

 語学学校では同 じ国 同士で か た

 留 学 中 に 最 も 楽 し か っ た こ と は、

まっているクラスメイトたちがいた

世界中に友だちができ、各国の文化

ので、私は自分から積極的に英語で

を肌で感じることができたことです。

話しかけることを心がけていまし

オーストラリアにはヨーロッパ、ア

た。大学では、現地の学生と英語で

ラブ、アジア、南米など、世界中か

授業を受けなければいけません。特

ら留学生が集まっています。お弁当

に、現地の学生とディスカッション

を交換したり、友だちの家でそれぞ

を行うクラスには苦労しました。追

れの国の料理をつくり合ったり、日々

いていかれないためにも、必ず次回

新しい文化に触れ、刺激的な生活を

の授業の内容を予習し、授業後にわ

送ることができました。

からなかった部分を先生やクラスメ イトに聞いて、放課後に自分でもう 一度復習をしていました。また、大 学学部の勉強は、ひとつの科目に対

  

する勉強量が日本の大学よりもはる

 

かに多く、おどろきました。各科目 はレクチャーとセミナーで構成され ており、レクチャーで学んだことを、

 留学中は良い経験もつらい経験も

セミナーでディスカッションし、理

含め、毎日が新鮮でした。多様な文

 

解を深めます。日本の大学と比べて、

化を受け入れられるようになった

 留学当初は、言語の壁に悩みまし

実践的で授業内容がより身に付く学

り、自分の力でつらい状況を成功体

た。ひとりで渡豪し、誰も知り合い

習方法だと感じました。

験に変えられるようになったり、す

がいない中で、はじめの1週間は日

べての経験が自分の成長につながっ

本に帰りたいと思うこともありまし

たと確信しています。貴重な体験な

た。しかし、ホストファミリーや学

ので、何事にもチャレンジしてみて

校の友だちとできるだけ多くの時間

ください。

を過ごそうと意識したことで、心か ら通じ合える仲間もでき、数か月後 には英語力もアップして会話に困ら

英語学校留学については 24 ページ~、 大学留学については 32 ページ~を参照。

なくなっている自分がいました。 47


きたじま     

北嶌 みずほ

さん

【留学した都市】シドニー 【留学した学校】JET English College / MIT Institute 【留学期間】2015 年 11 月~ 2016 年9月 【授業料を除いた1か月の生活費】10 万円 【利用した留学サポート団体】ワールドアベニュー              (100 ページ)

ワーキング ホリデー & インターンシップ 留学体験者

 私が留学を決めた理由は大きくふ

ちと遊びに行ったり、パーティーを

ということです。口数が少ない私は

たつあります。ひとつは、中学生の

したりする中で、自然と英語力が身

人一倍苦労しましたが、新しい場所

ころから留学に興味があり、短期間

に付き、現地の人とスラスラ会話が

や人間関係の輪の中に飛びこんでい

の留学経験を経て、長期間の留学も

できるようになりました。インター

ける積極性が身に付きました。語学

挑戦してみたかったからです。ふた

ン シ ッ プ 期 間 中 は、す べ て 英 語 を

を学ぶときには、 「間違えることを

つ目は、就職活動の前に何か新しい

使ってコミュニケーションをとらな

恐れない気持ち」が大切だと思いま

経験をしようと考えたからです。オー

ければいけなかったので、自分の伝

す。海外での生活や仕事を通じて実

ストラリアを選んだ理由は、私はス

えたいことが相手にうまく伝わらな

際に使って覚えた英語は、日本で勉

ピーキングが苦手だったので、スピー

いもどかしさに、毎回悔しさを感じ

強して暗記するよりも、何倍も自分

キングに特化した学校がシドニーに

ていました。

の力になったと実感しています。

あったためでした。

 留学を通して学んだのは「自分の

 留学中に出会ったたくさんの友だ

考えをはっきり口に出して伝える」

ワーキングホリデーについては 38 ページ~を参照。

みんなの疑問や不安を解決!

留学に関する Q & A Q 日本から持って行くと役立つものは? オーストラリアは日差しが非常に強いので、日焼け止めが必需品です。日本人の肌に合った日本製のも のを日本から持って行くことをおすすめします。

基本的に、現地でも調達することはできますが、値段が高いものもあります。私は、コンセントの変換 プラグ、水筒、ポケットティッシュ、ペン、化粧水、目薬などを持って行きました。

Q ホームステイ・寮・アパートで生活する上で注意することは? シャワーの時間です。10 分以内で浴びるように心がけていました。ホストファミリーによって家のルー ルが異なるので、はじめに確認しましょう。

寮やアパート生活は、自己管理が大切です。風邪などに備えて、普段から食糧や薬を常備しておくこと が必要です。また、積極的にシェアメイトと交流することで、より充実した留学生活になると思います。

Q 出発前にしておくとトクする準備は? いろいろな国の “Hello” を覚えておくと、学生の友人をつくるきっかけになりました。また、日本の政 治や歴史を理解して、答えられるようにしておくことも大切です。 48


UNIVERSITIES IN

AUSTRALIA オーストラリア全大学マップ

DARWIN

Charles Darwin University •

NORTHERN TERRITORY

WESTERN AUSTRALIA

Curtin University Edith Cowan University Murdoch University University of Western Australia

• • • •

SOUTH AUSTRALIA

PERTH FREMANTLE

University of Notre • Dame Australia

Carnegie Mellon University* • Flinders University • University of Adelaide • University College London* • University of South Australia • Torrens University Australia • *Overseas university

このマップは、各大学のメインキャンパスがある都市を示しています。

そのほかのキャンパスについては、各大学のウェブサイトを参照してください。 50


• James Cook University

TOWNSVILLE

ROCKHAMPTON

QUEENSLAND

• CQUniversity Australia

MAROOCHYDORE BRISBANE TOOWOOMBA GOLD COAST

NEW SOUTH WALES

NEWCASTLE BATHURST SYDNEY WOLLONGONG

ADELAIDE

VICTORIA

CANBERRA

BALLARAT MELBOURNE

Federation University Australia • Deakin University La Trobe University Monash University RMIT University Swinburne University of Technology University of Melbourne MCD University of Divinity Victoria University

LISMORE ARMIDALE

• • • • • • • •

HOBART

• • • • • •

University of the Sunshine Coast Griffith University Queensland University of Technology University of Queensland University of Southern Queensland Bond University

• • • • • • • • • • •

Southern Cross University University of New England University of Newcastle Charles Sturt University Australian Catholic University Macquarie University University of New South Wales University of Sydney University of Technology, Sydney Western Sydney University University of Wollongong

• Australian National University • University of Canberra

AUSTRALIAN CAPITAL TERRITORY

• University of Tasmania

TASMANIA

51


クイーンズランド州に留学しよう! これまでも多くの日本人に愛され、留学先として高い人気を誇るクイーンズランド州。 みなさんが実際に留学した場合、どのような生活を送ることになるのでしょうか。 クイーンズランド州の高校・大学に留学した場合の 1 日のスケジュールを紹介します。

0 7:0 0

0 8:0 0

クイーンズランド州の家庭では朝食を自分で用意して、それぞ れで食べることが多いです。ホームステイ先によってさまざま ですが、シリアルやトースト、フルーツ、ヨーグルト、日本で は珍しい Porridge(オートミール)の中から選びます。

学校が始まる合図として Warning Bell というチャイム(ブ ザー)が流れます。生徒たちは、Form または Assembly と呼 ばれる「朝礼」が行われる教室に移動します。

1時

0 9:0 5

目(

学校によっては留学 生を同じクラスに集 め、留学生サポート スタッフと話せる機 会をつくっています。

生徒たちは、それぞれの授業が行われる教室へ移動します。日 本の高校では珍しい「演劇」の授業では、グループで演技の練 習をしたり、クラス全員で踊ったり、先生を中心に輪になって 座って授業を聞いたり、授業形態はさまざまです! ©EQI Queensland Government

クイーンズランド州では日本の学校のように「クラス分け」をしていないので、選択した授業によって時間割はもちろん、 授業を受ける教室も変わります。科目によってクラスメイトも違うので、友だちの輪がどんどん広がります!

T

1 0:1 5

クイーンズランド州のほとんどの学校には、昼休みの前に「お やつの時間」として、約 30 分ほどモーニングティーの時間が 設けられています。友だちと芝生の上に座りながら、フルーツ やクッキーを食べておしゃべりタイムが楽しめます。

2時

1 0:4 5

日本の学校のように 教室で食べる習慣は なく、売店の近くで集 まったり、外のベンチ や芝生に座ります。

目(英語)

Year 11 と Year 12(高校2年、3年に相当)では、必須科目 は 2 科目。そのひとつが英語です。スペルテストやエッセイの 書き方を教わったり、1 冊の本をテーマにさまざまな授業や宿 題が出されます。また、プレゼンテーションやグループワーク、 ひとり芝居など、日本では珍しい課題が出されます。 ©St Paul’ s School

52


1 1:5 5

目(数学)

もうひとつの必須科目は数学。将来の進学先や目標によって、 数学の授業のレベルを自分で選択できます。レベル C のクラ スでは大学で教わるような難しいものもあり、レベル A は日 本の授業と比べても簡単な内容が多いようです。

ラン

1 3:0 5

日本の学校のような 手書きの方程式では なく、 「科学計算用電 卓」を使って授業が 行われるのも大きな 特徴です。

タイム

待ちに待ったランチタイム。友だちと外に集まって、ホストマ ザーにつくってもらったランチボックスや売店で買ったランチ を食べます。 ©West Moreton Anglican College

1 3:5 0

目(生

生物などの授業は、クイーンズランド州の自然環境を最大限に 生かした教室外での授業が特徴的です。外で行う場合でも、IT を活用して授業が進められます。 参考 URL:https://eqi.com.au/study-options/stem/science

選択科目は、農業学、 海洋学、ダンス、映画 製作、観光学、航空宇 宙科学、ホスピタリ ティなど、さまざま!

クイーンズランド州の学校では、ひとり 1 台のパソコンが義務付けられており、パソコンを使って授業が進められていくス タイルが一般的です。

1 5:0 0

4 時限目が終わると、下校する生徒と課外活動に参加する生徒 に分かれます。選択できる課外活動は、ミュージカルや音楽の 特別レッスン、スポーツ、ロボティクスなど、さまざまです。 ©The Glennie School

自由時間

1 6:0 0

日本より夕方の時間が長いのが大きな特徴です。このフリータ イムに友だちと遊んだり、学校の宿題(たくさんあります)を やったり、ホストファミリーとショッピングしたり、ビーチへ 散歩したり、テレビを観たり…etc。 ©West Moreton Anglican College

1 8:0 0

夕食をホストファミリーといっしょに食べる間に、学校での出 来事を話せば、英語の練習にもなり一石二鳥。片づけは家族み んなで行うのが一般的な家庭のルールです。自分から進んで食 器洗いやテーブルの片づけを手伝いましょう。

1 9:3 0

夕食は、日本と比べ ると質素なものが多 く、ワンプレートが 一般的です。

ワー

日本のようにお風呂に入る文化がないので、シャワーを浴びま す。オーストラリアは干ばつが多い国なので、水がとても貴重 です。早めにあがることを心がけましょう。日本と比べると、 就寝時間が早い家庭が多く、22 時ごろには寝てしまいます。

53


紹介してくれる人

0 6:3 0

由佳理

さん

留学した都市:クイーンズランド州 ブリスベン 留学した学校:The University of Queensland 留学のタイプ:語学留学➡大学学部(1学期間)        ➡インターンシップ 留学期間:2015 年3月∼ 2015 年 12 月まで

朝食にはトーストやオートミール、シリアルなどを食べます。 シリアルやオートミールにかけるミルクは、日本のものよりも はるかに濃厚でとてもおいしいです。休日には友だちと外出し て、少し豪華なブランチを食べることも!

