Page 1

魚の郷を楽しむ~ レジャー農業の旅 金湖レジャー農業区

http://www. yoyo164.com.tw

スポンサー省庁 / 行政院農業委員会 指導省庁 / 雲林県政府 発行者 / 口湖郷公所 執行担当 / 口湖郷金湖休閒農業発展協会 お問合せ / 金湖レジャー農業区ツーリストセンター 電話番号 / ( + 8865)7895475 ファックス / ( + 8865)7893953 Email / dodo236678@yahoo.com.tw 雲林縣政府 廣告 行政院農業委員會補助辦理


郷長のご挨拶 雲林県の南西海岸線にある口湖郷は僻地地域と指定され、たびたび風害・水害が起きている。にもかかわらず、住民は土 壌塩化と気候の悪条件に負けずに産業発展に取り組み、ハマグリ、鯔、台湾原生種のマングローブシジミ(馬蹄蛤)、タ マカイ、白えびなどの水産物の養殖および塩分含有の土壌を生かしたトマトの栽培で口湖郷の「特色農産物」を展開して いる。2006 年に、農業委員会の指導の下、農業・漁業を平行に発展させる 517 ヘクタールのレジャー農業区が設立された。 このレジャー農業区では周辺で展開する台湾鯛の加工工場、SPA ハマグリ育肥センター、米粉の製造工場、からすみの加 工工場、マングローブ蜆の生態区、「好蝦冏男社」えび養殖会社、遊水地、成龍湿地、海辺レジャー園区および民宿施設 などの産業および自然生態を結び合わせ、多様的な農村・漁村の産業エリアを営み、観光客に静謐な環境を提供している。  今後、口湖郷役所も僻地のイメージを逆転しつづけ、資源の統合と人材の育成に尽力し、政府の政策に合わせて口湖の 人たちの粘り強い生命力をお見せする。 口湖郷長


宗教

金湖万善爺廟 住所:雲林県口湖郷港東村台 17 線道路のほとりにある 電話番号:(+ 8865)7971320  牽水状法会文化祭の実施期間:旧正月の 6 月 7 日~ 8 日

金湖万善爺廟は道路台 17 線の東側にあり、毎年旧正月の

6 月 8 日に催す牽水状法会は注目を呼び、口湖郷など海岸線においての重要民俗イベントの 一つである。該当イベントは文化建設委員会に文化資産と指定され、2010 年に「重要民俗 及び文物」の認定書が与えられた。


ツーリストセンター 廃棄された養殖池の小屋を利用したツーリストセン

ターは祥益米粉工場の前方にある。小型農業の耕作

地と食育・農育のため場所は 2 ヘクタール近くあり、 ツーリストのレジャーの場としても活用されていな

がら、中高齢の失業者の雇用を増やすための労働部 培力就職プロジェクトの教育の場所もある。ツーリ ストセンターにおいては観光のアドバイスや、研修

旅行、レストランと観光ルートの案内、地元のこと の解説を提供するとともに農産物なども販売してい る。団体見学のご予約を大歓迎!

住所 : 雲林県口湖郷崇文路二段 402 巷 50-1 号 電話番号 : ( + 8865)7895475 ファックス : ( + 8865)7893953 Email:susun.104@yahoo.com.tw


園区内 の企業

健康低塩からすみを作る

【永林水産】

台湾のからすみ業界を牛耳る創業者の李永林氏は鯔の養殖を中心に事業展開し、政 府が推進する生産履歴管理を導入している。いまは「優良養殖場」と国立海洋大学 の「水産物生産履歴」の認証を受けている。近年健康促進のための低塩製品の風潮 が高まる中、永林水産社も「健康低塩からすみ」を発売し、台湾国内と日本の消費 者から好評を受けている。

電話番号:( + 8865)7971521 ファックス: ( + 8865)7971696 携帯電話:( + 8865)910-595712 李永林 住所:雲林県口湖郷港東村北興街 399 号