登校

0 7:5 0

ほとんどの学生が、電車やバスを使って登校しています。なか には City Cat と呼ばれるフェリーで通学している人も。日本 と違い、通勤・通学の時間帯でもあまり混雑しておらず、通学 時間も短くて快適です。

0 8:4 5

午前中は2コマ受講します。私はクイーンズランド大学付属の 語学学校に 15 週間通い、大学の学部で 1 学期間勉強しました。 授業で学生たちが次々に発言する様子に圧倒され、その発言の 内容はレベルが高く、とても驚かされました。

クイーンズランド州 にはさまざまな国か ら留学生が集まって いて、文化や価値観の 違いを知ることがで きます。

午前中の 2 コマの間には“Morning Tea”と呼ばれる 30 分間の休み時間があります。リフレッシュのために、 コーヒーやホッ トチョコレート、スムージーなどを飲んだり、スナックを食べたりしました。カフェで飲み物をオーダーするときには、自 分の名前を伝えるのに苦労しました。これを避けるために、自分で英語名をつける人もいました。

ラン

1 2:4 5

タイム

外でランチを食べるときは、野生の七面鳥などが近づいてくる ので最初は驚きました。語学学校の学期の最後には、全員での バーベキューがあります。日本では食べられないクロコダイル のお肉を食べることもできます。

後の

1 4:0 0

1 6:3 0

54

月∼木曜日は、午後に 1 コマ受講します。語学学校はもちろん ですが、大学の学生や教授を含めて、本当に多国籍な環境です。 日本の大学ではなかなか経験できないことなので、とても貴重 な時間です。

帰宅後は宿題や IELTS の勉強をします。終わったら夕食までホ ストファミリーといっしょにテレビを観ます。

すぐに帰らずに、大学 の図書館でレポート やプレゼンテーショ ンの準備をすること もあります。


19:00

ホストファミリーはとても料理がうまく、いろいろな種類の食 事を食べることができました。カンガルーのハンバーグをつ くってくれたときは正直驚きましたが、ヘルシーでおいしかっ たです。夕食は家族全員が集まる唯一の時間だったので、その 日の出来事などを話す貴重な時間でもあります。

準備

2 0:0 0

シャワーを浴びてから、翌日の準備などをします。その後は SNS をやったり、日本ではなかなか観られないオーストラリ アのテレビドラマを観ながら、ゆったりと過ごします。

2 2:0 0

ベッドに入って、オーストラリアで買った本を読みつつ寝ます。 就寝時間は日本と比べるとはるかに早く、いちばん驚いたこと でした。とても健康的な習慣で 1 日を締めくくります。

吉  私は幼いころから英語を習ってい て、「大学生になったら絶対に留学した い!」と思っていました。クイーンズ ランド州に留学した理由は、オースト ラリアの中でもすばらしい気候で、明 るい雰囲気のイメージがあり、その場 所で多くの経験をしたいと感じたから です。  クイーンズランド大学の学部で 1 学 期間授業を受けたあと、ホテルの人事 部(HR office) で 4 週 間 イ ン タ ー ン

70

BROWNS English Language School/ BROWNS Professional

76

Canterbury College

75

Citipointe Christian College

75

Griffith University

71

Hills International College Independent Schools Queensland John Paul International College

76 74 74

休みの前日でも、遅く ても 23 時までには寝 ていました!

さんのコメント

シップをしました。さまざまな国や地 域から人々が集まるホテルでインター ンシップをした経験から、大学卒業後 は多種多様な文化背景を持つ人たちと 協力して働きたいと考えています。帰 国した現在は、それを実現させるため の勉強をしています。  日本の大学では、クイーンズランド 大学で履修した科目に関連した授業を 受けているため、留学中に得た知識を フル活用しています。

本誌掲載のクイーンズランド州 教育機関と掲載ページ Bond University

日によっては、ホス トマザーがデザート として、ケーキやチョ コレートを出してく れることも!

▲ ブ リ ス ベ ン を 一 望 で き る Mt. Coot-tha か ら の 眺 め は 最 高 で す。 おいしいジェラートもあり、夜景 もとてもすてきです。

編集協力:クイーンズランド州政府

St Paul's School

74

The Glennie School

74

West Moreton Anglican School

74

James Cook University

72

Queensland University of Technology

73

TAFE Queensland

77

Australian Catholic University

65

@studyqld

Navitas

88

https://www.youtube.com/user/StudyinQueensland

www.studyqueensland.qld.edu.au facebook.com/studyqueensland

55


56


編集協力:ビクトリア州政府

Study in Melbourne, Victoria

メルボルンの教育を知る ビクトリア州の州都メルボルンは「学問の都」として知られています。 オーストラリアの多くの州で「資源」が輸出額の大半を占めていますが、 ビクトリア州では「教育」がダントツのトップ。 教育・医療・インフラ整備などの評価に基づいた 「世界で住みやすい都市ランキング 2016*」 では 6 年連続で 1 位の座に輝きました。 *Global Liveability Ranking 2016 - Economist Intelligence Unit

1

2

Why MELBOURNE ?

Why MELBOURNE ?

ビクトリア州の州都メルボルンは学生から高

オーストラリア国内の製造業の 70%以上がビ

い人気を集めており、世界でトップ 5 に入る

クトリア州に集まっており、産業界で求められ

学生の街です。毎年 160 か国から集まる 17 万

る人材を育てるための教育機関が発達してい

人以上の学生が、ビクトリア州を留学先に選ん

ます。特に、工学、自然科学、経営学、商学

でいます。メルボルンは、6 年連続して「世界

などの分野におい

で最も住みやすい都市」

て強みを持ってお

にランクされているだけ

り、これらを学び

で な く、「 留 学 生 に 優 し

たいと考えている

い街ランキング」でも世

人には最適の留学

界 2 位に輝きました。

先といえます。

3

Why MELBOURNE ? 有名なアートシーン、世界有数の食とワイン、 ショッピングやレジャーが楽しめるメルボル ンは、多文化ならではの活気溢れるライフスタ

メルボルンには、もともと街の中心部を 回る無料の観光用トラムがありましたが、 2015 年 1 月 1 日からは CBD(セントラル・

イルも魅力です。また、多種多様な国際スポー

ビジネス・ディストリクト)と呼ばれる区

ツイベントが開催されるため、イベント関連

域がすべて無料に! こういった公共交通 機関の便利さが

のアルバイト、インターンシップ、ボランティ アの機会が豊富にあります。2020 年に開催さ れる東京オリンピック・パラリンピックの際に は、これらの経験が強みになります。

メルボルンが 「学問の都」と 呼ばれる理由

58

街の中心部を走る トラムはすべて無料!

▶オーストラリアでトップ、世界で 2 位の学生の街 ▶オーストラリアでトップ、世界で 33 位にランク インしている教育機関がある街 ▶オーストラリアの 10 大学のキャンパスが存在 ▶世界のトップ 100 大学の 2 校、オーストラリアの トップ 20 大学の 5 校 ▶世界有数の研究施設の拠点 ▶産業界の実情に合った職業訓練制度

「世界で最も住 みやすい都市」 に6年連続で 選ばれる理由に なっています。

▶職業訓練と高等教育の両方を提供するオーストラ リアの 5 大学の 4 校 ▶専門学校と大学間の確立された進学・編入制度 ▶公立専門学校(TAFE)は 12 校 ▶専門性に強みを持つ私立校は 250 校以上 ▶優れたプログラムを持つ英語学校が多数点在 ▶英語プラスアルファを体験できる英語学校 ▶小・中・高校は最先端の教育システムを確立


スタディメルボルン留学生センターを

利用者のコメント

賢く活用しよう!

スタディメルボルン留学生センターは サザンクロス駅の近くにあり、とても 通いやすいです。メルボルンで英語を

スタディメルボルン留学生センターは、無料のサポートや情報を提供し、

学ぶ人同士の交流イベントなどが数多

留学生がビクトリア州で楽しく留学生活が送れるようお手伝いしています。

く開かれており、留学の醍醐味といえ

ビクトリア州に留学するすべての留学生に、以下のサービスを提供しています。

るさまざまな人との出会いがありま す。また、病院やアルバイトの情報な ども、無料で紹介してもらえます! (長田真理子さん)

メルボルン到着時の サポート

割引料金で 留学生活を楽しむ

メルボルンにきて 4 か月になります

メルボルン国際空港にウェ

ビクトリア州の観光スポッ

ルカムデスクを設置し、留

ト、イ ベ ン ト へ の 入 場 や ス

ンターに足を運びました。スタッフは

学生にウェルカムパックを

ポーツ観戦の際に特別料金

無料配布しています。

を提供しています。

が、初めてスタディメルボルン留学セ 親切で、私の拙い英語を理解しようと してくれます。センター内は清潔で、 自習スペースとして提供されていま す。コピー機やドリンクが無料で、魅 力的なサービスがたくさんあります。 (居相智子さん)

留学生のための 奨学金 ビクトリア州政府が提供す る新しいことにチャレンジ する優秀な留学生に贈られ る栄誉ある奨学金。

スタディメルボルン留学生センター 599 Little Bourke Street Melbourne  (オープンは平日の9時∼17時)  Tel:1800-056-449(24時間対応、固定電話からの通話料金は無料)   Web:studymelbourne.vic.gov.au/smsc

Study MELBOURNE のウェブサイト スタディメルボルンは日本語のウェブサイトを作成し、ビクトリア州の留学に関するさ まざまな情報を日本語で提供しています。ビクトリア州の地域や歴史、留学のオプショ

Study MELBOURNEでは、ビクトリア州の 「職業訓練」 「大学」 「研究」など、さまざまな冊 子を発行しています。より詳しい情報が掲載さ れているので、興味がある人は学校や留学サ ポート団体に問い合わせてください!

ンや滞在施設、交通機関まで、知っておくとトクをする情報にアクセスできます。 URL

www.studymelbourne.vic.gov.au/japanese Study MELBOURNEの英語サイトでは、留学生の1日を撮影した「My Story」を公開中。留 学のタイプによっていくつものパターンの動画が用意されているので、自分の“if”の留学生活が 具体的にイメージできます!

w w w .s tu d y m e lb o u r n e .v ic .g o v .a u 本誌掲載の ビクトリア州教育機関と 掲載ページ

Deakin University

79

Carey Baptist Grammar School

84

Yarra Valley Grammar

85

Hawthorn-Melbourne

80

St Leonard's College

84

Victoria University

82

RMIT University

81

The Geelong College

84

Australian Catholic University

65

Beaconhills College

84

Wesley College

85

Navitas

88

59


に 州 ズ ール

ェ ウ ・ ウス サ ・ か? ニュー ん せ ま み て 留学し

ニュー・サウス・ウェールズ州には、世界的にも評価の高い大学、研究機関、政府が 管理する TAFE(Technical and Further Education Institutes) と呼ばれる職業教育訓 練機関があります。 そのほか、中学・高校(公立と私立)、オーストラリア有数の私立の教育・訓練機関、 英語学校など、幅広い選択肢の中から選ぶことができます。 すべての教育機関が、産業界と強いつながりを持ち、質の高い最先端の教育を提供し ています。

州都シドニーに 住んでいる人の 32% が、第二言語を話し、 シドニーで話されてい る言語は 200 以上 あります。

温帯地域に属する ニュー・サウス・ウェー ルズ州の年間平均気温は 12 度~ 21 度で、1 年を 通じて過ごしやすい気候 に恵まれています。

60

オーストラリアの 企業上位 500 社のうち 45% がニュー・サウス・ ウェールズ州を拠点として おり、在学中または卒業 後に幅広い雇用の機会 があります。

州都シドニーは国内 最大の経済圏であり 経済 規模は香港、マレーシア、シ ンガポールに勝ります。また ニュー・サウス・ウェールズ州 は空輸のハブとしても機能して おり、1 週間に 1000 便以上 のフライトが行き交うグ ローバルな州です。


スタディ NSW は、留 学生に対して幅広いサポート を統合しており、シドニー国際 空港内に留学生を歓迎するデスク を設け、オーストラリアのニュー・ サウス・ウェールズ州での勉強、 生活、仕事に関する情報を提供 するウェブサイトなどを設置 しています。

ニュー・サウス・ ウェールズ州には、約 730 万人が住んでいます。アジア太 平洋地域の国々と文化交流が盛ん で 5 人に 1 人がオーストラリア以外 の国で生まれた親を持っているとい われています。200 を超える多様 な文化が共存しており、国際的 に評価されています。

ニュー・サウス・ ウェールズの教育制度で は、多種多様なコースと学 位を提供しており、勉学に 集中して取り組むことがで きる安全で快適な学習 環境も魅力です。

本誌掲載の ニュー・サウス・ウェールズ州教育機関と 掲載ページ Byron Bay English Lanauge School

66

NSW Government Schools

67

TAFE NSW

68

UTS: INSEARCH

69

University of Wollongong

87

Macarthur Anglican School

85

Pymble Ladies' College

85

Australian Catholic University

65

Navitas

88

www.study.sydney Study Sydney

@StudyNSW

study.sydney

Study NSW

61


Pick UP

西オーストラリア州パースの魅力 「教育都市パース構想」を掲げる西オース トラリア州への留学生数は年々増加して お り、 パ ー ス の 5 つ の 大 学、 専 門 学 校、 英語学校などで、140 を超える世界の国々 から年間 50,000 人以上の留学生を迎え入 れています。海外出身者が人口の 30%以 上を占めるパースの人々は、留学生を温 かく迎え入れてくれるので、すぐにパー スの空気に慣れることができるでしょう。

西

オーストラリア州の総面積は、オーストラリアの約 3 分の 1 を占め ており、日本のおよそ 7 倍もの大きさを誇っています。そのため他

州をまたぐことなく、さまざまなオーストラリアの顔を見ることができま す。州都であるパースへは、 日本からはシンガポールや香港経由が便利です。 東南アジアの玄関口で、乗り換え先からは時差もありません。

年のパースでは州政府による再開発が進んでおり、リバーサイド・ プロジェクト、シティリンク・プロジェクトに続き、エリザベスキー・

プロジェクトが進められています。スワンリバーと市街地とを再びつなぎ、 新たなレジャー地区をつくり、世界で最も住みやすい街としての評判をさら に高めるプランの中核となるプロジェクトです。

ーストラリア国内で最も経済成長を遂げている西オーストラリア州 は、年々発展を続けています。この経済発展は、ヨーロッパやアジア、

アフリカから多くの人を引き寄せ、今では州人口の約 30% は国外出身者で 占められています。このような多様で変化に富んだ文化が、インターナショ ナルな環境をつくり出しています。

ースの

の1

ースの

の2

ースの

パースは街の中に、電車やバス、フェ

西オーストラリア州は、今や世界的な影響力

西オーストラリア州政府は、マスターコース

リーなどが機能的に整備されているた

を持つ好況産業に発展した資源産業を柱に、

や PhD コースで学ぶ留学生の扶養家族の学

め、どこへ行くにも便利。スマートライ

経済成長を遂げている州です。留学生にとっ

費を無料にしており、これはオーストラリア

ダーを持っていれば、全公共交通機関

ても経済発展によって得られる恩恵は数多く

国内では西オーストラリア州だけです。これ

の乗り降りが自由です。留学生は学生 用スマートライダーで 4 割引きの料金

あり、週平均勤務時間は 14.4 時間、最低時

らのコースに通う留学生の 12 年生(日本の

で利用できます。また、パース中心部で

給は A$16.87、平均時給は A$19.70 と、 日本に比べて時給も高く設定されています。

高校 3 年生)までの扶養家族が公立校に入 学する場合、学費は州政府が負担してくれま

は“CAT”と呼ばれる巡回バスが無料

パースの留学生の 43.6% がアルバイトを経

す。

で利用可能です。西オーストラリア州で

験しており、生活費を稼ぎながら同時に国際

は、無料のバスや学割など活用し、年間

的な環境で働き、英語力の向上や異文化への

A$800-A$1,000 節約が可能です。

理解度を高められるメリットがあります。

本誌掲載の西オーストラリア州教育機関と掲載ページ

62

Study Perth

63

Aranmore Catholic College

86

TAFE Western Australia

83

Navitas

88

編集協力:西オーストラリア州政府


63


本誌掲載のオーストラリアの学校・教育機関一覧 州

NSW

QLD

SA

VIC

WA

教育機関名

学校の種類

ページ

Byron Bay English Lanauge School

英語学校

66

NSW Government Schools

公立小・中・高校

67

TAFE NSW

公立専門学校

68

UTS:INSEARCH

大学進学準備

69

University of Wollongong

大学

87

Macarthur Anglican School

私立小・中・高校

85

Pymble Ladies' College

私立小・中・高校

85

Bond University

大学

70

BROWNS English Language School/BROWNS Professional

英語学校/専門学校

76

Canterbury College

私立小・中・高校

75

Citipointe Christian College

私立小・中・高校

75

Griffith University

大学

71

Hills International College

私立小・中・高校

76

Independent Schools Queensland

私立小・中・高校協会

74

John Paul International College

私立小・中・高校

74

St Paul's School

私立小・中・高校

74

The Glennie School

私立小・中・高校

74

West Moreton Anglican School

私立小・中・高校

74

James Cook University

大学

72

Queensland University of Technology

大学

73

TAFE Queensland

公立専門学校

77

South Australian Government Schools

公立小・中・高校

78

TAFE South Australia

公立専門学校

77

Deakin University

大学

79

Hawthorn-Melbourne

英語学校

80

RMIT University

大学

81

Beaconhills College

私立小・中・高校

84

Carey Baptist Grammar School

私立小・中・高校

84

St Leonard's College

私立小・中・高校

84

The Geelong College

私立小・中・高校

84

Wesley College

私立小・中・高校

85

Yarra Valley Grammar

私立小・中・高校

85

Victoria University

大学

82

StudyPerth

パースの学校を代表する機関

63

TAFE Western Australia

公立専門学校

83

Aranmore Catholic College

私立小・中・高校

86

Launceston Church Grammar School

私立小・中・高校

86

NSW/QLD/VIC

Australian Catholic University

大学

65

NSW/QLD/WA/ SA/VIC

Navitas

大学進学準備

88

TAS

*州名:ACT(Australian Capital Territory =オーストラリア首都特別地域) 、NSW(ニュー・サウス・ウェールズ州) 、QLD(クイーンズランド州) 、VIC(ビクトリア州) 、     WA(西オーストラリア州) 、SA(南オーストラリア州) 、TAS(タスマニア州)

64


ACU の卒業生は 世界に貢献しています

「心の教育なしに人を教育することは、 人間を育てるのではなく 機械を供給しているのと同じである。 」 ACU 学長 グレッグ・クレイブン教授

STUDY IN AUSTRALIA

Melbourne (St. Patrick’s) Campus

150 年以上にわたる教育の伝統を誇る ACU は、あらゆる宗教的・文化的な背景を持つ学生に 開かれたオーストラリアの国立大学です。幅広い研究に取り組み、国際的に認められた資格を 取得するためのコースを提供しています。 ACU基本情報 学部学生数

24,596

大学院学生数

6,809

留学生数

3,435

全体の学生数 学生の 出身国数 キャンパスの数 キャンパスのある都市数

(シドニー、ブリスベン、メルボルン、 キャンベラ、バララットおよびアデレード*)

学部の数

(教育学&人文学部、健康科学部、 法学&ビジネス学部、神学&哲学部)

開講しているプログラムの数 研究所の数

32,000+ 96 7 6

4 190+

ACUについて

ACUで学べる分野

ACU はオーストラリアで最も急速に成長 し、最も学費が良心的な大学のひとつです。 地域社会とのつながりや実践的なスキルの 養成に重点を置く ACU の学生は、即戦力 になる能力を身につけて卒業し、世界を舞 台にリーダーとして活躍しています。

▪会計学、ビジネス、マーケティング ▪生体医科学 ▪ビジネス情報システム、IT ▪デジタルメディア ▪教育学、教授法 ▪健康体育/スポーツ科学 ▪国際研究、国際開発 ▪法学 ▪経営学(MBA) ▪看護学、理学療法 ▪哲学、神学 ▪心理学 ▪公共衛生 ▪社会福祉/青少年福祉 ▪アート&デザイン

メルボルン、シドニー、ブリスベン、オー ストラリアの首都キャンベラに6つのキャ ンパスを構え、バララットにもキャンパス を持つ ACU に留学することで、オースト ラリアの美しい国土と世界最高水準の教育 との両方を経験することができます。

ACUの特色

▪英語コース、ディプロマ、大学学部、大学院、 博士課程で 190 以上のコースを開講 ▪平均を上回る卒業生の就職率

7

▪社会正義と地域社会とのつながりを重視

教師の数

1,083

▪多くのプログラムの一部として実践的な

専門職員数

1,158

実務研修を体験

出典 : 2016 ACU Pocket Statistics.

*現在、アデレードキャンパスでは留学生の受け入れはしていません。

詳しくはウェブサイトをご覧ください。 www.acu.edu.au/international CRICOS Registration: 00004G

大学付属の英語学校 ブリスベン、メルボルン、ノースシド ニーの 3 キャンパスには、大学付属の 英 語 学 校 が あ り、英 語 学 校 の 学 生 も ACU の学生としてキャンパスライフ を楽しむことができます。 クラブ活動や毎年行われる文化祭など のイベントに参加したり、オーストラ リアの学生や世界中から集まる留学生 と交流し、英語力を磨くことができま す!

»メルボルン »シドニー  シドニー »ブリスベン »キャンベラ »バララット

65


オーストラリアの東海岸で 最も魅力的な場所にある英語学校。

コース ・一般英語コース ・ケンブリッジ英検(FCE、CAE)受験準備コース ・IELTS 受験準備コース ・英語+サーフィン/ダイビング/音楽コース ・個人レッスン ・ティーンプログラム(高校生対象 7・8 月のみ) ・グループ・スタディ・ツアー

宿泊 ホームステイ先は、すべて自転車で 20 分以内の家庭です。ほとん どの学生が、自転車(週 15 ドル~ 25 ドルで貸出)を利用しています。 その他、ハウスシェアやステューデント・ハウス、ホステルの手配 も行っています。また、空港出迎えサービスも利用可能です。 連絡・お問い合わせは、kyoko@bbels.com.au まで。日本語可。 CRICOS Provider 02219J

Byron Bay English Language School 5 / 1 Carlyle Street, Byron Bay NSW 2481 Australia Tel: +61 2 6680 8253 Fax: +61 2 6680 8390

66

Email: info@bbels.com.au Skype:byronbay.english.language.school

www.bbels.com.au


ニュー・サウス・ウェールズ州の公立小中高校

NSW GOVERNMENT SCHOOLS YOUR FUTURE BEGINS TODAY

ニュー・サウス・ウェールズ州の 公立学校制度は、オーストラリア 最大の規模を誇ります。安全でダ イナミックな学習環境のもと、生 徒は力を発揮して優秀な成績を収 めています。シドニーと地方都市 にある 300 以上の学校から自分 に合った学校を選び、豊かな学習 体験をすることができます。 オーストラリアの ー の

オーストラリ

な ー

ス な

な に

• 認定を受けた質の高いホームステイ • 各学校でのオリエンテーション

• 外国語としての英語教育を担当する 教師 • 留学生担当スタッフ • カウンセリング

• 小学校(準備学級から6年生)

• 中学・高校(7年生から 12 年生) 中学校(7 年生から 10 年生) 高校(11 年生から 12 年生) • 英語プログラム 高校付属の 14 校とクリーブランド・ ストリートの英語学校で開講

• プロジェクトに取り組む学習

• 公認スタッフによる空港での出迎え

プログラム

• 自分で学習し研究する力

• 創造力と革新性

• 問題解決力

• 科学技術のスキル

サポート・サービス

• 学年担当スタッフ

最新の学習法

• 自信

な ア

優れた学業成績 高水準の授業 生徒一人ひとりに合わせたケア 一流の設備 大学への進学

• リーダーシップ

リーな

• • • • •

ニュー・サウス・ウェールズ州の公 立小中高校では、将来重要になるス キルを習得することができます。

ニュー・サウス・ウェールズ州 公立小中高校の特長

• 課外学習

• スタディ・ツアー(短期研修旅行) 学生対象のグループ研修や職業専門 能力開発を目的としたグループ研修 を実施

• 地域社会での活動

の AUSTRALIA NSW

151223

SYDNEY

isc@det.nsw.edu.au

www.internationalschool.edu.au

NSW Department of Education CRICOS Provider Code: 00588M


TAFEニュー・サウス・ウェールズは、世界で通用する スキルを習得できる英語コースや職業教育、高等教育 のコースを提供しています。 英語コース TAFEニュー・サウス・ウェールズの付属英語学校で、80か国以上から 集まる学生と英語を集中的に勉強することができます。英語コースは、 国内、海外の雇用主や高等教育機関から広く認知されています。

職業教育および高等教育のコース サーティフィケートやディプロマ取得コースから学位課程まで、100 以上のコースを開講。熱意のあるプロの教師が少人数で授業を行って います。

大学編入が可能なD2Dプログラム TAFEニュー・サウス・ウェールズのD2D(Diploma-To-Degree) プログラムでオーストラリアの主要大学への編入ができます。

詳しい情報とお問い合わせ

125年にわたって質の高い教育を提供している 州政府教育機関です。

業界水準のコースと 訓練施設 実社会での 経験豊富なプロの教師 政府が管理、 運営する公立の教育機関 ディプロマコース、 学位課程で奨学金を提供 大学への入学・編入 充実した学生サポート


授業の質や卒業生の満足度など

「教育経験」の部門で

オーストラリアで最も高い評価を受ける大学 5 つ星の評価を受ける ボンド大学

GOOD UNIVERSITIES GUIDE 2017 ランキング 教育の質全般 授業の質

学生の参加度 学習リソース 学生サポート スキル開発

ボンド大学のプログラム ▪ 大学進学準備プログラム

▪ エクササイズ・スポーツ科学

▪ 保険数理学・ビジネス・商学

▪ 国際ホテル&観光マネージメント

▪ 高等教育ディプロマ・プログラム ▪ 建築・都市計画 ▪ 生体医科学

▪ コミュニケーション・クリエイティブメディア・映画・テレビ

▪ 保健科学

▪ 国際関係・人文学 ▪ 法学

大学付属カレッジの英語コース

ボンド大学付属のカレッジでは、英語力強化が必要な学生を対象にした様々な英語プログラムを開講しています。プログ ラムの受講生は大学の設備を利用し、アクティビティに参加することができます。クラスは少人数制で、専門の資格を持 つ教師が個々の学生に配慮した授業を行っています。

入学時期は年に 3 回あり、パスウェイ・プログラムは 8 か月、学士課程は 2 年、修士課程は 2 年で修了します。 詳しい情報はウェブサイトをご覧ください:bond.edu.au

MB2636

メールでのお問い合わせ:international@bond.edu.au

bond.edu.au CRICOS Provider Code 00017B


ジェームスクック大学 上位

2% JCUの世界ランキング (2015 年世界大学学術 (ARWU)ランキング)

設立50 年未満の世界の 大学上位50 校にランクイン (The Times Higer Education(THE ) 2016 年世界大学ランキング)

ジェームスクック大学(JCU)は熱帯研究 におけるオーストラリアの名門校です。 当大学のキャンパスは2カ国にまたがっ ています。熱帯地域のクイーンズランド州 北部に位置するタウンズビルとケアンズに 2つのキャンパスがあり、もう1つはシンガ ポールにあります。生徒の数は22,000 名 以上、そして現在もその数は増え続け、 留学生 数は7,000 人以 上 、学生は世界 100 以上の国から集まってきています。 JCUを選ぶ理由 • 幅広い学問領域における質の高い コース • 仕事で即戦力となる人材を育てる ように設定された科目 • プロジェクトや実習科目の機会 • 学生支援やネットワークを通じた 学習機会 • 強力な学生支援ネットワーク • 静かで自然に囲まれた学習環境 • 知識豊かな頼れるスタッフ • オーストラリアの都市部に比べて 安い生活費 • 近郊に週末足を延ばせる魅力的 な観光地がある • 一歩外に出れば、温暖な気候!