園区内 の企業

1994 年 全 国 十 大 傑 出農家の女性 【神農獎】を受賞

祥益米粉

林明興氏と奥様李秋霞氏が 1982 年に 創業した祥益米粉社は一流の製造技術

と厳しい品質管理で知られ、製品も日 本へ輸出している。口湖郷農業組合の 米生産班の指導の下、李秋霞氏が新製

品の開発に努め、1994 年に全国十大 傑出農家の女性「神農獎」を受賞し た。祥益米粉の製品は優良食品賞を受 賞したうえ、今は消費者のニーズを満 足するため、食べやすい調和米パウダ ーを開発している。

住 所: 雲 林 県 口 湖 郷 口 湖 村 崇 文 路 二 段 402 巷 50 号 携帯電話:( + 8865)933-174633 李秋霞


歴史ある味を伝承~伝統味のからすみ

【海中宝食品会社】

立派な会社ビルを持つ海中宝食品会社はからすみ加工業界の要であり、経営者林靖玟氏が 30 年を越えた

歴史ある伝統的な加工技術を用いてからすみの加工を行っている。看板製品「伝統からすみ」 は 2007 年

園区内 の企業

に雲林県ベストお土産にも選ばれた。

工場見学と小・中学生を対象にした研修コースを企画し、レジャーと産業の一体化の推進に取り組んでい る。工場では生産過程を見学するほか、58 度の金門高粱酒で焼いた香ばしいからすみと大根、ニンニク、

りんご、なしなどとコンピしたいろいろな味わいを体験することもできる。製造がほとんど午前中に行わ れている。ご見学は事前にご予約をください。

住 所: 雲 林 県 口 湖 郷 口 湖 村 崇 文 路 二 段 402 巷 50 号 携 帯 電 話:( + 886 5) 933-174633 李 秋霞

住所:雲林県口湖郷崇文路二段 478 号 電話番号:( + 8865)7894755 ファックス: ( + 8865)7895088 e-mail:mark2000000.tw@yahoo.com.tw


園区内 の企業

2007 年十大経典神農獎を受賞

マングローブ蜆養殖区・テーマ館 青い屋根と鮮やかな色をする馬蹄蛤(マングローブシジミの俗名)テーマ館は金湖の海 辺の養殖エリアにある。 馬蹄蛤養殖区が台湾の原生種のマングローブシジミを中心に養

殖を行う。レジャー観光を推進するため、行政側の協力のもと、 2005 年にテーマ館を作

った。館内では蜆の貝を活用して動物造形などの工作を体験することができる。また、 テーマ館においては研修旅行の小・中学生や観光客など工芸品の DIY コースを提供する

ほか、屋外活動、漁村料理、貝の工作、シジミ取りなどの体験コースも提供する。館内 の売店では生きるマングローブシジミやシジミエッセンスなども販売している。

事前の予約が必須。ご予約は電話番号:( + 8865)7970503 また携帯電話番号 ( + 8860918-491386 まで、曾界崇さんにご連絡 ください。 住所:雲林県口湖郷港西村養魚路 5-3 号 ( 龍台宮の裏にある )


園区内 の企業

口福烏魚子社~黃金御之卵 「鯔おじさん」と呼ばれる曾煥佾氏は最高のからすみを作るため、20 年以上の時間をかけてからすみの加工

技術を研究してきた。慎重な加工工程と十分な日当り、自然の季節風の乾燥の結果、濃厚な味がする「口福 からすみ」を作り上げた。またからすみ愛好者を喜ばせる「砕けたからすみ」や「からすみ醤」などの新製

品も開発した。養殖の精緻化を前向きに取組む結果、曾氏が養殖する鯔、白えび、ハタ、からすみなどの水 産物が国立台湾海洋大学の「「水産物生産履歴」の認証を受け、消費者の好評を受けている。

住所 : 雲林県口湖郷港東村慈愛路 5 号 電話番号:( + 8865)7905971 携帯番号:( + 886)932-588841


水産物のニュースター タマカイを養殖!