サンゴ礁生態学の論文の 被引用数で世界1位 (Scopus 計量書誌学データ(Elsevier) 2010 年~2014 年)

熱帯地域にある3カ所 (ケアンズ、シンガポール、 タウンズビル)のキャンパス

就職率5つ星 (2016 年Good Universities Guide)

JCUの学生は、熱帯環境の中で学習するこ とになります。オーストラリアのグレート・ バリア・リーフ海洋公園やアウトバックの サバンナ、熱帯の島々、世界遺産に登録さ れている熱帯雨林を体験できるのは、 JCUならではの立地のおかげです。 学び、新しい人々と出会い、楽しみ、一生 役に立つスキルを身につけ、幸せで健康な 生活を送ること、それがJCUでの学生生活 です。留学生はキャンパスで開かれるさま ざまなソーシャルイベントやアカデミック なイベント、スポーツ活動、レクリエーショ ン活動に参加したり、クラブや団体へ入会 したり、旅行に出かけたりしています。 JCUには、学部、大学院(コースワークおよ び研究)をはじめ、本科コースへの準備コ ースとなる、英語コースや短期ディプロマ・ コースなど魅力的で実務的な様々なコー スがあります。

熱帯地域にあるJCUのキャンパス

JCUのコースに関する詳細は以下のページ をご覧ください。jcu.edu.au/courses

シンガポール

ケアンズ タウンズビル

人気の高い専攻分野

ブリスベン

シドニー

CRICOS PROVIDER CODE 00117J

メルボルン

人文、社会科学 &社会福祉

ビジネス& 情報技術

法学&管理学

医学、歯学& 薬学

クリエイティブ・ メディア

看護&助産

jcu.edu.au/international

教育

エンジニアリング &プランニング

健康科学

心理科学

科学

獣医学& 医科学


クイーンズランド州の私立学校への留学

・ 小学校、中学・高校への入学準備

セントポールズスクールの生徒は、

・ キャンパス内の英語学校

高度な語学力とコミュニケーション能力を身につけ、

・ ブリスベンとゴールド・コーストの中間に

日本やオーストラリアでトップレベルの大学に進学しています。

位置する大規模な共学校 ・ 充実した施設、多様な学習機会、進学準備プログラム ・ 安全な環境

・ 高校進学準備コースをキャンパス内で開講 ・ 学校が手配・監督するホームステイ ・ 経験豊富なスタッフと英語の補習コース

・ 寮およびホームステイの手配

・ 手厚い学生指導プログラム

・ 面倒見がよくフレンドリーな学校

・ 留学生は7年生から12年生まで受け入れ

・ 安全で清潔、 自然豊かで公園のようなキャンパス

・ 近代的な寮の設備

・ 小学校から高校まで

・ 非常に優秀な学業成績

・ キャンパス内の英語学校 ・ キリスト教の精神

・ 無料で提供している放課後の個別指導

・ 36名の留学生

・ 短期留学プログラム

・ 学校が手配するホームステイ −温かな家族 ・ キャンパス内の英語学校 ・ 無線LANの整備されたキャンパスとiPad ・ 豊富な課外活動

−音楽、 スポーツ、 サッカーなど

・ 日本語クラス開講 ・ 近代的な施設 ・ 定期的なレポートと保護者への連絡

・ 入学資格のある生徒は100%大学に合格 ・ 留学生受入れの豊富な経験 ・ 安全な学習・生活環境 ・ 地方都市にある学校 ・ 英語、 フランス語、 日本語に対応 ・ ブリスベン空港への出迎えまたはトゥーンバ/シドニー往復便の手配


いプログラムと の生 サ

が学

学の

ートを

リー・

英語

ンタ

学校です。

しています。

ンタ

リー・

レッジは、

とスタッフが生

ーツや音楽

して自

一人

とや

高校まで、1 00 人 と を

のた

てます。

レッジの と

のた 個

た学

も学

プログラム

の の

備と

学生

個 学

スタッフ

と ホームステイ先の家

学生

の とのコ

の生

ージ ュ

ーが

ケーシ

ンを

サービス

連絡先: CANTERBURY COLLEGE Old Logan Village Rd, Waterford, Q 4133 AUSTRALIA Tel: 07 3299 0888 Fax: 07 3805 2132 international@canterbury.qld.edu.au

Citipointe Christian College Brisbane, Australia

CRICOS Provider No 00996F

mail@brisbane.coc.edu.au

www.brisbane.coc.edu.au

シティポイント・クリスチャン・カレッジは、ブリスベ

シティポイントでの 1 年間留学で、自立心と自信を養

かな広々としたキャンパスに、小学校から中等学校、

人生を変える経験になるでしょう。

ンにある、生徒数約 1,600 人の私立の学校です。緑豊

そしてインターナショナル・カレッジがあります。優

れた芸術とスポーツのプログラムとともに、学問に対

する真摯な姿勢を重視しており Body(体)、Mind(心)、 Spirit(精神)の調和のとれた人間育成を、キリスト教 の教えに基づいて行っています。

い、ネイティブな英語が学べ、多くの友達との出会いが、

■1年間、半年間、1学期間の留学プログラム ■ 12 週間の英語集中コースと英検のテスト準備の  スタディ・グループ

75


英語コース 般

ビジネスプログラム ース

リス ホ

ース 学 ース ンブリ ア

イン ーン

育、 イン ーン

ース グラ

BROWNSは以下の賞を受賞しています。

中高進学準備コース(EAP Under 18)- ハイスクール・パスウェイ イーン ランド の公

の 学

BROWNS Gold Coast Campus, 5-7 Marshall Lane, Southport 4215, QLD Australia 1 Nerang Street Southport 4215, QLD Australia BROWNS Brisbane Campus, Level 1, 102 Adelaide Street, Brisbane 4000, QLD Australia Upper Ground Level, 295 Ann Street, Brisbane 4000, QLD Australia

www.brownsenglish.edu.au

E: info@browns.edu.au T: (+61 7) 3221 7871 F: (+61 7) 5561 1196

www.brownsprofessional.edu.au

CRICOS Provider Number: 02663M ABN: 31 111 453 831

BROWNS English Language School Pty Ltd

HILLS INTERNATIONAL COLLEGE Hills Educational Foundation Ltd. ACN.010 894 541 CRICOS Code:00997E

グローバルな視野を持った地球人を目指そう イーン ランド I プログラム

学 学、

ン ど、

ill International College

校(

12)

ill Language College

ーストラリア 人 を対象とす ル

EAS の 可を受 た英語を 語とし 語学学校。一般英語、 高 学準備コース 校で

学、

ill Golf Acade y ルフ

、語学

(1

月、

ます。SAT、T EFL、STE

月英語

) 験レッス

L

S

L A ST ALIA 280 TEL: 1 7 55 0 7 FA : 1 7 55 7 77

学校

E

E

: い

76

0805 人

52 学

TEL:(05 7)2 7 2 FA : (05 7)2 8510 :


TAFE QUEENSLAND

YOUR AUSTRALIAN STUDY JOURNEY STARTS HERE  ホスピタリティ、 観光、 看護、 技術者・職人訓練 など、100以上のコースから選択  職業現場に焦点を当てた実践的な訓練を実施  オーストラリアのトップ大学への入学・編入が 可能な100を超えるパスウェイコース  州政府が運営する公立の教育・訓練機関  年間300日以上の晴天に恵まれた地域で 留学生活

PHOTO: クイーンズランド料理大使、 フランス料理の鉄人 坂井シェフ

+61 7 3244 5100 tafeqld.edu.au/international

77


南オーストラリア州政府教育機関は1989年以来、海外から の学生のために留学体験を提供しています。100校を超え る学校が、留学生プログラムを実施する認可を受けている 南オーストラリア州では、生徒のニーズを満たすためにさ まざまな短期プログラムおよび長期プログラムを提供する ことができます 留学の成功と充実した体験をお届けするた めに、専任のチ ームがホームステイ・アコモデーションを含む留学のあら ゆる側面を事務所内で集中管理しています。これは、オー ストラリアでも、南オーストラリア州政府教育機関特有の 対応です。

南オーストラリア州政府機関に留学す るメリット: 学校

さまざまな種類の専門教育資料と施設

プログラム

オーストラリアの他の州と比較して安価な 授業料

サポート

24 時間緊急電話サービス

生徒は、次のような幅広い留学生用プログラ ムの中から選択することができます。   • 集中英語プログラム(1, 2, 3 タームまたは 4 ター ム制) • 高校卒業プログラム(8-12学年) • 高校短期留学プログラム(1, 2, 3または 4 ターム 制) • 小学生プログラム (リセプション– 7学年) 特別条件が適用されます。 South Australian Government Schools GPO Box 1152 ADELAIDE SA AUS 5001 +61 8 8226 3402 | decdisp@sa.gov.au www.internationalstudents.sa.edu.au 78

Department for Education and Child Development T/A South Australian Government Schools CRICOS Provider Number: 00018A


デ ン

ーキン大学は、 科学

ン大学

れていま

学および 国

おいて

大学

教育

。ま

学 、デ 学

教育部門でビ 受

しまし

ーキ

は、大

トリア


デザイン、 テクノロジー、 エンタープライズ に特化したグローバルな大学 オーストラリアの主要大学で勉強し、 産業界での実践的な学びを通して グローバルな舞台で活躍できる人材になる 様々な専門分野から学生が集まり、大学の支援を 受けて結成されたチームVicHyperは、超高速の 陸上輸送の開発促進を目的としたスペースXハイ パーループ・ポッド・コンテストにおいて、南半 球の参加者の中で唯一、最終選考に残ったチーム です。 世界中から集まった1700もの参加者の中から、 決勝進出の30チームに選ばれたVicHyperは、ブ レーキシステムで賞を受賞し、ハイパーループ技 術の開発促進に貢献しています。 ハイパーループは、音速(時速1200キロ)で乗 客と貨物の両方を輸送する能力があり、これまで の高速陸上輸送の概念を打ち破るものです。

VicHyperプロジェクトには、分野を 越えた協働に加えて産業界の協力が 欠かせません。産業界のリーダーや 専門家の方々から、学生たちに惜しみ ない支援と助言をいただいています” RMIT学長 マーティン・ ビーン CBE

VicHyperを構成する学生は、航空宇宙、電気・ 機械工学、工業デザイン、通信、グラフィックデ ザインなどの専門分野から集まっています。 記事の全文と関連情報:www.rmit.edu.au/news VicHyperについての詳細:www.vichyper.com

メルボルン、スワンソン・ストリートを走るハイパーループのイメージ

VicHyperチームのメンバー

詳しくはウェブサイトをご覧ください

www.rmit.edu.au/international CRICOS Code: 00122A | RTO Code: 3046

8 1


VICTORIA UNIVERSITY 世界大学ランキングでトップ 2% 以内(タイムズ・ハイヤー・エデュケーション世界大学ランキング 2017 年より)

ビクトリア大学は、100 年以上の歴史を誇る古い大学で、 世界で最も住みやすい都市、メルボルンにメインキャンパスがあります。 メルボルン中心街に 3 ヵ所、メルボルン郊外に 5 ヶ所、シドニーに 1 ヵ所、計 9 つのキャンパスがあります。 当大学では、50,000 人を越える学生が就学し、そのうち 14,000 人以上が世界 90 ヵ国から来た留学生です。 さまざまな文化の中で、いろんな経験をしながら学習することができます。

専攻できる学部 ■会計・財政  ■ビジネス・経営  ■皮膚治療学  ■教育  ■法律   ■クリエイティブアート・デザイン・コミュニケーション  ■工学  ■IT ■健康科学・公衆衛生  ■社会開発・地域開発・青少年育成  ■スポーツ科学・運動科学

大学付属の英語学校

スタディアブロード・プログラム

VU English(ビクトリア大学付属英語学校)は、メルボル

日本の大学に在籍しながら、1 ~ 2 学期間ビクトリア大学

ン中心部にあるシティ・フリンダースキャンパス内にあり

で勉強し、帰国後には元の大学に戻れるます。単位によっ

ます。当校では、一般英語コースのほかに、ビジネス英語

ては、日本の大学の単位として認定されます。ビクトリア

コース、ディプロマ課程、学士課程、修士・博士課程進学

大学では、6 つの専門分野からさまざまなコースから選べ

に必要な英語力を習得するアカデミック英語コースがあ

ます。

り、長年の経験と豊富な知識を持つ教師陣が授業を行って います。また、当校の学生さんたちは大学内の施設をフル に活用することができます。 詳しくはウェブサイトをご覧ください

www.vu.edu.au

CRICOS Provider No. 00124K (Melbourne) / CRICOS Provider No. 02475D (Sydney) / RTO Code: 3113. お問い合わせ

Phone: +61 3 9919 1164 Enquiries form: eaams.vu.edu.au/enquiry/


キャリアアップのために英語留学しました。パ ースは英語留学をするには最適の場所です。 歩いて行けるところに美しい自然が一杯で、街 中には無料バスが走っていて、交通もとても便 利です。 | 英語コース在籍

TAFEの英語コース 西オーストラリア州立の 2 つの TAFE(ノースメトロポリタンTAFEとサウスメトロポリタン TAFE)が運営する英語学校で英語を勉強することができます。これら2校のTAFEはそれ ぞれ約3万人の学生が学ぶ西オーストラリアで最大規模の訓練機関で、留学生の数は 全学生数の5%以下です。 質の高い英語学校:NEAS の認定を受けた English Australia の 加盟校で、全教師が正式な英語教育資格を有しています > 柔軟な入学時期 > ひとクラスの人数は最高 18 人 > 近代的な設備 > キャンパス内の食料品店 > 豊富な英語学習教材が利用できる大規模な図書館 > 週 300 ドル > 校外学習や様々なアクティビティ > 週 4 時間までの無料学習サポート > 出席/受講証明書の発行 > 滞在施設手配と空港での出迎えサービス > 職業訓練コースへの進学情報

ノースメトロポリタン TAFE > 文化・娯楽施設の集まるパースビジネス街のノー スブリッジ地区にあり、非常に便利な立地が魅力 です。英語学校は教育と訓練に適した近代的な 建物の中にあります。 > キャンパスには体育館やアートギャラリーがあり、 マッサージや美容セラピーも受けられます。

サウスメトロポリタン TAFE > パースで最も多くの学生が集まる文教地区に位 置しています。 > ショップ、公共の交通機関、娯楽施設など、生活 のためのインフラも整備されています。

職業訓練コース TAFE 西オーストラリアは、幅広い職業教育コース、最新の設備、優れた大学進学プログラムを 提供しています。

tafeinternational.wa.edu.au RTO Provider Number 52395 CRICOS Provider Code 00020G

83


ビクトリア州の小・中・高校 www.beaconhills.vic.edu.au

メルボルン

メルボルン

CRICOS Code: 03182J

1982 学 生 数 1,700人(7 生 12 留学生数 30人 在 法 ームス ( は • メルボルン までの生

し、 受け入れる

学 生 数 留学生数 在 法

生) ) 科

12 生 。

学 ートリアル、 留学生 ート。

の し

生 け 、 リキ ラム ー 、

ス •シ

全で

い教育

い科 。 の

Ms Joanne McKenzie Head of Admissions & Marketing

で る ベート、 。

人 ームス

•生

の教育。

•ビ ロ

人(

。 トリア で

Jane Bourne Ms Astrid Saldukas

8 4

法 学 法で ート 受け 学び

www.geelongcollege.vic.edu.au CRICOS Code: 00142G

教育

学 生 数 留学生数 在 法

生)

で生 の し 教育

、 (

)および デ 、 の

。 まる

プ い

で、 の人生 てるよ

E: andrew.mcaree@stleonards.vic.edu.au T: +61 3 9909 9588

www.aeas.com.au

、ビ

トリア

。 い

トリア 教育 大学 学の

のプログラム。

人数 の 生 の い科 の

•科

Director of Community Relations

生)

Mr Mike Howell

学 ビ )プログラム

けで の市

人(

でメルボルン

• •

教師 、学 し、生 の

文 育てる。

学の 門 であ のある学 の

専門

よる 学

大学 ン

の 学 リング

る 。

の ート

ニー 。

数の留学生 る文

では ー

•生

Director International Relations, Marketing & Communications

E: jbourne@scotch.sa.edu.au E: admissions@carey.com.au T: +61 8 8274 4209 T: +61 3 9816 1222

Admissions Manager

ジーロング

で れ 教 。教師の で れる。

る学 の

• 教育 受ける の人 育 。

Mr Andrew McAree

The Geelong College

学 生 数 留学生数 在 法

ス、

し、 ーストラリアの生 レンドリー スト リー。

St Leonard’s College

ーストラリアで 数の 生 の数 し 育 教育 。

生)

•生 の してお 、 生 メン ー る職員 ける 、 て の生 い ート 受け れるシス ム 。 ームス ス ッ 、 のグループ、生 留学 生 。 •

CRICOS Code: 00343K

受け入れ。

www.stleonards.vic.edu.au

メルボルン

トリア 教育 ( )および国 ロレア( )プログラム 。 生の は、 でトップ ラス。 国 、 してグローバル で リー ーシップ で る、 で し ある人 育 。

ーで の

E: joanne.mckenzie@beaconhills.vic.edu.au T: +61 3 5945 3064

人( 人 ームス

•ビ バ

、デ

て留学生

•生

、 の ース(EAL)

ング、レストラン、シア 文 都市メルボルン 。

学 、 の生 ビ トリア 教育 (VCE) 。 ロジー、 、 デ ンの でSeason of Excellence award 受 。

•生

CRICOS Code: 00135G

Carey Baptist Grammar School

Beaconhills College

www.carey.com.au

受け入れる

全で ー よる

の でい れるよ ート 。

で 。

E: mike.howell@geelongcollege.vic.edu.au T: +61 3 5226 3191


www.wesleycollege.net

メルボルン

メルボルン

CRICOS Code: 00354G

学 生 数 留学生数 在 法

人( 人 ームス

CRICOS Code: 00356E

Yarra Valley Grammar

Wesley College

www.yvg.vic.edu.au

生 および 学 い科 数の生

、 ラムで

リキ

学 生 数 留学生数 在 法

生)

ーストラリアでトップ バ ロレア( )

し 教育。

ラスの 。

ルス ン ッ 、グレン バリー、 ントキル ロードの キャンパス れ れ 留学生 ーデ ネー ー 。

• 入学 ビ

ース、 在 の 生 のアドバ ート。

生( の学生

生 。

生)

Ms Ting Zheng

生)

•生

の 、

で、

教師 よる る生 。

せて 法 、生 の れる教師 。教 る教科 教 る 、生 の よ る で い、生 の 大 の ている け、 。

、 ス

Jane Bourne Ms Gagan Arora

E: admissions@wesleycollege.net T: +61 3 8102 6508

International Admissions Manager

。メルボルン 部 ー ルの し 、 ラバレー のよ しい ンデ ン せる キャンパス。

•生

受ける教育 ート ービス 。 国、 教、文 生 入学。

人( 人 ームス

学 アート、デ ビジネス、

る る

し、 教師

し、生 ア

、数学、 科、 ン、 ロジー、 健 体育、人文学、 、 ( 国 )

E: jbourne@scotch.sa.edu.au E: admissions@yvg.vic.edu.au 8 8274T:4209 +61 3 9262 7700

T: +61 Director of Marketing & Admissions

ニュー・サウス・ウェールズ州の小・中・高校 www.macarthur.nsw.edu.au

CRICOS Code: 02269K

Macarthur Anglican School 学 生 数 留学生数 在 法

人( 人 ームス

• シドニーの 市 部 •

•学

および

生)

し、 の ある ー

ラスの人数は

れ 人 留学生

• •

Mrs Trish Cartwright International Registrar

学び文 および の ーデ

全での

•生

る のプログラム

での ームス アン 学

教師

www.aeas.com.au

生)

•学

、ス し い 出

ー 、 リキ ラム ートで 生 。 る国

Ms Rebecca Pearce Enrolments Manager

部 のよ

して

し、

• グローバル

E: international@macarthur.nsw.edu.au T: +61 2 4647 5333

生まで 受け入れる 。 生 は

ート。 の

人(

の 。

人。

い教育

• シドニーの ースシ ア ールの しい キャンパス。

ス ール れ、大学 学の

。 •

生 数 留学生数 在 法

教育。

はニ

CRICOS Code: 03288K

Pymble Ladies’ College

ーの

www.pymblelc.nsw.edu.au

教育。 の の

市 教育

の 所

しての

のキャリア 人生 おいて ので る 神の 、 して スキル 。 E: enrol@pymblelc.nsw.edu.au T: +612 9855 7799


タスマニア州の小・中・高校 ロン

オーストラリア州の小・中・高校

www.lcgs.tas.edu.au

Ms Lisa Pretorius Registrar

科 国国教

1903 学 生 数 700人(7 留学生数 55人 在 法 ームス

生)

12

生までの教育 学 。

のキャンパス 人の生 在 。 生 生まで 人の生 生 キャンパスの ある で生 。 は ーシ い

ンの ート

い し での学 教師 ス ッ

れ、 では生

。 る 。

で い、

) 学

•  

生 学 の

生)

学 で、 で る

人 。

•生

、文 教の い し受入れる 育てる学 。 の る文 生 教職員 生 る で、生 グローバル 。

し、

)。

Jane Bourne Ms Bev Haigh

のあ

い、 体 育てる教育。

受ける学 プログラム。

プログラム る。

E: lpretorius@lcgs.tas.edu.au T: +61 3 6336 6000

12

キロのリー ービル ス 所。 人の

生までの生 学 。

のア

•生 数 の生

して開 している学 しては ーストラリアで い学 ( 教育( し、

CRICOS Code: 00745C

Aranmore Catholic College

Launceston Church Grammar School 1846 学 生 数 550人(7 留学生数 15人 在 法

www.aranmore.wa.edu.au

CRICOS Code: 00650K

受け

留学生

プログラム

教育部門 い教育

し、 。

E: jbourne@scotch.sa.edu.au E: b.haigh@aranmore.wa.edu.au +61 8 8274 4209 T: +61 8 9201 5289

Overseas Student CoordinatorT:

Your Gateway to Australian Schools AEASは、30年以上にわたってオーストラリアの学校に留学する生徒の評価を行ってきました。 AEASは、留学生が自分に合った学校に入学できるよう、オーストラリアの有力校とそれらの学校の 提携留学エージェントに広く利用されています。AEASでは毎月、東京で試験を実施しています。

AEAS試験は所要時間3時間で、次のような内容です。 1. 2. 3.

英語能力:読解力、語彙力、筆記能力、リスニング、スピーキング 一般能力 数学能力

AEASの結果レポートがあれば、 • 留学生のニーズと能力に合った学校を保護者やエージェントの皆さまが選択する助けになります。 • 学校は生徒の能力を把握した上で合否の判定ができます。 • 生徒の今の英語力を知ることができます。 • 保護者の皆さまは、受講の必要な英語コースの費用を含む留学の予算を立てることができます。 オーストラリアの学校:AEASの評価結果はオーストラリア全土で広く認められています。 AEASの評価結果を認めている学校は、ウェブサイトで調べることができます。 www.aeas.com.au. AEAS受験対策問題集:4∼6年生用、7∼9年生用、10∼12年生用があります(各A$35)。 2017年度の試験日程や日本語でのご案内は、ウェブサイトをご覧ください。

8 6

INTERNATIONAL STUDENT ASSESSMENTS

www.aeas.com.au.

HEAD OFFICE: Level 1, 383 Clarendon Street, South Melbourne, Victoria, Australia 3205 T: +61 3 9645 0077 | E: admin@aeas.com.au | W: www.aeas.com.au


日本人教師に人気の 理想的なコース TESOL 修士プログラム

(教授経験豊富な方は1年間に短縮可)

オーストラリアでの看護師登録 につながる2 年間のプログラム

日本の大学生にぴったりの <大学科目聴講+英語コース> パッケージ

大学独自の奨学金 ビジネススクール大学院‒  授業料の16%または18%分 大学学部‒  授業料の25%または40%分

UOW 学ラ 海

mes

e

学学

uca o

学ラ

:ビジ ス/ 学/ 学/英 学/ 学/人 学

学/ 行

リ イティブ 学/ 学/ 学/ 学/

/ 学

新情報 英語コース授業料値下げ  ウーロンゴンカレッジが日本人 留学生の英語コース授業料を $375/週に値下げしました


オーストラリアの 学 の Navitasは ーストラリア 内の 学と して レッジと ン スを し、英語プログラム、 学 スウェイプログラム、 学学 プログラムを しています。 オーストラリア留学をお考えなら、以下の特徴 を持つNavitasをぜひご検討ください。 の

とトレー ング 学の

英語と

ン ス内で の

いサ ート

の 学 いプログラムと の高い

可能 学

提携大学 ラ・トローブ 学 ル ルン、シド ー ーティン 学 ース、シド ー ディスコー ン 学 ース ディー ン 学 ル ルン、ジーロング グリフィス 学 ブリ ン、 ールドコースト サウス ーストラリア 学 アデレード アデレード 学 ュー ッスル 学 ン ラ 学 ウェスタンシド ー 学

Navitas日本代表事務所 150 0011 1 : 03 5485 078 F : 03 5485 0798 E ール: a an@na ita .co

1 505

navitas-japan.com navitas.com

CRICOSプロバイダーコード: ラ・トローブ大学 00115M (VIC)、02218K (NSW); カーティン大学 00301J (WA)、02637B (NSW); ディーキン大学 00113B; エディスコーワン大学 00279B; グリフィス大学 00233E; サウスオーストラリア大学 00121B; アデレード大学 00123M; キャンベラ大学/キャンベラカレッジ 00212K; SIBT01576G