明湖海産

経営者の陳明宏氏が会社経営の苦境を脱した後、陸上の養殖を全心全力に投入し、今約

園区内 の企業

3ヘクタールの養殖池で高級なタマカイを中心に事業展開をし、販売通路が台湾全国に

広がっている。BBQ や魚焼き、魚料理などを楽しむ場所である明湖海産は口湖郷から金 湖方向への 164 線道路の辺にある。団体客の場合は事前のご予約をお願いします。

住所:雲林県口湖郷中正路二段 501 之 5 号 電話番号:( + 8865) 789-1390 陳明宏


園区内 の企業

愛知味社のからすみ 愛知味食品会社は自社生産のからすみの販売を中心にビジネスを展開している。社長の曾鴻胤が長 年にわたってうなぎと鯔の養殖をし、1980 年代からからすみの加工技術に研究を始めた。複雑な

加工過程を経て、さらにたっぷりの日差しと季節風を生かして乾燥したからすみはいい歯ごたえを している。低塩作りで、高い評価を受け、お正月の人気商品である。毎年のお正月の「年貨大街」 のマーケットではすばらしい売り上げを見せている。 住所 : 雲林県口湖郷港東村民主路 66 号 1 階 携帯電話:( + 886)937-435806


園区内 の企業 吉財製麺場ーササゲの麺 口湖地域が 70、80 年代に 5 ~ 6 社に及ぶ製麺工場があったが、今は 吉財製麺場 1 社しか生き残っていない。「野鹿ブランド」の商標は家 族の団結と誠実に経営に臨む態度により、今でもマーケットに流通し

ている。朝早く、経営者の指揮のもと、一家族全員が製麺、麺の乾燥 などの製造工程を展開し、最高品質のうどん、陽春麺、白麺線、ササ ゲ麺をお客さんに提供している。小さいな工場だけど、ふるさと古来 の味を守り、懐かしい味を消費者に捧げる。

吉財製麺場-経営者 陳中和 携帯電話:( + 886)932-693921 電話番号:( + 8865)789-2121、789-1952 住所:雲林県口湖郷口湖村中正路 1 段 360 号


陳玄茂農村文物館 住所 : 雲林県口湖郷港東村民主路 1-6 号 携帯電話:( + 886)937-265628

農村文物館は陳玄茂先生が小さい頃の農村風景を再現するため、所有する絵画教室の空間を改造し、長年かけて 集めてきた農村の文物を展示している。館外では漂流木とハマグリの貝で漁村の家を再現し、懐かしい風情を見 せる。また、木の電柱と牡蠣の貝で作られた展示物が季節風のなかで立った音も漁村の趣きをいっそう濃くし

た。養殖池の横にある牡蠣の貝で飾った水牛の造作物がご主人を待っている様子を描いている。これらの展示は すべて陳玄茂先生の手で制作したもので、芸術創作は先生の夢を実現したとともに、皆の幼いときの記憶を呼び 戻させた。


漁ママ家政班【新海園海産店】 住所:雲林県口湖郷金湖村中正路 75 巷 3 号 電話番号:( + 8865)797-0251、797-1755 営業時間:11:00 ~ 21:00

新海園海産店は雲林県区漁會が助成するママ家政班が経営を担当するレストランであり、シェフの謝淑枝氏のリ

ードのもとおいしい料理を提供している。厳選した食材を使い、旬の海鮮や地元のお料理などが大人気。看板料

理の「 龍鬚菜 (隼人瓜の若葉)」や新鮮な牡蠣を使った「蚵仔麵線」はご当地のグルメ。ご注文に迷えば、店 内料理のベテランのお母さんたちに聞けば、必ず一番新鮮な旬の海鮮や野菜を楽しむことができるだろう。

グルメ


天然 資源 【臨海園】 海辺レジャー園区ー 場所 : 雲林県口湖郷金湖港西村の堤防の畔 電話番号:( + 8865)7892001-3( 口湖郷役所 )