REGJAP1777 1113_AW


留学までに知っておきたいこと 留学実現に必要な事前準備…………………………90 出入国の手順と現地での生活術……………………93


留学までに知っておきたい

留学実現に 必要な事前準備 パスポートの申請方法

留学直前になってから 焦らぬよう早めに 準備をするでござる

海外旅行保険に加入

パスポートは就学許可証を申請するときに必要で、学校への

留学中に最も避けたいのが、事故や病気などのトラブル。場

入学申請時にもパスポートのコピー提出を求められる場合が

合によっては、帰国しなければならないことも。また、オー

ある。持っていない人は出発 6 か月前までに取得すること。

ストラリアに限らず海外の病院の治療費や入院費は想像以上

パスポートを持っている人は、滞在予定期間を含む有効期限

に高い。学生ビザで留学する場合には、必ず指定の留学生の

が十分に残っているかをチェック。残りの期間が 1 年未満

健康保険 OSHC(Overseas Student Health Cover)に

の場合は、新しいパスポートを取得しよう。下記の書類をそ

加入することが義務付けられており、ビザ取得の必要条件と

ろえてパスポート申請窓口に申請すると、受理票(受領証)

されている。滞在中の治療費は OSHC でカバーされるが、

が渡される。申請時に知らされる「旅券交付日」以降に、受

盗難や渡航中の事故、保護者の救援費用、賠償などについて

理票と手数料を持ってパスポート申請窓口に行けば交付され

は補償されない。念のため、出発

(土・日・休日を除く) 。 る。申請から交付までは通常1週間程度

から帰国までの期間をカバーする 海外旅行保険に加入しておこう。

パスポート申請に必要な書類 ❶一般旅券(パスポート)発給申請書1通:申請書には5年有効用と 10年有効用の2種類があり、パスポート申請窓口で入手できる。 ❷戸籍謄本または抄本1通:申請日6か月前以内に作成されたもの。 ❸住民票1通:本籍を記載の上、申請日より6か月前以内に作成さ れたもの。 (住民基本台帳ネットワークシステムで確認が可能な 人は原則不要) (頭からあごまでが32㎜∼36㎜) ❹写真1枚:タテ45㎜×ヨコ35㎜ の縁なしで、無帽、正面、無背景(薄い色)の写真で申請日より6 か月前以内に撮影されたもの。 ❺自分の身元が確認できる書類:運転免許証、個人番号カード、健 康保険証、学生証や会社の身分証明書など。 ※印鑑が必要な場合もある。また、20 歳未満の申請には、申請書 面の「法定代理人署名」欄に親権者または後見人の署名が必要。

載しているので参考にしよう。

国際学生証をつくる 国際学生証は、国際的に統一・認知されている学生身分証 明書(International Student Identity Card = ISIC カー ド) 。ISIC カードを持っていると、博物館や美術館、映画・ 演劇鑑賞など、さまざまな場面で割引や特典が受けられる。 Student と Scholar の2種類があり、資格によって入手で きるタイプが異なる。大学生協のほか、ユースホステル協会 や一部の留学サポート団体でも入手できる。また、30 歳以

外務省 URL

本誌 95 ページにも保険会社を掲

www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/index.html

下で学生ではない人には「国際青年証(IYTC カード) 」 が あり、ISIC カードと同じように身分証明書として使え、割 引も受けられる。申請料金は 1,750 円(オンラインおよび 郵送申請は 2,300 円) 。

航空券の手配と注意点 学生ビザ発給の通知がきたら、航空券の手配をする。留学先

STUDENT

短大、大学、大学院生。高専 4、5 年生。専修 学校専門課程(専門学校)の本科生

SCHOLAR

中学・高校生。高専1∼3年生。高等専修学校 (専 修学校高等課程) ・専修学校一般課程の本科生

の雰囲気に慣れるためにも、コース開始 1 週間前くらいに 到着する便を選ぼう。フライトは、最も近いケアンズで成田 から約7時間。航空券には、正規運賃の航空券と正規割引の 航空券、格安航空券の3種類がある。1 年間有効、有効期限 つき割引、払い戻し不可など、特徴と条件が違うので、留学 タイプや期間に合わせて選択しよう。機内に持ち込める手荷 物には制限があるので、各航空会社のサイトでチェック。 9 0

ISIC JAPAN URL

www.isicjapan.jp


荷物の送付と持参 日本からオーストラリアに送付する物は、 電化製品や本など、

携帯電話・スマートフォン 留学先で携帯電話(スマートフォン)を持つ場合には、以下

すぐに使用しないもの。持参する物は、搭乗と入国に必要な

の 3 つの方法がある。

機内手荷物、 到着後すぐに必要とする生活用品など。ただし、

❶海外で使用可能な携帯電話を日本から持参する

機内に持ち込める荷物や食品には制限があるので注意。

❷オーストラリアで購入・契約する ❸プリペイド式の携帯端末を購入する

歯ブラシ、スキンケア用品、日焼け止めなど、身体 に使う消耗品は現地の製品が合わない場合もあるの で、日本から持参しよう。ホームステイや学生寮に 滞在する場合は最低限の物はそろっており、ベッド も机もある。フラットに住む人は、生活に必要な物 を買いそろえてから入居しよう。

生活 用品

購入はもちろん、レンタルやプリペイドの場合でも、さまざ まな会社が携帯電話のプランやサービスを提供しているの で、自分の使用頻度をよく考えて決めよう。どのような場合 でも、保護者や関係者をはじめ、ホストファミリーや寮の責 任者、学校の先生、信頼できる友人などに自分の電話番号を 伝えておくこと。

カゼ薬や胃腸薬などは、飲み慣れた薬を持っている と安心できる。持病のある人は、日本のかかりつけ の医者に英文の処方せんを書いてもらうこと。体調 が悪くなったときにオーストラリアの医者に見せれ ば適切な処置をしてくれる。

常備薬

電子辞書がおすすめだが、故障などの恐れもあるの で携帯に便利な英和・和英のポケット版の紙の辞書 も持参する。また、日本語で書かれた専門書・参考 書も重宝する。

学用品

ノートパソコン 留学生の必需品ともいえるノートパソコン。授業のレポート やリサーチのためのインターネットの利用など、多くの場面 で必要になる。オーストラリアで購入した場合は、日本語環 境に設定できるか確認すること。パソコンを含め、日本製の 電化製品を持参する場合は、オーストラリアの電気事情を 知っておこう。オーストラリアの電圧は 220 ∼ 240 ボルト で、周波数は 50 サイクル。現地で日本の電気製品を使うと きは、O タイプのプラグと 220 ボルトの変圧器(コンバー ター)が必要。

滞在方法と費用の目安

ホームステイ 【滞在費の目安】 週/ A$235 ∼ 325 基本的に食事付き

ドミトリー 【ドミトリー滞在費の目安】 週/ A$90 ∼ A$280 (食事の有無によって大きく異なる) 【小・中・高校寄宿舎の滞在費の目安】 月/ A$915 ∼ A$1,835(食事付き)

フラット 【フラット滞在費の目安】 週/ A$165 ∼ A$440 (都市部・地方、設備によって大きく異 なる)

特徴 英語力の上達だけでなく、オーストラリア人の素顔、習慣や考え方などを知る絶好の機会と なるホームステイ。留学生を受け入れる学校には、ホームステイ先を紹介する専門スタッフ がいるほどで、手配のシステムが整備されている。ほとんどの学校が入学申請時に手配の希 望を出せば、出発前までに受け入れ先の家族を紹介してくれる。また、学校は受け入れ側の 家庭のチェックを定期的に行っているので、 安心して滞在できる。 ホームステイ先に着いたら、 部屋や冷蔵庫・洗濯機・バスルームの使い方、門限や外出時の決まり、電話料金や電気代の 支払い、家事の手伝いの範囲など、その家庭でのルールを確認すること。

ほとんどの大学がキャンパス内か近くにドミトリー(寮)を持っている。ドミトリーでは、さ まざまな国の留学生が生活しているため、ふだんの生活をしながら国際交流が図れるという メリットがある。入学申請時に大学の学生課に入寮希望を出し、空きがあれば確保してくれ る。ドミトリーではほとんどがひとり部屋で、ベッドや机といった必要最低限の家具が備え てある。食事は、食堂を利用するドミトリーもあれば、共同キッチンで自炊できるところな ど、さまざまなタイプがある。ドミトリーも共同生活なので、外出や外泊の決まりや共用ス ペースの使い方など、さまざまなルールがある。快適な寮生活が送れるように、ルールを守っ て生活するようにしよう。

フラットとは日本でいう「アパート」 。ベッドやテーブル、整理ダンスなど、家具付きと家具 なしの部屋がある。シーツやタオル、食器などの日用品は自分で用意する。家賃は場所や設 備などによって違うが、留学生にとって決して安い金額ではないため、広めのフラットをシェ ア(数人で借りる)する人が多い。シェアメイトは、学校に相談すれば掲示板にはり出してく れたり、同じ学校の学生を紹介してくれたりする。フラットを個人で借りる場合は、最低で も半年以上の契約が必要になるので、長期留学生向きといえる。契約時に、通常家賃の4週 間分にあたる「ボンド」と呼ばれる敷金と、1∼2か月分の家賃を支払う。

9 1


銀行口座と送金方法

留学前の英語の勉強法

長期留学生が現地で生活費のやりくりをする場合、銀行口座

「留学」というのは、英語を使って生活していくということ。

を開いて日本から送金してもらう方法とインターナショナ

オーストラリアでの日常生活や学校にスムーズになじむに

ル・キャッシュカードを利用する方法がある。銀行口座を開

は、早い時期から英語が少しでも理解でき、より多く話せた

く場合には、最低 A$50 ∼ A$100 の現金と、2 種類以上

ほうがトク。留学を決心したら、その時点から英語力をつけ

の身分証明書が必要。海外送金の方法は、郵便局や外国為替

るように努力しよう。映画を英語で観たり、ラジオの英語放

を取り扱う金融機関の窓口から留学先の銀行口座へ送金する

送などを聴いたりして聴覚を英語に慣れさせる。また、見た

のが一般的。インターナショナル・キャッシュカードは国内

物を声を出して英語で表現してみる。声を出すときには正し

ではキャッシュカードとして使え、海外でも日本の普通預金

く伝えるための発音も大事。発音のマスターには、モノマネ

口座から現地通貨が引き出せるのが特徴。毎回手数料がかか

がいちばん。英字新聞などを読んで、英語の文章に慣れてお

るが、多くの ATM で 24 時間 365 日利用できる。

くことも大切。留学前の英語の勉強は、どんなにやってもや り過ぎということはない。オーストラリアで留学生活を満喫 するためにも、きちんと英語力をつけて留学しよう。

カードをつくる 海外生活でのお金の支払いは、現金とクレジットカードの両 方をうまく使いこなすのがコツ。クレジットカードは身分証 明にもなり、現金を持ち歩かなくても支払うことができるの で、18 歳以上の場合は用意しておこう。また、必要な分だ け入金しておき、海外の ATM でドルを引き出すことができ る海外専用プリペイドカード「キャッシュパスポート」も便 利(下記参照) 。

9 2


留学までに知っておきたい

出入国の手順と 現地での生活術 出発時の搭乗手順

生活習慣や考え方を 尊重して、 ルールを守って 生活するでござるよ

入国審査と税関審査

まず、機内に持ち込む手荷物と航空機に預ける荷物を分けて

オーストラリアの国際空港に到着すると、入国手続きが待っ

おく。国際空港には出発の 2 時間前までには着くようにし

ている。入国カードとパスポートを持って、入国審査の列に

よう。オーストラリアと日本の時差は、± 1 時間(サマー

並ぼう。留学生はビザ発給許可通知書や入学許可証、帰りの

タイムを除く)だけなので、時差ボケの心配はない。機内で

航空券などの提示を求められることがある。入国審査のあと

はエコノミー症候群を防ぐために、手足の指を動かしたり、

は、乗ってきた航空機の便名の表示が出ているターンテーブ

シートベルトのランプが消えているときに静かに歩いたりし

ルから自分の荷物を受け取る。自分の荷物が出てこないとき

よう。航空機搭乗までの手続きは、次の手順で行われる。

は Claim tag を持ち、Lost baggage の空港スタッフのと ころへ。入国カードの「オーストラリアに持ち込もうとして

搭乗までの手順 ❶搭乗する航空会社のチェックイン・カウンターへ行って、預け る荷物と航空券、パスポートを出す。また、   「eチケット」で予 約をすると、紙製の航空券がなくても搭乗券がもらえる。 ❷搭乗券(ボーディング・パス=Boarding pass)と荷物の預かり 証(クレーム・タグ=Claim tag)を受け取る。

いる物品」の「はい」の欄にチェックをし た人は、赤色の出口で申告をする。荷物の 中身について聞かれるので、英語で説明で きるようにしておこう。申告物がない場合 は緑色の出口に進み、入国カードを渡して ロビーに出る。