海辺レジャー園区「臨海園」は金湖漁港のほとりにあり、約

21 ヘクタールに及ぶ公園には眺め台、水上歩道、マングロー ブの森と豊かな緑がある。中にも平たい自転車道路が生態環 境や綺麗な景色をつなげている。緩やかな大陸棚と広い潮間

帯、海辺の水路、養殖池、牡蠣の養殖棚、堤防、漁港ならび に漁村などが美景を形成した。この園区はレジャー機能のほ

かに、トビハゼ、シオマネキ蟹、マングローブなどの生物を 保護する目的も持ち、生物多様性を維持する重要な役割を果 たしている。


成龍湿地 豊かな生態資源を持つ成龍湿地にはアカモズ、コアジサシなど保育類の鳥や 30 科の 100 種類近くの鳥が生息し、 シロサギが群れになって飛ぶのも日常の風景である。運がよければ、オシドリやミカモが湿地で水を遊ぶ様子

も見られる。日が暮れるとき、夕日と空を飛ぶカモメがすばらしい美景を構成し、冬のときも渡り鳥のクロツ ラヘラサギが湿地で活動する様子を拝見できる。魚、えび、貝が生きる湿地なので、たくさんの鳥を引寄せて いる。この湿地も国際環境芸術祭の催行場所である。 場所:口湖郷台十七線道路成龍段にある。

湿地の 生態環境


湖口湿地 河口にある湖口湿地は豊富な海洋資源を持っている。周辺の住民は養殖や漁に頼って生活しているゆえ、湿地の近辺には養殖池が数多 くある。このあたりに留まる牡蠣養殖用の筏や、釣竿や手網で魚を取る人はここの日常景色の一部である。湿地の敷地内にも口湖郷自 転車ネットワークを構成する自転車道があり、台湾糖業農場の産業道路に繋ぐ。ここは自転車や歩行でシロサギや海鳥を眺めながら、 自然の草原と湿地を楽しめる場所である。より広いレジャーの場を作るため、将来は隣の遊水池景観区と結び、雲林・嘉義・台南浜海 国家風景区と連結することも予定されている。

宜梧農場内に位置する宜梧遊水地は尖山大排という排水路を境に南池と北池に分ける。面積が 100 ヘクタールにのぼる敷地内は深さ 2.5 m、容量 250 万立米の水を収めることができる。広い遊水地は洪水の発生を防ぐほか、台湾の西海岸に分布する複数の湿地を繋げて

いる。遊水地の北側にある成龍湿地、湖口湿地と南側の鰲鼓湿地、朴子渓の河口にある湿地、好美寮自然保護区などが宜梧遊水地によ って結び合わせ、多様な生態を見せるコリドールとなっている。

場所:雲林県口湖郷湖口村 ( 中央放送局の前 ) ( 自転車道は台十七線道路の「成龍二橋」から入る )

湿地の 生態環境


養殖を主要産業にしている口湖エリアにはハマグリの養殖業 者が一番多い。黒めのハマグリが市場で人気が低いゆえ、卸 売り屋はよく薬でハマグリの色を薄くし、市販していた。安 全・安心な食品を提供するため、曾明村氏はハマグリが自然 で綺麗な発色させる流動水養殖法を開発し、「 活水 SPA」養

殖法と呼ばれた。「ハマグリ育肥センター」は箔子寮漁港の 近くにあり、連ねる養殖池と水車が飛ばした水、そして空を 飛ぶ海鳥、オシドリが絵のような田舎の景色を構成し、気分 転換の優れたレジャーの地でもある。

園区の周辺 に展開 する産業

活水 SPA 【ハマグリ育肥センター】 住所:雲林県口湖郷下崙村福安路 165 巷 8 号 電話番号:( + 8865)7991523 携帯電話:( + 886)932694739