❸機内持ち込み手荷物を空港スタッフに預け、X線検査を受ける。 持ち込み禁止の物を持っていると没収されるので注意。 ❹税関審査を受ける。出国手続き前に空港で購入した免税品は、 必ず機内持ち込み手荷物として税関の検査を受ける。通関が終 わる前に免税品の封を開けないこと。 ❺出国審査を受ける。パスポートとBoarding passを係官に出す と、パスポートに出国スタンプを押して返してくれる。 ❻搭乗ゲートで搭乗案内を待ち、搭乗が始まったら機内に入る。 このとき、搭乗券と入国カードを渡されるので機内で記入する。

オーストラリアの検疫 オーストラリアは固有の動植物の保護や環境維持のため、き びしい検疫を実施している。植物、動物、動植物でできた物 品、特定の食品などを持っている場合は、罰金を課せられた り没収されたりすることがあるので注意。州によっては、他 州産の果物や動植物の持ち込みを禁止している場合もある。 また、日本から送られる荷物に関しても同じように検疫され

出入国時の書類

るので、家族や友人にも「送れない物」を伝えておこう。送 るときに荷物の内容を英語で適切に明記しておくと、検疫に

下記の書類は出入国のときに必要になるので、必ず機内に持

かかる時間が省ける。オーストラリアへの持ち込みが禁止さ

ち込むこと。また、重要書類はすべてコピーをとって、オリ

れている物や申告が必要な物を、必ず下記のウェブサイトで

ジナルとは異なる場所に保管しておくこと。

確認すること。 在日オーストラリア大使館(検疫について) URL

http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/quarantine_jp.html

❶パスポート ❷入学許可証 (Electronic Confirmation of Enrolment=eCoE) ❸滞在先を証明するもの。未定の人は予約しているホテル名 、クレジットカード、海外旅行保険証。 ❹現金(A$200程度) ❺往復または片道の航空券 ❻ビザ発給許可通知書 ❼証明書(国際免許、国際学生証など) ❽支払い領収証(学費、OSHC留学保険)

9 3


到着後には…

在留届を提出

▶学校に行ってみる

外国に 3 か月以上滞在する日本人は、その地域を管轄する

留学する学校に実際に行ってみよう。キャンパス内の寮や学

日本国大使館または総領事館に、氏名をはじめ、パスポート

生アパートに滞在する場合はともかく、ホームステイ先やフ

番号、連絡先などを記載した「在留届」を提出しなければな

ラットから通う場合は、事前に交通機関や混雑状況、所要時

らない。 在留届を出しておくと、 留学生は日本政府の行政サー

間などをチェック。キャンパスの雰囲気を知るためにも、登

ビスや緊急連絡を受けることができる。オーストラリアに 3

校日前に訪問しておこう。

か月以上留学する人は、自分が滞在する州の日本国大使館ま たは総領事館に在留届を提出しよう。

▶滞在先のルールをチェックする ホームステイ先、学校の寮の規則の確認も大切。ホストファ

外務省(在留届電子届出システム「ORRnet」) URL

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

ミリーやルームメイトとのトラブルを避けるためにも、食事 の時間、シャワーやトイレの使い方、洗濯、消灯時間、門限 などをはじめ、特に共有スペースについてのルールは、最初

ホームドクター

にチェックしておくこと。 コミュニケーションが難しければ、 ルールを紙に書いてもらおう。

オーストラリアでは風邪や腹痛などの軽い症状の場合、ホー ▶街を歩いてみる

ムドクター(General Practitioner = GP)の診察と治療

住む街の雰囲気、環境などをチェックしよう。街の詳しい地

を受けて処方せんを出してもらう。症状が重かったり専門的

図を手に入れて、 駅やバス停をはじめ、 郵便局、 銀行、 スーパー

な検査や治療が必要な場合は、ホームドクターから専門医を

マーケット、レストラン、書店、

紹介してもらうのが一般的。 長期留学をする人は、 早めにホー

電器店など、日常生活の中で利用

ムドクターを見つけること。日本語で診察を受けられるかど

する場所を頭に入れておこう。地

うかも調べてみよう。ホームステイをする人は、ホストファ

図は、駅の売店や本屋、スーパー

ミリーのホームドクターを紹介してもらおう。緊急の場合に

マーケットなどで売っている。

は、オーストラリア連邦政府が提供している通訳・翻訳サー ビス TIS(Translating & Interpreting Service)に連絡し よう。日本語を話せる通訳者が対応してくれるので、急病の ときや英語で病状を説明できない場合などに便利。

キャンパスライフ オーストラリアの学校は、きれいで設備の整ったキャンパス

TIS URL

www.tisnational.gov.au/en

TEL

131-450(24 時間年中無休)

が多い。学校によって違いはあるが、公園のようにゆったり としており、美しい芝生が広がっている学校が多い。また、 プールやスポーツジムをはじめ、グラウンドやテニスコート など、スポーツ施設も充実。夜遅くまでオープンしている図 書館も多く、学生たちは勉強やレポートの資料探しに利用し

安全を最優先に

ている。キャンパス内に学生用のコンビニや書店などを置く

比較的治安が良いといわれるオーストラリア。しかし、日本

学校もあり、一般の店よりも安く

でも同じように警戒が必要な場所がある。オーストラリアに

買える。カフェテリアはほとんど

着いたら、近づかないほうが良い場所や避けたほうが良いと

がセルフサービス。カフェテリア

ころを学校のカウンセラーやホストファミリーに聞いてみよ

を利用する学生のためにクーポン

う。留学中は、どんなときも「安全を最優先」にする生活と

を販売している学校もある。

行動を心がけること。

オーストラリアの祝祭日

オーストラリアデー(1 月 26 日) :オーストラリアの建国記念日。ヨーロッパ人が最初にオーストラリアに到着した日を記念する祝日。 アンザックデー(4 月 25 日) :第一次世界大戦で命を落とした人々を追悼する祝日。

クイーンズ・バースデー(通常 6 月の月曜日):エリザベス女王 2 世の誕生日を祝う休日。 ボクシングデー(12 月 26 日):以前、貧しい人たちのためにお金や品物を寄付する日とされていた祝日。 ニューイヤーズデー(1 月 1 日):新年を祝う行事やパーティが全国で行われる。 レーバーデー(地域によって異なる):労働者に休日を提供し、労働組合運動や労働者の権利のルーツを認識するために始まった日。 このほかにクリスマスとイースターが休日になっている。また、それぞれの州で独自の祝祭日がある。

9 4


留学には、 なぜ保険が必要なの?

株式会社 TIP JAPAN 代表取締役 会長

近藤 義則 さん

(元 AIU 保険会社海外旅行保険担当取締役)

Q 留学って、絶対に保険に入っておくべきなの?  もしも、海外で医師の診察・治療を受けることになった場合は、保険に加入していないと治療に要した費用をすべて自費で負担 することになるので、想像以上の金額を覚悟する必要があります。特に、西ヨーロッパ方面や北米方面の治療に関する費用は高額 です。留学中、気をつけなければならないのは、健康面だけではありません。カメラやパソコンなどの携行品が、破損や盗難にあ う可能性もあります。それに、学校の備品や友だちの貴重品を破損してしまうこともないとはいえないでしょう。そんなときに、 海外旅行保険に入っていると、破損や盗難の補償、救援者の費用負担、賠償責任が発生したときの補償などをしてくれるので安心 です。

Q どの保険会社も同じようなものに思えるけど…  たしかに、各社の海外旅行保険の補償内容を調べてみると、どの会社も同じようなものに見えるかもしれませんね。そこで、加 入する保険を決めるときには、契約者に対して、どのようなサポートを行っているかをチェックすることをおススメします。たと えば Ji 傷害火災保険の場合は、加入者に次のサービスを提供しています。

★ 「Ji デスク、Ji キャッシュレスメディカルサービス」が利用できる Ji 保険の加入者は海外 55 都市にある Ji デスクを利用できます。Ji デスクでは留学中の病気やケガ等のさまざまなトラブルに対し、スタッ フが日本語でご相談に応じています。また、キャッシュレス提携病院で「現金不要」のキャッシュレスメディカルサービスが受けられます。

★ 「Ji 24 時間緊急ダイレクトコールサービス (24 時間、年中無休、日本語受付) 」が利用できる 医師情報の提供、医師や病院、看護師の手配・電話による医療通訳サービス、入院や転院の手配、搬送・移送の手配、病院への支払い保 証などのサポートが受けられます。

Q どんな保険に加入すればいいの?  留学生を受け入れている学校のほとんどが、どのような保険に加入しているか確認をしています。加入している保険の確認を行 うのは、留学は海外旅行と違って滞在が長くなるからです。したがって、留学には、補償内容や保険金額が充実しているセットプ ランがよいでしょう。

★TIP JAPAN は、ブリティッシュ・カウンシルがサポートする英国留学の公式スポンサーです。 海外留学保険センター 海外旅行保険センター

TIP JAPAN www.tip-japan.com 0120-847-576

TIP JAPAN は、 海外留学・旅行保険の専門カウンターです。 ★皆様のご要望に合わせたプランで、ご加入できます。 ★ご来店でも、ご郵送でも、オンラインでも OK ! ★クレジットカードで一括払い、 分割払い、 リボ払いのお支払いもできます。 ★海外留学・旅行保険における代表的な保険会社の保険もご案内できます。 ★開業以来 80,000 人以上のお客様に海外留学・旅行保険のご契約をい ただいております。 〒100-0006 東京都千代田区有楽町 2-10-1  東京交通会館 2F Tel:0120-847-576、03-3212-4891 Fax:03-3215-2768 Email:info@tip-japan.com ●ご来店は、JR、東京メトロ「有楽町駅」前の東京交通会館2F(パスポート センター印紙売場隣)へ


留学でトラブル にあったら… 海外留学は、 「自己責任」が基本。 トラブルにあったら、まずは自分で解決できるようにチャレンジしてみましょう。 その「トラブルを乗り越える」のも自分を成長させるためのチャンスです。 もちろん、語学力不足によるものや緊急事態などは、自分だけで解決するのが難しい場合もあります。 その場合は、留学サポート団体や学校スタッフ、ホストファミリー、友だちなどに協力を求めましょう。 トラブルを防ぐためには、注意するポイントがあります。

Point 1

契約をする場合は、 よく内容を確認しよう!

留学先の学校はもちろん、留学サポート団 体、フラット(アパート)など、何か契約 が発生する場合には、サービス内容をよく 確認しましょう。どのようなサービスが提 供されるのか、またはされないのか、プロ グラムの費用、返金のルールなどをきちん と確認してください。わからない場合は、 理解・納得するまで質問しましょう。

生活に関わるサービスの

Point 2

内容を把握しよう!

海外で生活するうえで、さまざまなサービ ス(滞在施設・携帯電話・銀行・インターネッ トなど)を利用する必要があります。それ らのサービスには、契約期間に決まりが あって間違えると違約金が発生したり、契 約解除を忘れて費用が継続してかかったり と、内容を把握していないとトラブルにな る可能性があります。

万が一、トラブルが発生してしまった場合のために、 それらのやり取りや契約書など、すべての書類やメールなどをとっておきましょう。 契約からトラブルまでの流れを時系列でまとめ、何が問題なのかを記述して、 どうしてほしいのかが伝わるようにすることが大切です。 下記の NPO 留学協会では、留学の相談や留学に関するトラブルの相談をお受けいたします。

「NPO 法人 留学協会」は、留学の健全な育成を願ってつくられた 内閣府認証の NPO 法人です。 内閣認証 NPO 法人 (特定非営利活動法人) 留学協会

まずは、お気軽にご連絡(電話・FAX・E-mail)ください。留学協会事務局にて、相談をお受 けいたします。そのうえで「トラブル相談室」にて専門相談員にご相談をされたい場合は、事 前のご予約をお願いいたします。

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町 3-6-10 MO ビル 201 【留学相談】毎週水曜日 午後 4 時~午後 6 時(予約制) 【トラブル相談】毎週月曜日 午前 11 時~午後 2 時(予約制) Email:npo@ryugakukyokai.or.jp 電話:03-5282-8600 Fax:03-3291-4126

留学協会 www.ryugakukyokai.or.jp

検索


留学サポート団体の運営プログラム一覧表

Go for it co.,ltd. JOINET

ワールドアベニュー

MEC(エム・イー・シー)

留学サイトドットコム

日本オーペア情報センター

シーエデュケーション留学センター

ISS 留学ライフ

AIC オーストラリア・インフォメーション・センター

オーシャンズ国際サポートセンター

日本外国語専門学校 ACOSTA 海外留学情報センター

(近畿日本ツーリストグループ)

掲載ページ

教育旅行

beo(ビーイーオー)

ワーキングホリデー

サマースクール

大学院留学

大学留学

 留学サポート団体

TAFE・専門学校留学

英語学校留学

小・中・高校留学

       留学プログラムの種類

98 ページ

99 ページ

100 ページ

102 ページ

103 ページ

104 ページ

105 ページ

106 ページ

107 ページ

108 ページ

109 ページ

110 ページ

※留学サポート団体の説明については 19 ページ参照。

上記の団体の資料は、 本誌とじ込みのはがきや「オーストラリア留学ガイド」ウェブサイトで、 無料で一括請求することができます。

オーストラリア留学ガイド

検索

9 7


101


102


▶提携校への出願・入学手続きが無料 ▶学校発行の請求書を提示 ➡ 上乗せなし ▶銀行の外国送金レートを使用 ➡ 社内レートなし ▶学生ビザ申請サポートも手続き手数料は無料 ▶滞在先の手配(学校指定による) ▶空港出迎えの手配(学校指定による) ▶出発前の無料英語レッスン ▶海外留学保険のご案内 ▶留学中もメールやスカイプで相談