園区の周辺 に展開 する産業

2009 年神農獎受賞

国宝魚─台湾鯛

雲林県口湖漁類生産合作社と養殖業者と契約生産方式で養殖する最高級の吳郭魚は国家の精緻魚産品「海宴」

および HACCP の二つの認証を受け、加工・包装した商品は「台湾鯛」で国内・海外で認識度が高い。輸出す るほか、台湾国内の高級料理屋や火鍋屋などの店でもおいしい台湾鯛を楽しむことができる。近年バイオテク ノロジーを活用した台湾鯛うろこなどで作ったコラーゲンのサプリメントや化粧品は好評を広げ、従来型の産

業に新しい道を切り開いた。王益豊社長も 2009 年に、十大神農賞を受賞した。今、台湾鯛の特色料理や魚類 生態解説などのサービスを提供する台湾鯛生態創意園区を立ち上げ、見学の予約を受けている。

住所 : 雲林県口湖郷崙東村民主路 1-80 号 電話番号:( + 8865)7992662


水哥教育果園 ~ バラトマト ニックネーム「水哥」と呼ばれる許清水氏は 2000 年に、都市から故郷へ戻り、農業を始めた。品種改

良に尽くした水哥さんは 2005 年に接ぎ木技術を利用して、色がまるでバラのように鮮やかで、味が甘 い新品種のトマト「バラトマト」を成功に作った。塩化が深刻になっている海岸線にあるバラトマト農 園は塩を含んだ土地だからこそ作られる独特な味をするトマトを栽培し、塩分を含有する土地で作るト マトも一気に人気が高まり、地元の農家に新しい契機を作り出した。 場所 : 雲林県口湖郷水井村奉天宮の裏にある 携帯電話:( + 886)972-353336 許清水

園区の周辺 に展開 する産業


好蝦冏男社 地方経済を振興させるため、8 人の 30 十代の男性が故郷にもどり、「 好蝦冏男社」というえびの

養殖会社を立ち上げた。この社名には「おいしいえびの育成」と「創造的なやり方で」という 2 重 の期待を含んでいる。自然な環境で健康な魚とえびを育てるため、地下水を利用せず、薬を投与せ

ずということを代表者の阿正さんが強く出張している。えび養殖について専門家解説付きの見学も 一般公開にしている。

住所:雲林県口湖郷梧南村東興路 1 号 携帯電話:( + 886)922-732776 李富正

園区の周辺 に展開 する産業


交 通 ・ ア ク セ ス 北部からの方:

土庫快速道路インターチェンジを降りて、 145 線道路を元長・北港経由して 164 県道 に入り、水林を経由して口湖 164 番道路の 終点に行けば当園区に到着します。

78 東西向快速道路を台西インターチェン ジで降りて、61 西濱快速道路に入り、台

17 線道路・金湖・164 県道を経由して口湖

164 番道路の終点に行けば当園区に到着し ます。

南部からの方:

嘉義インターチェンジを降りて、新港・

164 県道の水林を過ぎ、口湖 164 番道路の 終点に行けば当園区に到着します。

塩水インターチェンジを降りて義竹方向へ 進め、布袋を経由して 61 西濱快速道路に

入り、そして金湖インターチェンジで降り て、台 17 線道路の最初の信号において左 折し、164 番道路の終点に行けば当園区に 到着します。


新海園餐廳 ( + 8865)7970251

明湖海産店 ( + 8865)7891390

通海海産店 ( + 8865)7971016

阿源海産店 ( + 8865)7972732

阿利海産店 ( + 8865)7992507

二頭海産餐廳 ( + 8865)7722448

食事・宿泊情報

海鮮料理:

民宿 :

瀛稼民宿 ( + 886)928-726178 李茵芝 好蝦民宿 ( + 886)922-732776 李富正 鄉海民宿 ( + 886)935-408181 王駿騰

人数が多い場合、お寺の下崙福安宮の香客大 楼(信者ビル)または近くの町のホテルに泊 まることができます。

圖文提供 : 蔡云姍,蘇俊傑

Profile for 羅正

金湖休閒農業區電子導覽日文版  

金湖休閒農業區電子導覽日文版  

Profile for 351694
Advertisement