▪ 語学留学 ▪ 大学・大学院留学 ▪ 職業訓練コース ▪ 一年休学・認定留学 ▪ 高校留学 ▪ ワーキングホリデー ▪ サマープログラム ▪ イングリッシュ・プラス

「留学サイトドットコム」は、海外の語学学校、専門学校、大学、高校等の教育機関と正規に提携しています。学校の代わりに、コース内容や

学費の説明をしたり、学校への申込みや滞在先の手配などを確実に行い、留学希望者がスムーズに留学ができるようお手伝いしています。こ のため、提携している海外の教育機関から、運営費用をいただいております。

留学サイトドットコムでは、お客様が高額な手続き手数料を支払うのではなく、その分を学費など、留学を成功させるために使ってもらい、 充実した留学生活をおくってもらいたいという思いから、経営努力により提携校からいただく運営費用のみで運営を行っています。 お客様の負担をなくして、無料での手続きを実現することで、留学する人を応援する、それが「留学サイトドットコム」です。

(注)提携校へのお申し込みは、基本的に手数料無料となります。ただし、提携校でも申込期間が 6 週間以内の場合、あるいは提携校以外の学 校への申込の場合、手続き手数料がかかります。詳しくは、当社サイトの料金とサービス内容をご確認ください。

加盟団体:J-CROSS(留学サービス審査機構)、NPO 留学協会

103


オーストラリア専門の現地留学エージェント

シーエデュケーション留学センター 信頼と実績を積み重ね、

20周年を迎えました

現地エージェントだから 学校紹介、入学手続きと 下記のサポートがすべて無料! オーストラリア長期在住の日本人留学コンサルタントが常勤

★ 到着後のオリエンテーション      ★ ホームステイの手配サポート  ★ 銀行口座の開設サポート ★ 携帯電話、 Wifiモデム購入・レンタル案内 ★ 郵便物の受け取りサービス   ★ 緊急時の安心ホットラインサービス ★ 英文履歴書の作成代行サービス     ★ シェアハウス探しのアドバイス ★ 荷物の一時預かりサービス ★ 英文翻訳の手配サポート        ★ 学校への質問窓口       ★ タックスファイルナンバーの申請代行サービス

オーストラリアへの留学・ワーキングホリデーでの学校探しを始めたら、 まずはメールや LINE でメッセージ! 資料やネットでの情報よりも具体的で正確な生の情報を効率的にゲットできます。 留学ガイドブック 限定キャンペーン

オーストラリア現地で使える 100 ドルのギフトカードまたは 8000 円分の Amazon ギフトカードをプレゼント! お友達をご紹介された方へ、1500 円分の Amazon ギフトカードをプレゼント! ※入学お申し込み期間などを含めた各種条件につきましては、下記までお問い合わせください。

オーストラリアの留学はオーストラリアの現地留学エージェント、 シーエデュケーションにおまかせください

利用者の声

シーエデュケーションのコンサルタントはオーストラリアの教育制度や地元情報に精通した オーストラリア人と、 日本への帰国後のキャリアアップに詳しい日本人のダブル体制です。

あなたはどのタイプ? プロのカウンセリングを受けてあなただけの留学プランをクリエイトしましょう 大学・大学院留学 羽ばたけ世界へ!

英語圏で通用する本格的なスキルをめざそう !

海外への進学、自分への挑戦!

少人数クラスで英会話重視の語学学校

ビジネス・経済・看護・教育・デザインなど様々な専攻

外資系企業で働きたい!ビジネス英語コース

付属・提携語学学校からの進学システム

英語力をスコアで証明 IELTS・TOEFL受験対策コース

専門学校から大学2回生へ編入するパスウェイ入学

できる人材になる! 資格取得コース

手に職を目指す キャリアアップ

世界で通用するスキル・資格で活躍したい!

世界で通用する人材をめざそう!実用的な資格取得

スキルも学位も一石二鳥のビジネス・ディプロマコース

メディア・IT・ウェブデザイナーコース

夢は起業! マーケティング・マネジメントコース

準看護師・介護士・保育士資格コース

観光大国で学ぶホスピタリティー・ツーリズムコース

ビューティシャン・スパセラピストコース

旬の情報いろいろ発信中!

ゴールドコースト発! 現地情報を毎日更新中 シー留学センター

検 索

facebook.com/seaeducationjp ameblo.jp/sea-goldcoast

@seaeducationjp

学校情報・お得情報・イベント情報・現地の食材で作る簡単レシピなど 留学生活を応援する内容が盛りだくさん!

しょう

ワーホリで渡豪し、永住権 を取得、地元のレストラン でヘッドシェフとして勤務

学校選びのポイントは留学の目的や状況、予算によって様々です。ひとりひとりの希望に合わせたオーダーメイドの留学アドバイスを行っています。

しっかり勉強して英語上達を目指すあなたに

ぬまた

沼田 将 さん

20 代後半になり「英語を学びながら 大好きなサーフィンがしたい!」と、 ワーキングホリデーで渡豪。勢いだけ ではうまくいかず、友人の紹介でシー エデュケーションに相談に行きまし た。カウンセリングの結果、紹介され た語学学校は私にぴったりでした。そ の後、オーストラリア留学を将来に活 かすためにカウンセリングを重ね、 シェフの資格を取得できる学校へ入 学。現在はオーストラリアのレストラ ンでヘッドシェフとして働き、ついに は永住権まで取得しました。人生の分 かれ道にシーエデュケーションに相談 できて、幸運でした。

お問い合わせはお気軽に

「トーク」で気軽にご相談

goldcoast@seaeducation.com.au

050 5275 7054(国内通話)

お問合せ : 午前10時~午後4時 (日本時間) 受付時間

電話番号:【日本】050-5275-7054 【現地】+61 7 5504 6012 所 在 地: Shop20a RSL Centre, 9 Beach Road Surfers Paradise, QLD 4217, Australia

www.seaeducation.com.au

105


■ 東京本社  03-6304-5101 ■ 大阪支店  06-6311-6003 ■ 名古屋支店 052-452-8880 ■ 福岡支店  092-715-0456 ■ 仙台支店  022-722-1722 ■ 横浜支店  045-313-1911

24 時間

万全な留学に するために

アシスタンス サービス

出発前オリエン テーション

安心の日本語

無料 英語講座 が受けられる

“ Z 会グループの ISS だからできる”

専任カウンセラーがマンツーマンで無料カウンセリングを行っています。 お電話・メールにてご予約ください。

語学研修/インターンシップ/中学・高校・大学・大学院留学/ワーキングホリデー

5 つのフルサポート

実績と信頼

❶ 海外 24 時間日本語アシスタンスサービス

■(社)日本旅行業協会(JATA)正会員

❷ 出発前オリエンテーション

■(社)日本旅行業協会(JATA)ボンド保証会員

❸ 海外専用携帯電話無料貸し出し

■ 留学・語学研修等協議会(JATA・CIEL)会員

❹ 往復送迎(または出迎え)サービス

■(社)JAOS海外留学協議会

❺ 往復航空運賃込みの料金

■(社)J-CROSS留学サービス審査機構認証留学事業者

充実のコース ■ 語学研修(短期/長期) ■ ワーキングホリデー ■ 春/夏ジュニアコース ■ 親子留学 ■ 先生の家でマンツーマン ■ 日本語教師アシスタント

■ 中学・高校・大学・大学院留学 ■ インターンシップ(無給) ■ シニアコース ■ ボランティア留学

〒160-0023 東京都新宿区西新宿 1-24-1 エステック情報ビル B2F TEL:03-6304-5101(代)  Free Dial:0120-981-588  info@iss-ryugaku.co.jp

106

ISS オリジナル 「留学ライフ」 は全国書店にて 発売!

団体留学(企業・学校など)も扱っています

観光庁長官登録旅行業1148号

www.iss-ryugakulife.com


オーストラリアのワーキングホリデー 長期留学・短期留学は、サポート無料 の     がお手伝いします。

安心の実績! 充実のネットワーク 経験豊かなスタッフ! お客様に合わせたプラン! おトクに学校に申込みが可能!

AIC は 17 年以上の経験を持つ オーストラリア専門の 無料エージェントです。

おかげさまで 17 周年! プロに任せて安心! 年間 600 名様をサポート! AIC で渡航したお客様が今年でのべ 1 万人を超えました! 日本 4 支店、オーストラリア 6 支店に 直営店を持つ無料エージェントは AIC だけ! AIC スタッフは、 全員オーストラリア生活経験者です! 現地スタッフは全員日本人女性 お客様の希望に添って、 自分だけのオリジナル留学がつくれます! 自分で直接学校に申込むのと 最低でも同料金! または安い!

資料・個人カウンセリング無料 語学学校手配料、日本出発前サポート&現地到着後サポート→無料 ビザ申請、海外送金、語学学校、ホームステイ・学生ロッジ、航空券、送迎、海外留学保険→全部 AIC で手配可能です! この留学ガイドブックを通して AIC へお申込みいただいた場合は、海外送金手数料が無料です!

www.aicjapan.jp facebook.com/AIC-853166528028872/

107


手続き費用無料

学校の語学研修・留学をサポート ◎オーシャンズは関東近県約 30 校の語学研修・  留学プログラムをサポートしております。 ◎留学経験があり、経験豊富な スタッフが、短 期 研 修 か ら 1 年 間 留 学 の 企 画、提 案、 サポートを行っております。

高校・大学正規留学~インターンシップ

中野サンプラザ 9F


近畿日本ツーリストの海外ネットワークで、海外語学研修&留学をサポート 無料カウンセリング予約・ 各種資料のご請求は

www.utd.co.jp/acosta アコスタ 留学

丁寧なカウンセリングときめ細かいケア。 何でもご相談いただけるアコスタです。 語学研修 16歳からご参加いただける1週間~1年 以上の語学研修。ご希望、目的に合わ せて学校、滞在先をご案内します

春・夏休み 中・高校生の語学研修 世界各国から集まる生徒と一緒に、英 語レッスン&ホームステイ/寮滞在

ACOSTA の特長 1「近畿日本ツーリスト」 グループ 2 20年以上の実績と経験

プチ体験&語学レッスン 自分の趣味やお稽古、観光を楽しみな がらホームステイ+ 語学レッスン

3 観光庁長官旅行業登録 の旅行会社

高校留学 短期~1年以上の長期留学。オースト ラリアのカリキュラムのもとで、一般 教科を学習してオーストラリア文化に 浸ります

教師宅ホームステイプログラム 英語の先生のお家に滞在しながらプラ イベートレッスンを受けられます

4 留学サービス 審査機構 (J-CROSS)認定 JAOS海外留学協議会正会員   留学・語学研修等協議会 (CIEL正会員) 5 留学経験豊富な ACOSTAカウンセラー

パンフレットラインナップ 資料請求受付中(無料)

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-6 紀尾井町パークビル2階 JR 中央線・総武線「四ツ谷駅」徒歩8分 東京メトロ 有楽町線「麹町駅」徒歩3分

大阪

東京

Tel:03-5214-0611

名古屋

ACOSTA海外留学情報センター

Tel:052-561-7971

〒450-0003 名古屋市中村区名駅南1-27-2 日本生命笹島ビル16階 JR 「名古屋駅(桜通口)」徒歩7分

Tel:06-6630-6725

〒556-0017 大阪府大阪市浪速区湊町1-4-38 近鉄新難波ビル5F 地下鉄「なんば駅」から徒歩5~10分、JR「難波駅」から徒歩2分

Eメール:acosta-ut@gp.knt.co.jp 観光庁長官登録旅行業第 300 号 留学・語学研修等協議会(CIEL)正規会員、一般社団法人 海外留学協議会(JAOS)会員、J-CROSS(一般社団法人留学サービス審査機構)認証


8 8

ホテルの部屋を 水浸しにして しまった

パスポートを 盗まれた

J16A0322(201608)


オーストラリア政府奨学金

エンデバー 奨 学 金 研究者や大学院生、社会人のみなさん、 スキルアップやネットワークを広げる機会をお探しですか? オーストラリア政府は優秀な研究者、学生、社会人に奨学金を提供しています。

エンデバー奨学金は、オーストラリア政府が提供する オーストラリアでの学習や研究、専門能力開発、職業訓練を支援する返済不要の奨学金です。 2017年度募集予定奨学金

▪エンデバーエグゼクティブフェローシップ ▪エンデバー大学院奨学金

返済不要 専攻分野不問

▪エンデバー研究フェローシップ ▪エンデバー専門技術奨学金

詳細・応募はウェブサイトへ

エンデバー奨学金

検索


Australiaryugakuguidebook2017  

オーストラリア大使館協力の「オーストラリア留学ガイドブック2017」では、オーストラリア留学のすべてが入手できます